買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2010年10月06日

開発日誌(開発経過) その20 技術資料の入手

化粧品素材メーカーはパンフレットのほかに特定の製品ごとに「技術資料」を持っています。
私のように他の分野の者が配合設計をするには、ここまで目を通さないと素材を使いこなせません。


あんだんてでは安全性のデータが揃っていて使用実績の豊富なものを選定しますので素材メーカーは技術資料を揃えています。
ただ、化粧品原料は販売ルートが確立していてそのルートでないと技術資料を入手しにくい問題もあります。


洗浄成分など主要な素材は開発に協力してくれた洗剤開発会社(材料の卸問屋でもある)経由で入手しました。
それ以外の素材を全部その会社に頼る訳にもいかないので個人で調達します。

その時に役に立ったのは有田技術士事務所です。専門分野は違うのですが、事務所名で資料請求すると技術資料の提供に応じてくれました。

一丸ファルコスさんや丸善製薬さんなどは技術資料にとどまらず、素材の使用特許問題の相談に乗っていただいたり、詳細な文献なども送っていただいたりして大変お世話になりました。


不本意だったのは味の素さんです。アミノ酸系素材メーカーのトップ(ほぼ独占的)で詳細な技術資料を持っています。
技術資料を請求したところ電話がかかってきて設計目的、販売ルートなどを根掘り葉掘り聞かれ30分以上粘られた上に、「設計する以上素材を購入するルートがある筈です。そのルートでご請求下さい。」でおしまいです。

それなら最初から言うべきで、こちらの情報のみ徹底的に収集して「ハイそれまで!」というのも失礼な話です。個人で設計しても土台ものにならないだろうと見放されたのかも知れません。


当時は「買ってはいけない」が大ヒットした時ですし末端商品を持っているので警戒するのも分ります。しかし他の会社(素材専業メーカー)が協力的だったのと対象的でした。


その意味でも主剤を同じアミノ酸系でもラウロイルメチルアラニンNa(メーカーは川研ファインケミカルさん)にしたのは正解でした。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。