買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2015年12月31日

あんだんてトピックス 8-8 会誌「あんだんて」に寄稿

NPO法人アレルギーネットワークさんは今期を以って活動を終了しますので「活動総括」という冊子を発行予定です。弊社もその原稿を投稿したところ会誌「あんだんて284号(10月号)にも転載されました。

その内容については2回に分けて日記に転載させていただきました。



2015年12月30日

あんだんてトピックス 8-7 ホームページ160万hit

あんだんてシャンプーのホームページのトップページのhit数が2015年10月下旬に150万hitに達しました。

数年前の最盛期の一日700hit前後(700ページ)には及びませんが今でも一日200hit台の方が見てくださいます。有難うございます。

インターネットには情報が溢れていますが、あんだんてでは化粧品技術者(筆者は日本化粧品技術者会正会員)、および化学技術者(筆者は技術士(化学部門))の一人として正しい情報(その分野の専門家の中庸を得た情報)を提供するように努めています。

界面活性剤関係については極力詳しく書いていますので基礎的知識を吸収したいと考えておられる方にとってはお役に立てると思います。

また、アトピー性皮膚炎についてもオーソドックスな考え方を持っておられる先生方の本を紹介しています。

さらにアレルギー団体の賛助会員になっているお陰でメルマガや冊子をインターネットを通して読ませていただいています。その内容は患者の方にとってとても貴重な情報ですので会員以外の方にも知っていただこうと思い日記に引用させていただいています。

著作権法上の問題はあるかも知れませんが多くの方の目に触れていただこうとの思いから引用させていただいています。ご興味を持たれましたら是非発行元に連絡されて会員として読まれることをお勧めします。

これらのことをご評価いただいて多くの方がご訪問いただいているとすればうれしい限りです。

2015年12月29日

あんだんてトピックス 8-6 アレルギー大学テキストに「商品情報」提供



平成23年に発行したものが、ほぼ完売したので来年3月には改訂版が発行される予定です。

あんだんては、現行のテキストにA4サイズの商品情報を提供していますが、改訂版発行に当たってのお声掛けをいただいたので参加させていただくことにしました。

2015年12月28日

あんだんてトピックス 8-5 食物アレルギーでも楽しくお出かけできる本 

認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさん主催の「アレルギっ子のフェア」で「ぴあ出版部」の方にお会いしました。

その時は名刺交換しただけでお別れしたのですが、後日、あいち小児保健医療センター 副院長 伊藤浩明先生が「食物アレルギーでも楽しくお出かけできる本」(ぴあMOOK)を監修されるので協賛広告を出して欲しいとのご連絡をいただきました。

伊藤先生とはあいち小児保健医療センターでの市民講座で講演をさせていただいたり10数年にわたり大変お世話になっておりますので喜んで参加させていただきました。

発売になった本は、

本のタイトルが「食物アレルギーでも楽しくお出かけできる本」なので、あんだんてとしては商品全部を載せるのではなく「ご宿泊されるお出かけの際に、携帯に便利なミニボトルシリーズを!」ということでミニボトルの写真と価格を載せました。一度使っていただけば良さをご理解いただけると思いますので敢えてこのサイズとしました。

2015年12月25日

あんだんてトピックス 8-4  シャンプー 発売14周年

あんだんてシャンプーの開発経過から今日までを紹介した「あんだんての生い立ち」に書きましたように今年(2015年:平成27年)の4月で「あんだんてシャンプー発売14周年」となりました。

アトピー性皮膚炎の方などに喜んでいただこうとの趣旨で開発し2001年から発売開始したものです。根っからの化学技術者で販売ルートなど全くなく「身の回りの方に口コミで伝わればよい」程度で始めてしまったものが皆様に支えられてここまできました。感謝の気持ちで一杯です。

確かに製品がお客様のお役に立てたことが、あんだんてシャンプー伸長の基礎ではありますが、その前に存在を知っていただくことが不可欠です。
その意味では「あんだんての生い立ち」に書いた「ホームページの開設」が大きな契機であったと思います。今日でも販売の99%はインターネット経由です。

