買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2012年02月14日

健康セミナー

昨夜は所属する横浜南法人会主催の健康セミナー「医療格差とセカンドオピニオン」に夫婦で行ってきました。


講演の医療格差の話のなかで大変興味あるデータが示されました。県別の10万人あたりのガンによる死亡者数で長野県がダントツに低く他の県の数十分の1でした。またガン専門医の数も他の県の十分の1くらいでした。


なぜ長野県だけ抜群に成績がよいのか質問したら、確かなことは分かりませんが、鎌田實医師が提唱するピンピンコロリの思想が普及していることも考えられるとのことでした。
ここに医療問題の解決のヒントがあるように感じました。


講演の中で小泉首相時代には医療費の抑制が試みられ大変不評だったとの話も出ました。
当時医療費の抑制が出されたときに「医療費を削るとはなにごとだ!」とマスコミが大騒ぎししたのを私も憶えています。


しかし今回の長野県の例は他県に較べて専門医不足でも十分成果を上げられることを如実に示しています。アメリカの例ではある病院が「トヨタ方式」を取り入れ大きな成果が出たことがインターネットに載っていたのを憶えています。医療の質を落とさず医療費を抑制することは工夫次第です。


こういうことを参考に改善努力をせず「医師不足だから医師の数を増やします。医療費が年々増大しているので消費税を上げます。」という今の政権の進め方に大きな疑問を持ちます。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。