買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー
あんだんてで行こう!≫ Andanteアンダンテ)は音楽用語で“歩く速さで”。開発も販売も、自分なりの理想を求めて一歩一歩確実に前進していきたいと思います。このページでは日常あったことを“あんだんて”につづります。

2018年10月11日

プロ野球 横浜ベイスターズ 全日程終了

プロ野球では地元のDeNA 横浜ベイスターズを応援しています。

今年は優勝する意気込みでスタートしたのですが、結局は僅差で4位に終わってしまいました。

昨年活躍した濱口投手、今永投手、ウイーランド投手が故障で出遅れた上に復帰しても十分な成果を残せませんでした。
最近になってようやく勝てるときもあるようになりましたが、とき既に遅しの感じでした。
9月、10月になってようやく勝てる試合もあるようになりましたが、残念ながらクライマックスシリーズに進出する今一歩手前で終わってしまいました。

ラミネス監督の去就が注目されましたが続投が決まりました。
細かいところでは疑問の残る采配もあったように感じていますが、全体としては素晴らしい監督だと私は思います。
今年の反省点を述べているのも好感が持てます。来年こそ期待に答えてもらいたいと思います。


2018年10月10日

あんだんての歩み 35 処方開発 14 主剤選定 その7

9月27日の日記で、主剤の次に加える両性界面活性剤でメーカー推奨のラウラミドプロピルベタインを配合したらモニターさんの評価がいまいちだったと書きました。(ヘアシャンプーとしては洗髪時の指通りが悪いとの印象を持たれた方がおられました。)

そこで川研ファインケミカルが発行している「最新洗浄剤処方集 第3集 1995」を詳しく調べてみました。
この本は508ページにわたる詳しい本で世界中の洗浄剤の処方が収録されています。

この中で主剤にラウロイルメチルアラニンNaを使用しているシャンプーでは組み合わせる両性界面活性剤としてコカミドプロピルベタインを配合している例の方が多いことを見出しました。

そこで、その組み合わせにしたところモニターさんの評価が上々でした。
コカミドプロピルベタインとラウラミドプロピルベタインでは原料となる脂肪酸の炭素数が1つ違うだけなので、なぜこれほど差が出るのかわかりませんが、これが現実でした。

2018年10月08日

クラス会

先週は、横浜・日吉で開催された大学時代のクラス会(慶応義塾大学理工学部応用化学科)に今年も(毎年開いている。)行って来ました。

出席者は在校時の1/3(地方在住の方も考えると1/3というのは結構多い方ではないかと思います。)以下となってしまいましたが、卒業して50年以上経っても続いているのは有難いことです。
研究室単位で毎年幹事が変わるのですが、そのシステムが確立しているおかげでしょう。

ボランティアで社会貢献している方もおられるし、いまだに現役(私もその一人ですが)という例もあります。
中には日本の豆腐規格作り(ドイツなどの方が進んでいるのに日本には規格がない。)に参画しておられるようで多士済々で話題がつきません。

2018年10月04日

あんだんての歩み 35 処方開発 14 主剤選定 その6

9月27日の日記で、主剤の次に加える両性界面活性剤でメーカー推奨のラウラミドプロピルベタインを配合したらモニターさんの評価がいまいちだったと書きました。(洗髪時の指通りに十分満足していただけませんでした。)

そこで川研ファインケミカルが発行している「最新洗浄剤処方集 第3集 1995」を詳しく調べてみました。
この本は508ページにわたる詳しい本で世界中の洗浄剤の処方が収録されています。
この中で主剤にラウロイルメチルアラニンNaを使用しているシャンプーでは両性界面活性剤としてコカミドプロピルベタインを配合している例の方が多いことを見出しました。

このデータを参考にして、その組み合わせにしたところモニターさんの評価が上々でした。
コカミドプロピルベタインとラウラミドプロピルベタインでは原料となる脂肪酸の炭素数が1つ違うだけなので、なぜこれほど差が出るのかわかりませんが、これが現実でした。

実際に試作してモニターさんのご意見を伺うことの重要性を認識しました。

あんだんてシャンプーは低刺激性・低アレルギー性を追求したシャンプーですが、それなりの価格ですのでヘアシャンプーとしてのお客様のご要望を十分に満たしている必要があるとのスタンスで臨みました。

2018年10月03日

アレルギーのメルマガ(10月)より 第13期アレルギー大学 記念講演・研究実践報告

1日に認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんのメルマガ 第142号をいただきました。

第1項は、「第13期アレルギー大学 記念講演・研究実践報告」の紹介です。
最初の部分のみ引用させていただきます。
------------------------------------------------
1、第13期アレルギー大学 記念講演・研究実践報告 
  記念講演の内容が決定!!  受講申込受付中!
-------------------------------------------------
11月25日(日)に開講される第13期アレルギー大学「記念講演・研究実践報告」の記念講演の内容が決定いたしました!!

