買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー
あんだんてで行こう!≫ Andanteアンダンテ)は音楽用語で“歩く速さで”。開発も販売も、自分なりの理想を求めて一歩一歩確実に前進していきたいと思います。このページでは日常あったことを“あんだんて”につづります。

2017年04月26日

今週は休みます。

今週はお休みします。

21:05 | その他

2017年04月25日

今週は休みます。

今週はお休みします。

20:31 | その他

2017年04月24日

今週は休みます。

今週はお休みします。

20:12 | その他

2017年04月21日

シニア起業 その12 あんだんての例 11 起業化までの経過 10

今までシャンプーの開発の話をしてきて、これからも詳しい開発経過として配合設計などを取り上げて行きますが、「シニア起業」ではそれ以前のことも大切せすので一寸触れてみたいと思います。

私がシャンプーに関わったのは、あるベンチャー起業と出合いそのシャンプーを扱おうと思ったからでした。

その話を友人に話したところ弁護士でもあるその方から次のようにアドバイスされました。
『化学技術の世界しか知らない素人が一般消費者が使うものに個人として手を出してはいかん。どうしてもやるなら会社組織にするべきだ。300万円の資金が惜しいくらいならやるな。』

「もっともだ」と思い、有限会社なるものから勉強を始めました。(続く)


来週はお休みします。

2017年04月19日

シニア起業 その11 あんだんての例 10 起業化までの経過 9

「シニア起業」の続きです。
開発したシャンプーの評価法の1つとして「泡立ち」の想定法を開発したことは書きましたが、この結果にもとずき処方も一部変更しました。

シャンプーの評価としては「使用感」が大切ですのでモニターの協力を得ました。モニターとしては親族はじめ知人にお願いしました。
中でも自分が通っている理容室の女性理容師さんが積極的にアドバイスして下さいました。発売後も利用関係の講習会を紹介していただいたり、お客様(理容室も含む)に勧めていただいたりと大変お世話になりました。

娘のお友達も合うシャンプーがなくて困っていたとのことですが、あんだんてシャンプーがピタリと合って喜ばれました。アトピー性皮膚炎の方に喜んでいただくことを目的として配合設計をしたので低刺激性には自信を持っていたのですが、実際のお客様の声を聞けて安心しました。

孫(女の子)は結構厳しいことを言ってきました。大人のように遠慮がないですから大切な情報ですので処方の一部を変更しました。結果としては大成功でした。

個人で始めた仕事ですので本当に多くの方に支えられて今日まで来ていると実感します。有難いことです。

2017年04月17日

女子卓球 アジア選手権

平野美宇選手が、15日の女子卓球 アジア選手権に優勝するという快挙を成し遂げました。21年ぶりとのことです。

準々決勝では世界ランク1位(平野選手は12位)の中国選手を3-2で破ると準決勝では世界ランク2位の中国選手を3-0で下しました。

さらに決勝では世界ランク5位の中国選手に3-0で勝って優勝を決めました。

中国に滞在して腕を磨いてきたのが功を奏したものでしょう。まだ、16歳ですから今後が楽しみです。

2017年04月14日

シニア起業 その10 あんだんての例 9 起業化までの経過 8

新しい泡立ち想定法を考案した後、その結果を図式化する新しい手法も考えて実施しました。
自分が分かりやすいだけでなく試作に協力してくれている共同研究者にも成果を分かっていただくためです。

このあたりの経過は、3月30日の日記に次のように書いています。

『テクニカルサービスを担当して若い方が仕事の合間を縫って試作に時間を裂いてくれました。貴重な時間をいただいているので、こちらもスケジュール管理法、グラフ化技術、レポート作成法など若い方の育成に役に立ちそうな情報を提供しました。担当者が研究に興味が深い方だったので熱心に取り組みよいアイデアも提供してくれました。』

