買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2011年02月24日

開発日誌(開発経過) その45 容器2 1000mlチアパック

昨夜のNHKためしてガッテンは、その肩コリ 完治可能!でした。
タイトルが大袈裟な割には特定の肩コリにしか効かないのでテーマとして取り上げるのはやめました。


あんだんてシャンプー発売の翌年に「あんだんてシャンプーが美容室向けに理想的なシャンプー」であることを見出していただきました。


美容室向けにお使いいただくためには最低1,000mlサイズが必要です。

色々調査したのですが、なかなか満足の行くものはありませんでした。
夫婦で健康博覧会に行った折に今のチアパックを見出しました。


使用中に水や空気が入らず安心して長く使えることに魅力を感じました。
また、使い終わった後にはペシャンコになって廃棄物が減ることも環境面からプラスでした。
ポンプがついているので使い勝手もよいものです。


しかし生産に至るまでは大変な苦労をしました。


包装資材の問屋さんから買うことにして生産日程も決まりましたが、生産直前になって入手困難となりました。
この資材の開発会社から「聞いたこともない小さな会社には出荷できない」と断られてしまいました。


このチアパックはアルミ製で接着剤で貼り合わせたものなので入れる液体によっては使えないこともあり得ます。
従って長期試験の後に使用を認めているようでした。
化学をやって来た者としては開発会社の見解ももっともだと思います。


この会社の安全問題への取り組みは素晴らしいと思いますが、断られた方としては窮地に陥りました。


精油のような成分が配合されている場合は問題ですが、あんだんてシャンプーの配合なら問題は起こさないという自信もありました。
最終的には関係者の絶大なご協力により生産まで進むことができました。ただただ感謝感謝です。


「人のネットワーク」として2010年9月7日8日10日に書いたように多くの方に支えられて今日までこられました。
チアパック問題はその典型的な例の1つです。

元々は美容室向けに発売したものですが、一般の方にも好評で今では400mlボトルと1,000mlは総容量的に半々となっています。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。