買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2017年06月29日

日本の起業意欲

宋 文洲さんのメルマガ「論長論短」は好きで毎回読んでいます。さすがと思うこともあれば、自分とは考えが違うなと思うこともありますが、また読みたくなる魅力があります。

No.297では起業意欲について書かれていました。
データの部分を引用させていただきますと
『総合人材サービスのランスタッドの起業に関する調査によると、中国社会における起業意欲のレベルは世界平均とほぼ同じです。問題は日本の起業意欲です。
調査の33カ国の中で最下位です。特に18〜24歳の若年層を見ると「より多くの機会を得られるので起業したい」と答えたのはたったの28.3%でした。
これに対して世界の平均は63.8%です。また、創業初期の企業で働きたいと答えた若年層の日本人は30%でした。世界の平均は60.0%です。』

メルマガでは日本の起業意欲の低下を危惧しておられました。

私も日本の起業意欲は低くなっているのではないかと懸念していたのですが、数字で示していただき納得しました。

私も定年後にサラリーマン時代に縁のなかったシャンプーの開発・販売を始めた起業家の一人ですので日本の起業意欲が低く推移しないことを願っています。

2017年06月27日

アレルギーのメルマガ(6月)より その3 第44回 防災講座

前回から少し間があいてしまいましたが、認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんのメルマガ第126号の続きです。

防災士 中根輝彦さんの防災講座も今回で最後とのことでさびしいことです。本当に長い間有難うございます。

このメルマガの第7項に載っていますので最初の部分のみ引用させていただきます。

---------------------------------------------------------
7、最終回 第44回「防災講座-23:津波対策を知る」
      防災士 中根輝彦
---------------------------------------------------------
 メルマガをお読みの皆さん、こんにちは。防災士の中根輝彦です。

前回に続き、津波避難について考えます。今回は官民連携について考えます。

防災の世界では、「自助」「共助」「公助」と区別して考えることがあります が、厳密にいうと、明確な基準によりはっきりと区分されているわけではありません。
同じ取り組み内容でも、対象範囲や立場によっては、自助にも共助にもなり得ます。
共助と公助も同様に、民間と行政の共同で実施されている場合があり、民間主体化行政主体化によって、共助に見えたり公助に見えたりしているだけだったりします。
民間と行政が、それぞれの強みをうまく組み合わせて役割分担し、弱点を補完し合う形を見出すことが大切です。
人命や財産を守るために被害を最小限にとどめたいという思いは共通のはずです。


 続きはこちら です。

2017年06月26日

藤井四段 29連勝

将棋の藤井四段が、30年前の昭和62年に神谷広志八段の連勝記録を超えて29連勝しました。

この試合も決して楽な展開ではなかったようで多くの解説者が増田四段が優勢の時もあったのですが、終盤の追い込みで逆転した感じでした。 師匠の杉本七段も一時は負けを覚悟したとのことでした。

最近10代の方の活躍が光ります。
スポーツでは親が選手であったり指導者である例は多いのですが、将棋の世界では違う面もあるようです。
天才といわれ年少の時から活躍している谷川九段、羽生3冠および藤井四段は親が将棋をやらないそうです。知っているとつい勝つことにこだわってしまうからともいわれています。単なる偶然ではなくそれなりの理由があるようです。

今後の一層の活躍を期待しています。

2017年06月22日

藤井四段 28連勝

将棋界で大変な記録が生まれました。

14歳の少年がプロになって初戦から連勝を続けているだけでも凄いことですが、30年前の昭和62年に神谷広志八段が達成した最多連勝記録に並ぶとは驚きです。

インタビューの受け答えもしっかりしています。小さい時から優勝してインタービューに慣れているとは言え日本最大の記録でもものおじしません。
この冷静さが勝負強さに繋がっているのかも知れません。
字もきれいで感心します。

藤井四段 28連勝

将棋で大変な記録が生まれました。

14歳の少年がプロになって初戦から連勝を続けているだけでも凄いことですが、30年前の昭和62年に神谷広志八段が達成した最多連勝記録に並ぶとは驚きです。

インタビューの受け答えもしっかりしています。小さい時から優勝してインタービューに慣れているとは言え日本最大の記録でもものおじしません。
この冷静さが勝負強さに繋がっているのかも知れません。
字もきれいで感心します。

2017年06月21日

防犯パトロール懇談会

住んでいる地区の町内会の「防犯パトロール懇談会」が先日あり参加しました。

この地区では「防犯パトロール」を土曜日の夜に、小学校通学路の見守りを登校日に実施しています。

防犯パトロールを始めたのは10年一寸前ですが、開始前の準備会では賛否両論がありました。
反対の方の主張は、「不審者を見つけたときに襲ってこられ、怪我でもしたら誰が責任を取ってくれるのだ。」というものです。もっともな意見でもあります。

話し合いの結果、「不審なことがあったら、まず逃げた上で警察などに通報する。」 パトロールを行っていることが抑止効果につながるのではないか?との意見が大半を占めて決定されました。

従来は有志だけでしたが、最近は「その年の分区長(10数軒に1人)」にもなるべく参加していただくようにしたために、お互いに知り合う機会が増えました。この効果が懇談会でも話題になっていました。

テレビなどを見ていると町内会の存続自体が難しくなっているようですが、この地区では有効に機能しているように感じます。
今年は特に防災に力を入れていますので有難いと感じています。

2017年06月20日

ジャズコンサート

日曜日には湘南ジャズパーティー(大船)に行ってきました。
「根市タカオトリオ+1」の演奏でメンバーは、
根市タカオ:ベース、大森史子:ピアノ、サダオ渡辺:ドラム、ゲスト;鈴木史子:ボーカルでした。ゲストでボーカルのジュン葉山さんも出演されました。

