買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2012年03月14日

日本化粧品技術者会セミナーから その3 微生物汚染対策

 2月29日の日記に書いたように所属する日本化粧品技術者会第39回SCCJセミナー【お客様品質を目指して−品質保証に必要な技術・知見を学ぶ−】に行ってきました。


講演B「化粧品開発における微生物汚染対策(1)−使用方法からみた汚染対策−」
潟Rーセー基礎研究室 微生物研究グループ 畑毅氏

要旨:化粧品の品質設計において、微生物汚染を防止することは非常に重要でありこの設計を誤ると消費者の健康被害にも及ぶ事故を招きかねない。しかしながら多種多様な剤形・容器を有する化粧品においては汚染防止対策も画一的ではなく、製品毎にその特徴と使用方法を考慮した対応が必要となる。本講演では品質設計の際に考慮すべき微生物について述べるとともに、商品が消費者に渡ってから生ずる二次汚染の防止に向け、容器や使用方法なども含めた総合的な考え方について述べる。


要旨は上記の通りですが、私が共感したのは、「微生物汚染対策を防腐剤に頼るだけでなく容器も含めた総合的な考え方」です。


スライドに次のようなものがありました。
防腐力の弱い製品を市場に出すための方策
逆流防止機能のついた容器の使用
容器を小さくし開封後速やかに使い切るようにする
1回使い切り容器の使用


(あんだんて注)強い防腐剤を使用すると製造工程でも使用段階でも安心なのですが、刺激性、アレルギー性が増す傾向になります。あんだんてシャンプーはアトピー性皮膚炎の方を対象に開発したので防腐成分は強いものを採用していません。

しかし、安全上微生物汚染対策は必須なので上記の「防腐力の弱い製品を市場に出すための方策」として「逆流防止機能のついた容器の使用」を採用しています。

発売2年目から「逆流防止機能のついた容器の使用」として1000mlチアパックを上市しました。
一昨年からは「取替えエアレスパウチ」を発売しています。


「容器を小さくし開封後速やかに使い切るようにする」も一つなのですが、環境面で望ましくない(シャンプー当たりのプラスチック量が増す。)ので、あんだんてでは採用しませんでした。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。