買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2016年01月21日

会誌「あんだんて」(12月)より その2 子どもの貧困格差について 

NPO法人アレルギーネットワークさんの会誌「あんだんて」 286号の続きです。

2013年4月からNPO法人アレルギーネットワークさんにご協力いただいている先生方が担当される「診察室のメモパッド」というコラムが始まりました。

この号(286号)の「診察室のメモパッド」は、2015年8月31日の日記 会誌「あんだんて」(8月)より その3 子どもの貧困格差について の続きです。

引用させていただくと
『先日から伝えています民医連における子どもの貧困調査について、11月15日に京都でシンポジウムがあり、調査の結果の報告と貧困について話し合われました。調査は、入院患者、分娩新生児、外来患者と3つ調査が行われ、それぞれについて、概要を伝えたいと思います。
まず、入院患者では、収入が分析できた675件が検討され、約19%が貧困世帯で、全国平均16.3%より
高くなっています。貧困世帯の特徴は、一人親世帯、入院回数が多い、喘息が多い、インフルエンザの
ワクチンをしていないなどの特徴が有ります。

新生児期では、742件の検討がなされ、貧困世帯は43%と高く、これは多くの施設で助産制度など貧困対策に力を入れているためと思われます。貧困層の特徴は、若年出産、喫煙、親の貧血、クラミジア感染などが多くありました。
外来調査では、全国54の医療機関でアンケートが回収され、744件が分析されました。貧困群は22%でその特徴は、保護者から見て健康状態が悪い、肥満、学校を休みがち、時間外に受診、インフルエンザワクチン未接種、母子家庭、非正規雇用、母親喫煙などが上げられます。
(以下省略します。)』



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。