大学時代のクラスメートの紹介で参加しているのですが、今年で7〜8年目になるでしょうか? 私ども夫婦も含めて6人のクラスメートが集まりました。

聴きに来るメンバーがほぼ固定しているで、それに合わせてその場で選曲して演奏しているとのことです。
メンバーの年代に合わせているのでスタンダードナンバーが多いので気楽に聴いてこられます。

レストラン内での演奏なので身近に聴けるのがいいですね。御前演奏のご経験のある根市タカオさん、サダオ渡辺さんの演奏を楽しめるのですから贅沢な話です。

2017年06月19日

高校同期会

先週は、私が卒業した東京都立小山台高等学校の同期会が明治記念館で行われ参加しました。

この1年に瑞宝章を受章した者がおり簡単な挨拶をしました。戦前戦後の教育の潮流の話を聞かせてもらえ有意義でした。
同期で瑞宝章または旭日章を受章したのは5人目とのことでした。

最後に同期生がハーモニカ演奏でアメイジンググレースを聞かせてくれました。
また、幹事が校歌の歌詞のコピーを用意してくれたのでこの方のハーモニカ伴奏で蛮声を張り上げてきました。何年経っても覚えているものでした。

ここのところ同年代の方の会合に出席することが続き、昨日はジャズコンサートで大学時代のクラスメートに会ってきました。詳しくは明日書きます。

2017年06月16日

健康セミナー

昨夜は、所属する横浜南法人会の健康セミナー「最新治療:前立腺がん・肥大症」が横浜市桜木町で開催されて行ってきました。
講師は、オーシャンクリニック(桜木町)院長 鈴木誠先生でした。

私もやや夜間頻尿の傾向があるので興味深く聞かせてもらいました。

前立腺の大きさは主治医から聞いているのですが、今日の講演かるすると初中期に相当するようでした。
大きさについては最近は小さくする薬も出ているようなのあまり大きな問題ではなさそうでした。

前立腺がんとの関係を示すPSAという検査値があるのですが、がんのマーカーとしては精度は高いとのことでした。
私のPSA値は限界値ぎりぎりなのですが、この値でがんになる確率は0.2%と説明されていました。この数字が高い方なのか低い方なのか分かりませんが、基準値の限界値なので、まあ良い方と考えようと思います。

2017年06月14日

サッカー ワールドカップアジア最終予選 イラク戦

サッカーのワールドカップアジア最終予選 対イラク戦が昨夜イランで行われ日本は1-1で引き分けました。

前半8分にコーナーキックから大迫選手がバックヘディングシュートという離れ技で得点しました。キックを蹴った本田選手の精度もよかったのですが、相手のDFと競り合いながらバックヘッドを決めた大迫選手は見事でした。

ただ、その後は日本もシュートがほとんどない状態で前半を終了しました。

後半も一進一退を続けたのですが、28分にゴール前の混戦から失点し結局1-1の引き分けに終わってしまいました。

失点のシーンは、蹴り出す余裕があり後から川島選手が言っているようにゴールキーパーから「クリア」という指示が出ていたようですが、相手をブロックしただけでゴールキーパーに任せた形になってしまったのが敗因だったようです。

私は「ゴール前では蹴り出すのが鉄則」と思っていましたので一寸残念な結果でした。

とは言え、負けてしまった訳ではないので次のオーストラリア戦で頑張ってほしいものです。

2017年06月13日

アレルギーのメルマガ(6月)より その2 リレートーク

認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんのメルマガ第126号の続きです。

第4項には管理栄養士さんのリレートークがありアレルギーの患者さんのみならず一般の会員の方にも参考になることが満載ですので最初の部分のみ引用させていただきます。詳しくは全文をご覧ください。

 ------------------------------------------------------
4、リレートーク「栄養士からのメッセージ」 第3回 
    管理栄養士・小児アレルギーエデュケーター 寺倉里架
--------------------------------------------------------
こんにちは、 管理栄養士の寺倉里架です。
私が食物アレルギーと関わるきっかけになったのは、20年前、娘の湿疹の原因が食物であると診断されたことでした。 
当時はまだ、食物アレルギーという言葉すら認知されていない時代で、管理栄養士も“食物は身体にとって必要”ということを人に伝えることが第一義。 
そんな時に、タンパク質源である卵、牛乳、大豆を除去しなさいと医師から言われたことは本当に驚きで、同時に大きなショックも受けました。
そして、それまで以上に 「食生活」に興味を持つようになり、ひいては人生についても学ぶ機会となりました 。

現在は食物アレルギーについての研究も進み、栄養指導では必要最小限の除去が基本となっています。
その中で私自身の経験をいかし患者家族により添った親身な栄養指導するよう心がけています。 

詳しくは、こちら をご覧ください。

2017年06月12日

アレルギーのメルマガ(6月)より アレルギー一日集中講座

認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんのメルマガ第126号を1日にいただきました。

第2項は、「アレルギーの基礎が学べる一日集中講座! 」でした。
アレルギー大学は素晴らしい講座ですが、ある程度通う必要があります。
その意味では「一日集中講座」は素晴らしいシステムだと思います。
そこで今回は、この項について最初の部分だけ引用させていただきます。

-------------------------------------------------
2、アレルギーの基礎が学べる一日集中講座! ベーシックブログラム開催のご案内
-------------------------------------------------
今年もアレルギーの基礎が学べる大人気の一日集中講座
 『アレルギー大学ベーシックプログラム』を開催します!
 内容は、通常のアレルギー大学の基礎・初級の内容を中心とした内容で、アレルギーの正しい知識と基本的な対応を 一日の集中講座で習得できます!
アレルギー大学基礎・初級に参加ができない方におすすめです♪
詳細はチラシをご覧ください。



以下、省略