この会社には、若い方に手伝っていただくお礼に教育係的な役目を果たせるように努めていましたので新しい測定法、作図法などを開発して実例として示そうとしたものです。

2017年04月13日

シニア起業 その9 あんだんての例 8 起業化までの経過 7

評価試験は自社でやったことを昨日書きましたが、泡立ちについては独自の方法を開発しました。

シャンプーを2種類の濃度に薄めます。2種類作るのはそれぞれの特徴を知るためです。

この液を試験管に所定の量を取り所定の回数振った後に泡の高さを測定するとともに泡の性質(きめの細かさなど)を観察して記録を取ります。

この時に基準として決めた他社品も同時に測定して相対比較します。同じように振ったつもりでも人の操作には誤差があるのでその影響をなくします。

この実験手法はサラリーマン時代の後半を過ごした精密化学会社の研究所長時代に覚えたものです。有機ゴム薬品の性能評価は実際のゴム製品を作って比較しますが、試験条件によって微妙に変化しますので必ず相対比較します。(基準とするものをコントロールと呼びます。)

そもそもシャンプーの配合に興味を持ったのは、有機ゴム薬品の性能が配合によって大きく変わる面白さを知っていたからでもあります。

シャンプーのようなサラリーマン時代と全く異なる分野の仕事ではありますが、研究の基礎のところでは共通する部分があり役立っています。



2017年04月12日

シニア起業 その8 あんだんての例 7 起業化までの経過 6

「シニア起業」については半月のブランクがあったのですが、再開します。
今までに自主開発に踏み切った経過と実際の作業について書いてきましたが、その続きです。

3月30日(木)の日記で、ある会社がシャンプーの試作に協力してくれたことを書きました。
しかし、ご担当の方も本業の仕事もあるので極力負担を減らす必要があります。従って評価に関することは、あんだんて独自に行うことにしました。

シャンプーの粘度とpH(弱酸性の程度を示す指標)は目標値を目指して試作するので当然出てきますが、泡立ちは改めて測定する必要があります。

一般的にはシャンプーを薄めてホモミキサーという実験装置で攪拌して泡立ちの程度を数字で示します。正確な数字は出るのですが、使用感との関係を示すには不十分です。そこで、あんだんて独自の測定法を考案しました。
次回、詳しく説明したいと思います。

2017年04月11日

なでしこジャパン

日曜日には、キリンチャレンジカップ2017〜熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本〜 が熊本で行われ日本が3-0でコスタリカに快勝しました。

なでしこジャパンの試合は最近見ていなかったのでメンバーも相当変わっており新鮮でした。

両チームに力の差があった(日本のFIFAランキングは3位、コスタリカは40位)ためか? ボール支配率も高いものでしたし、決めるときも鮮やかに決めるという感じでした。

今までは社会人チームに所属する人がほとんどだったと記憶していますが、今回は大学生が2〜3人いたように思います。

ここ1〜2年低迷していた感じがありますが、これを機会に是非よみがえって欲しいものです。

2017年04月10日

全日本体操選手権

昨日、全日本体操選手権の個人総合が行われ内村航平選手が10連覇を達成しました。

体操競技も好きなスポーツの1つでテレビ放映があれば観ていることが多いです。
内村航平選手が初優勝したころは若いのにすごい選手が出てきたな!と思っているうちに10連覇とは驚きです。
東京オリンピックの時はコーチにでもなっていることでしょう。

一方、白井選手など個別種目のスペシャリストから個人総合を狙える選手に育ってきたのが楽しみです。

2017年04月08日

会社のOB会

今日は、会社のOB会に行って昔の面々と楽しいひと時を過ごしました。

サラリーマン時代の前半は、大手総合化学会社の中央研究所に勤務し後半は、精密化学会社に勤務しました。

中央研究所時代に水処理事業の技術開発に携わり関連エンジニアリングで事業化しました。当時の化学会社はエンジニアリング部門を独立させてエンジニアリングとする例が多かったのですが、社内工事が大半を占めなかなか外部工事を受注することは大変でした。

その中にあって私どもが開発した水処理プラントがよく売れて喜ばれました。そのご縁でこのエンジニアリング会社に席を置いたことはないのですが、OB会には声をかけていただいています。

総合化学会社ですから社内の化学製品の製造技術開発が本職だったので外部会社の水処理技術を開発するとは思いもよりませんでしたが、技術的にも人的交流の面でも幅が広がり貴重な経験をさせてもらいました。

化学工場は勿論のこと「すり身工場」、「みかん缶詰工場」の水処理設備まで手がけました。

なぜ、このようなことになったのか?後日書く機会を設けてみたいと思います。