すでに、ご案内させていただいている通り、「基礎」または「ベーシックプログラム」を修了された皆様は受講していただくことが可能です。
この講座は、最新情報が満載となっており、受講生が継続してスキルアップをはかるためには重要な講座となっております。
また、食物アレルギーマイスターを目指される方は、受講が必須となっておりますので、お早めにお申し込みください。
「記念講演・研究実践報告」ならではの情報が満載となっておりますので、興味がある方は、是非お申し込みください!

【記念講演・研究実践報告(受講番号:13005)】
開催日:11月25日(日)9:30〜16:30
会場:名古屋工業大学 4号館大ホール
記念講演
「食物アレルギー 最近の話題」
講師 宇理須 厚雄
うりすクリニック 名誉院長
(以下省略)

2018年10月01日

ノーベル医学・生理学賞受賞

本日、京都大学の本庶佑特別教授がノーベル医学・生理学賞を受賞したことが発表されました。あめでとうございます。

近年脚光を浴びている免疫療法の基礎技術を開発したことが今回の受賞に繋がりました。


最初に研究発表されたのは1992年のことですから今から26年前のことです。
今では免疫療法として実用化が進んでいますので治療の対象が広がること、およびそれにより薬価が大幅にダウンすることを期待しています。

2018年09月27日

あんだんての歩み 34 処方開発 13 主剤選定 その5

昨日、主剤(その製品の機能を発揮させる上で一番重要な成分)として低刺激性で実績のあるラウロイルメチルアラニンNaを選定したことを書きました。

この陰イオン界面活性剤はきめ細かな泡立ちが特長ですが、泡のボリュームが足りない問題もあります。
こういう時は、一般に両性界面活性剤を第2成分として加えることで改善することが一般に行われています。(専門の増泡成分を加えることが多いのですが、後に説明するような事情で、あんだんてでは採用しませんでした。

主剤であるラウロイルメチルアラニンNaのメーカーである川研ファインケミカルさんの標準処方では、第2成分として両性界面活性剤のラウラミドプロピルを提案していましたので、あんだんてでもその通りとしました。

しかし、使用感でモニターさんの評判がいまいちでした。このことは来週詳しく書きたいと思います。

2018年09月26日

あんだんての歩み 33 処方開発 12 主剤選定 その4

川研ファインケミカルさんの技術資料に、あんだんてシャンプーの主剤に使用しているラウロイルメチルアラニンNaが低刺激性を示す文献が載っていることを先週の9月20日に書きました。

「早川律子ら:皮膚、32、807-816、(1960)」
早速、日本科学技術情報センターから取り寄せました。

題名 皮膚疾患患者における低刺激性HMシャンプー、リンスの
    パッチテスト結果
著者 早川律子 松永佳世子ほか
    (名古屋大学医学部附属病院分院皮膚科)

大塚製薬さんからの委託研究でした。
研究報告ではHMシャンプーはアシルメチルアミノ酸系と書かれていますが、そこに記載された化学構造式から判断すればラウロイルメチルアラニンであることが分かります。

要旨の部分に
「HMシャンプーの皮膚刺激指数は、対象市販4製品(弱酸性シャンプー)および患者が持参したシャンプーの総合皮膚刺激性指数の何れよりも小であった。」と記載されています。

市販4製品にはグルタミン酸系やメチルタウリンなど低刺激性で定評のあるものが含まれているので、それよりもラウロイルメチルアラニンが優れているというのは貴重な情報でした。

これで、あんだんてシャンプーの主剤にラウロイルメチルアラニンNaを使うことを決定しました。
なお、大塚製薬さんは、大人向けのシャンプーの発売は見合わせたようでベビーシャンプーにはラウロイルメチルアラニンNaを使われているようです。

この研究者の一人である松永佳世子先生(現在は藤田衛生保健大学教授)は、あんだんてが賛助会員になっている認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんで何回かお会いしたり講演を聞かせていただきておりますので感慨深いものがあります。

2018年09月24日

大相撲

大相撲9月場所が昨日千秋楽を迎えました。

横綱白鵬関が41回目の優勝を全勝優勝で飾りました。怪我から復帰した場所で全勝優勝を遂げるのは大変なことだと敬服します。

千秋楽の三役揃い踏みでは、久々に横綱・大関だけで組むことができました。
感慨深いものがありました。

話題の横綱稀勢の里関は、なんとか10勝までこぎつけました。危ない取り組みも多かったのですが、執念で残したような取り組みもあり並々ならぬ決意で臨まれたのでしょう。来場所以降の活躍を期待しています。

