買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2018年10月18日

あんだんての歩み 37 処方開発15 シャンプーの具備すべき条件

処方開発については、主剤の選定からモニタリングまで話が一気に進んでしまいましたが、自分なりのシャンプーを目指すにしてもシャンプーとしての基礎的条件を満たしていなければお客様にご満足いただけません。

そこで、そもそも「シャンプーが具備せべき条件」はどういうものなのか?触れてみたいと思います。

化粧品のバイブルのような「香粧品科学-理論と実際」(田村健夫、廣田 博 共著)では次のように書かれています。
『シャンプー本来の機能は、頭皮、毛髪の汚れやフケを洗浄し、清潔に保つことであるが、そのための具備すべき条件としては、つぎのとおりである。
(1) 過度な脱脂を抑制し、適度の洗浄性を有すること
(2) きめ細かい持続性のある豊かな泡立ちを有すること
(3) すすぎが容易であること
(4) 毛髪に光沢、柔軟性を与えること
(5) 洗髪後の櫛の通りがよいこと
(6) 眼や頭皮に対して刺激がなく、安全性が高いこと』

あんだんてでは、『(6) 眼や頭皮に対して刺激がなく、安全性が高いこと』を最重点課題としたということです。
しかし、(1)〜(5)までの条件を満たしていないとお客様に喜んでいただけない訳で、あんだんてでは、この点にも十分配慮しました。