「ホームページの開設」では次のように書いています。
発売1年後、シャンプーの内容を良く知っていただくことと、正しい情報の提供をミッションとしているのでホームページを開設しました。

パソコンに堪能でマーケティングの経験もある娘に全面的に依存して開設しました。必要に迫られればパソコンは憶えられるもので、私も日常的なことには困らなくなりました。

ホームページの開設のおかげで、アレルギー団体(昨日書いたように4団体の賛助会員になっています。)、理美容室などとの交流を通して、広い分野の知識を得られてレベルアップできました。またマーケッティング面でもプラスになりました。
シャンプーはじめ化粧品では広告が大切です。しかし、私は全くの素人でしたので広告費は一切かけないことにしホームページの運営だけに絞りました。これが今日まで会社が続いている大きな要因の一つだと思います。

2006年4月に全面改訂し今のデザインとしました。
あんだんてシャンプーが美容室向けに最適であることを見出して下さった美工房 四季彩さんがホームページの作成・管理運営にも詳しいことを知り依頼したものです。
この改訂で全体の構成とショッピングカートを変えたせいか、これを契機にサイトを訪問して下さる方が大きく増加しました。このため2007年に配送センターを設けました。

そもそもリタイア後に始めた仕事だったので「ローリスクローリターン」を基本方針としたのが幸いしたと思います。

2015年12月24日

あんだんてトピックス 8-3 アレルギーネットワーク賛助会員更新

所属する各アレルギーネットワークさんの新年度は4月からなので従来通り4団体の賛助会員として参加させていただきました。

会誌、メルマガ、定期的冊子、本、冊子、講演会などを通して勉強させていただいています。
会の活動状況はじめ先生がたの解説記事、会員さんの生の声などに接することができるのが魅力です。
この日記でも時々引用させていただいています。

★NPOアレルギーネットワークさん、★認定NPOアレルギー支援ネットワークさん、★認定NPOアトピッコ地球の子ネットワークさん、★アレルギーの会全国連絡会さんの4団体です。

★NPOアレルギーネットワークさん(今は、ホームページはない)との交流が最も古く、こちらの会誌「あんだんて」と私共の社名「あんだんて」が同じであったことがご縁で交流が始まりました。会誌「あんだんて」は日記で紹介させていただだいています。
ただ、今年度を以って活動を終了されるとのことで残念です。

認定NPOアレルギー支援ネットワークさんは、最も緊密に交流をさせていただいています。

昨日の日記lに書いたように今年も「アレルギっ子のフェア」に参加しました。
毎月のメルマガも紹介させていただいています。

認定NPOアトピッコ地球の子ネットワークさんとは講演会、イベントがあれば、ほとんど出席しています。
2015年07月30日の日記 夏休み環境教育キャンプ2015 協賛にも書いたように今年もキャンプに協賛広告を出すとともにシャンプーを提供しました。

アレルギーの会全国連絡会さんの賛助会員になってから10年以上経ちます。今年は、全国交流会が開催されなかったのが残念です。開催された場合は協賛広告で協力させていただいていました。

2015年12月23日

あんだんてトピックス8-2 アレルギっ子フェア参加

認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさん主催のアレルギっ子フェアが下記の要領で開催され夫婦で参加しました。

会場:名古屋国際会議場 2号館 展示室211・212
開催日:3月7日(土)10:00〜17:00  3月8日(日)10:00〜16:00

講演会場と展示ブースも同じ部屋なので講演も聞くことができました。
あんだんては、認定NPO法人アレルギー支援ナットワークさんのブースに入れていただく形で出展し、スタンプラリー抽選会にも協賛商品を提供しました。

多くの方がご参加いただき盛況裡に終わることができました。

また、3月7日(土)フェア終了後には、認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんと私ども出展社との交流会もありました。アレルギっ子フェアの運営につき有用な意見交換ができました。