横綱、大関陣が頑張ったのですが、三賞受賞者がなかったのは残念です。

大関栃ノ心関のカド番脱出はほっとしました。

2018年09月20日

あんだんての歩み 32 処方開発 11 主剤選定 その3

昨日、ラウロイル-N-メチルβ-アラニン塩(今の全成分表示では“ラウロイルメチルアラニンNa”)が川研ファインケミカルさんで商品化されていることが分かったので技術資料を取り寄せました。

「アミノ酸系界面活性剤 -ソイポン・アラノン-」という名の技術資料です。
ラウロイル-N-メチルβ-アラニン塩の商品名は「ALE」です。
技術資料ですから「安全性」「性能(pHと起泡力)」「性能(耐硬水性)」などが載っており、それぞれ魅力的ですが、特に「安全性」に着目しました。
安全性(市販品)
市販低刺激シャンプーとの比較(ヒトパッチテスト)
主たる活性剤成分との比較のグラフで「ALE」が最も低刺激性を示していました。対象:皮膚疾患患者 時間:48時間 濃度:1.0%
物性測定値ではなく人で試験したデータのようでした。
(注)として「早川律子ら:皮膚、32、807-816、(1960)」と記載されていました。

これは願ったり叶ったりの資料だと思い、早速、日本科学技術情報センターに文献依頼を出しました。
サラリーマン時代に研究畑を歩んできたので技術情報収集はお手の物だったことも幸いしました。

2018年09月19日

あんだんての歩み 31 処方開発 10 主剤選定 その2

9月17日の日記で主剤(その製品の最も大きな機能を発揮する成分)として低刺激性で毛髪にもよいアミノ酸系陰イオン界面活性剤を使用することに決めたと書きました。

アミノ酸系でも色々な製品があるので選択する必要があります。
この時期に私も入っている技術士ネットワークの方が著名な技術情報誌の記者もしておられて文献を色々送ってくれました。

その中の一つに
「化学工業時報」平成10年12月15、25日号がありました。
「糖、アミノ酸を原料とする界面活性活性剤
-マイルド・安全性・生分解性のニーズに対応-
という特集記事がありました。

私が開発目標としていた低刺激性、低アレルギー性、環境にやさしいにピッタリの記事でした。
味の素社のアミノ酸系界面活性剤が詳しく紹介された後、「以下のほか、ライオン、川研ファインケミカルから低刺激性洗浄用のラウロイル-N-メチルβ-アラニン塩(今の全成分表示では“ラウロイルメチルアラニンNa”)が商品化されている。」という記載があり着目しました。

川研ファインケミカルさんが技術資料の収集に協力的であったこともあってカタログと技術資料を取り寄せているとこちらの希望を完全に満たしていることが分かりました。
これも人のつながりのおかげでした。

詳しくは、次回に書きたいと思います。

2018年09月17日

あんだんての歩み 30 処方開発 9 主剤選定 その1

あんだんてシャンプーの処方開発については文献調査から始まり8月16日の日記で「試作」の話に触れた時点で中断し→会社設立→ボトルデザインなどの話に移ってしまいました。

今日から「処方開発」の本題に戻ります。
シャンプーの開発で最初にやるべきことは主剤(その製品の機能をもっとも発揮させる成分)の選定です。

シャンプーでは、洗浄成分です。
洗浄成分としては界面活性剤が使用されます。
界面活性剤には3種類ありますが、シャンプーの主剤としては陰イオン界面活性剤が使用されます。
石鹸もその一種です。石鹸と界面活性剤は別物と思っている方もおられますがれっきとした陰イオン界面活性剤です。
ラウレス硫酸系、アミノ酸系、石鹸系などの陰イオン界面活性剤です。
ラウレス硫酸系が圧倒的で一部にアミノ酸系陰イオン界面活性剤が使用されます。

アミノ酸系は低刺激性で髪のまとまりがよいのが特長ですが、価格的に高いのが難点です。
7月16日の日記にアミノ酸系のシャンプーが市場で一定の評価を受けていることを書きました。

あんだんてシャンプーではアレルギーのある方を対象とし環境にもやさしいシャンプーの開発を目的としていたので高くてもアミノ酸系陰イオン界面活性剤を主剤としました。

アミノ酸系陰イオン界面活性剤の中ではグルタミン酸を使用した界面活性剤(成分表示では:ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEA液)が主流で「アミノ酸系といえばグルタミン酸ベース」を指します。
「ミノン」さんが元祖といってもよいでしょう。
しかし、あんだんてシャンプーでは、アミノ酸系でも敢えて別の陰イオン活性剤を採用しました。

このことは明日触れたいと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。