買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2011年07月27日

開発日誌(開発経過) その61 価格設定 1

開発経過を一時休んでいたので再開します。

技術開発面は、その48で終了し、その後はマーケティングに移ってネーミング、ラベルデザインなどを取り上げてきました。


今回から「価格設定」とそれにまつわるエピソードについて触れます。


技術開発は、化学と化粧品という分野は違いますが長年研究開発に携わった者としては基本は同じなので問題なく進めました。

また、ラベルデザインは知人の専門家のお願いしたので極めて順調に推移しました。


問題は売価の設定と販売方法です。
基礎となる製造コストの計算はサラリーマン時代に十分やってきたので問題を感じませんでした。


★価格設定の基本的な考え方
アトピーの方用に開発したので、そのことを強く意識しました。
アトピー用だから高くても売れるという人もいますが、そういう考え方はとりませんでした。


“私はアトピーでから高くても買わなければならない。”と思ったらそのこと自体が精神的負担になりよいことは何もありません。


「髪によくて使用感のよいシャンプーで一寸贅沢してみようかな?」と思えるくらいの品質でかつ極力安いことが必須条件であると考えました。
そこで400mlボトルで税込2,415円と設定しました。(もっと安い方がよいのですが、生産量が少ないこと、素材にこだわったことから、これが精一杯でした。)


開発に協力してくれた会社のマーケッテイング関係者からは、「ボランティアに付き合っているヒマはない!」とまで酷評されました。
言っていることは当然のことだとは思いますし、後に採算面で苦労しましたが、本当にアトピーの方に喜んでいただくためには通るべき道だったように思います。


低刺激性と並行してアミノ酸系の特長を活かして髪や使用感のよさを徹底追及したことが幸いして後にアトピーの方以外にも販路が広がり乗り切れました。


こういう進め方ができたのは夫婦中心の会社だからでしょう。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。