2015年12月22日

あんだんてトピックス8-1 パソコン更新1年経過

今年も年末になったのでこの一年を振り返ってみたいと思います。昨年までと違い大きなテーマもなかったので8項目に絞りました。

昨年4月からWindowsXPのサポートが切れてしまう機会に1月にパソコンを全面更新しました。

OSについてはWindows8も出始めていたのですが、業務用に評判の良いWindows7professionalを選定しました。
パソコン本体はマウスコンピューター社製のものを採用しました。
パソコンに詳しいビジネスパートナーのアドバイスもあって国産品であること、2年間の保証とサポートを受けられることも魅力でした。

現時点では更新後2年近くになりますが、総じて大きなトラブルもなく推移しました。
OSが64bitとなったので一部のソフトは対応するものに更新しましたが、これもまずまずでした。

2015年12月21日

3位決定戦 サンフレッチェ広島勝利

昨日行われたFIFAクラブワールドカップ2015の3位決定戦で、サンフレッチェ広島は、アジア王者・広州恒大と戦い2-1で逆転勝利をおさめました。

バルセロナと広州恒大の準決勝を見ていると「広州恒大は手ごわいな」と感じました。これに勝つのは至難な業のように感じました。

実際、試合が始まってみると早々に広州恒大に得点されてしまいました。しかし、その後はしっかり守りを固め0−1の後半25分に左CKから途中出場のFWドウグラス選手が(27)が頭で押し込んで試合を振り出しに戻しました。

その後は、やや優位に進め後半38分、敵陣の右サイド深くまで侵入したMF柏選手のクロスにFW浅野選手が頭で合わせたシュートはクロスバーにはね返えされたもののFWドウグラス選手がヘディングで押し込んでくれました。

鮮やかな逆転勝利で楽しませてもらいました。改めてサンフレッチェ広島の底力を感じた試合でした。


続きを読む

2015年12月18日

サッカー 澤穂希選手引退

2011年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の優勝に貢献した澤穂希選手の引退発表記者会見が昨日行われました。本当にご苦労様でした。

15歳で日本代表に選ばれるなど早くから着目されてきました。あまり早くから話題になると伸び悩むことがあるのですが澤選手の場合はアメリカに渡るなど常にチャレンジを続けてきたことが実を結んだものだと思います。

男子では本田選手や香川選手が話題になりますが、世界のトップレベルのチームではレギュラー争いに汲々としているのが現実です。

その点、澤選手は2011年のW杯で得点王と最優秀選手に選ばれただけではなく2012年には国際サッカー連盟(FIFA)の女子最優勝選手としてアジアから初めて選ばれています。

サッカーでは、男子と女子では層の厚さが違うとはいうものの世界のトップに立つということは大変なことです。

今後もサッカーだけに留まらずスポーツ全体のために活躍してくれることを期待しています。

2015年12月17日

新国立競技場

15日(火)朝刊に2020年東京オリンピック・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の「技術提案書」が載りました。
2案ともに「杜のスタジアム」をイメージとし環境との調和、木を活用を図ったものです。

当初案の見直しは「安倍首相の安保法案のめくらまし」などと批判をする向きもありましたが、こうして見ると大英断だったと思います。

2案ともに素晴らしい案です。初期の選定でも同じようなコンセプトのものがありながら外観が奇抜なものにものに決まったことの方が奇異に感じられるようになりました。

時期的にもオリンピック前年の11月に完成するなど計り知れないメリットもあります。

2015年12月16日

準決勝 サンフレッチェ広島敗退

今夜行われたFIFAクラブワールドカップ2015準決勝で、サンフレッチェ広島は、リーベル・プレート(アルゼンチン)と対戦し、0−1で惜敗ました。

ほぼ互角の試合をしていただけに残念です。
再三危ない場面もあったのですが、キーパーを含めてDF陣が良く頑張ってくれました。ただ、一回だけキーパーがパンチングしなかったことが原因で得点を許してしまったのが命取りになってしまいました。ただ、それまでスーパーセーブを見せていただけにご本人は悔やんでおれるのでしょうが、やむを得ないことでしょう。これが勝負というものだと割り切るしかないように思います。



あわや得点!というシーンもあり大いに楽しませてもらいました。