買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2010年09月28日

開発日誌(開発経過) その19 洗浄成分の選定

尖閣諸島問題には大変興味があるのですが、国家戦略に関わる問題だけに書き出したらきりがないので話題として取り上げないことにします。


本題に戻って
シャンプーは、洗うことが主目的ですので洗浄成分がシャンプーの特徴を大きく支配します。


あんだんてシャンプーで配合している洗浄成分は配合量の大きい順にラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウリン酸ポリグリセリル-10です。
これらの素材選定に あんだんての発想がどのように活かされているか触れてみます。


ラウロイルメチルアラニンNaは、「アミノ酸」と「脂肪酸」から製造されるアミノ酸系界面活性剤です。
低刺激性使用感がよく美容関係者からも着目されています。
日記には書きませんでしたがベビーシャンプーにも使われます。


コカミドプロピルベタインは、ベタインという「天然アミノ酸」の部分と「脂肪酸」の部分で構成されていますが、一般にベタイン型両性界面活性剤といわれアミノ酸系には含めません。

コンディショニング効果にすぐれ、あんだんての場合は泡立ちにも関係するなど使用感の向上に役立っています。これもまたベビーシャンプーにも使用されます。


ラウリン酸ポリグリセリル-10は、静菌性もある「脂肪酸」エステルで超低刺激性の割には洗浄力もある貴重な素材です。ただ極めて高価なので全成分表示の上から5番目の濃度で配合しているのは、あんだんてくらいでしょう。。


従ってラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウリン酸ポリグリセリル-10を配合するのは、あんだんて独特の処方(発売時)でした。最近は真似するものも出てきました。それだけ低刺激性と使用感を兼ね備えた稀有な処方として認知されてきたのでしょう。。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。