買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2018年11月19日

あんだんての歩み45 処方開発23 あんだんての設計思想 その5 保湿重視

あんだんてシャンプーの設計思想について順を追って書いています。

第1は、シンプルイズベスト
第2は、弱酸性 
第3は、天然系 
第4は、実績重視 
第5は、保湿重視 です。

使用する製品(原料成分)は実績重視ですが、処方そのものは斬新なものとなりました。

斬新な処方が目的ではありませんが、アレルギーのある方、特にアトピー性皮膚炎の方用に自分なりに理想的な配合をしようとした結果、世の中に同じような例がなかったということです。

主剤に採用したラウロイルメチルアラニンNaは洗顔料の原料としては実績のあるものですが、シャンプーに使う方はほとんどいませんでした。コスト的に成り立たなかったのでしょう。

しかし、あんだんては、医学誌に載ったアトピー性皮膚炎の方への効果を見て採用を決めました。

保湿成分重視も、あんだんて独自の考えです。
10月25日の日記に書いたように一般的はシャンプーの構成成分(10種類)に保湿成分は含まれていません。

しかし、アトピー性皮膚炎について調べて行くと基本的に乾燥肌であることがわかりました。

従って保湿成分を十分に配合することが重要であろうと考えてアミノ酸系天然保湿剤であるベタインをメーカー推奨濃度の最高値で配合しました。
また、生体(動植物)への乾燥耐性の強いトレハロースをメーカー推奨濃度で配合しました。

ここまでやっているシャンプーは世の中にまずないだろうと思います。

採算面からみれば過剰設計なのでしょうが、自分なりの理想を求めて敢えて配合しました。
個人で始めて今日まで広告もほとんどしないで17年間ご愛用いただけているのは有難いことです。