買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2015年05月29日

会誌「あんだんて」(5月)から その3 アレルギー診療のこれから 「免疫療法」

NPO法人アレルギーネットワークさんの会誌「あんだんて」 279号の続きです。

先月から あいち小児保健医療センター 副院長 伊藤浩明先生執筆の 「アレルギー診療のこれから」 というコラムがスタートしました。

今月は、その2回目でテーマは、「免疫療法」です。

主要分を引用させていただきますと
『アレルギーを根本から治すためには、アレルゲンに対する免疫反応を修正する必要があります。そのためにアレルゲンを敢えて少量ずつ体に取り入れる治療を「免疫療法」と言います。昔は「脱感作療法」「減感作療法」とも言われていましたが、最近の用語は「免疫療法」に統一されています。

免疫療法は、インタールなどを始めとする薬物療法よりも古い歴史を持っています。昔は、ハウスダストや真菌のエキスを喘息患者に皮下注射して、喘息の治療を目指すものでした。微量のアレルゲンから開始して次第に増量し、週1回の注射で半年かけて維持量に到達する標準法と、10日くらい入院して1日に3〜4回の注射を繰り返して短期間で維持量に持ち上げる急速法がありました。維持量に達したら、それを毎月1回、3年間ほど継続します。

(以下、詳細は省略し最後の部分は、全文引用させていただきます。)

このように積極的にアレルギーを治す治療は、少しずつ進歩しています。しかし、これらの治療は一定のリスクを伴い、長期間にわたる治療計画を確実に守れる人にしか適応できません。アレルギー体質を根本から変えることは、簡単なことではありませんが、「やればできる治療」が増えてくることは確かです。』

2015年05月28日

なでしこジャパン イタリア戦

今夜、女子サッカー国際親善試合の対イタリア戦がありテレビ観戦しました。

過去には7戦全敗していたのですが、大儀見選手の絶妙なボレーシュートで1-0で勝ちました。あと1〜2点入ってもおかしくないくらい押していたのですが、結局は1点止まりに終わってしまいました。

対ニュージーランド戦と比べると雲泥のできで、これが同じチームか?と思われるほどでした。パスが正確に通っていました。阪口選手の効果だとの解説もありましたが、選手一人の交代でこうも変わるものかとも思います。

7連敗の相手に勝ったとは言えイタリアはFIFAランク13位ですから4位の日本が勝って当たり前です。ワールドカップ本番で上位進出を果たすには、今回得点を取り損なった場面でも確実にゲットする必要がある訳で今後のレベルアップを期待しています。

先ずは、6月9日のスイス戦から始まるグループリーグを確実に勝ち抜いて欲しいものです。

2015年05月27日

大相撲 新大関誕生

5月場所で優勝した照ノ富士関が大関に推挙されました。

豪栄道関が大関になったときは大関数が激減したときで「なんとなく繰り上げ当選」的な感覚があり心配していたのですが、その後の成績も今一つぱっとしません。

照ノ富士関には頑張って欲しいものです。
伝達式の口上で「今後も心技体の充実に努め、さらに上を目指して精進します」と言っているので期待しましょう。

優勝したらインターネットでも照ノ富士関に関する情報がいろいろ提供されています。
そのなかに興味深いものがあったので引用させてもらいます。モンゴルでの数学オリンピックでメダルをとったように頭脳明晰で過去の戦績や対戦相手の研究にも熱心に取り組んでいるようなのが期待できそうです。


『序ノ口から今場所まですべての勝ち星を覚えていて、「5勝、6勝、全勝、5勝…」とスラスラと言ってのける。それを生かしたID相撲。「初めて対戦する相手は(立ち合いで)頭でくるか胸でくるか、前みつを取りにくるか、左脚から出すか右脚からなのか全部見てる」と丸裸にする。強靱(きょうじん)な肉体と、明晰(めいせき)な頭脳を持った新時代の大関が誕生する。』

2015年05月26日

なでしこジャパン ニュージーランド戦

日曜日には女子サッカー国際親善試合の対ニュージーランド戦がありました。

ここ1〜2年のなでしこジャパンの試合を観ているとパッとしませんし、先日も男子大学生チームとの練習試合でも負けたと伝えられていました。

こういう状況なので覚悟して観たのですが、やはり物足りない試合でした。点数の上では1-0で辛勝したのですが、コーナーキックから澤選手が決めただけで、そのほかの見せ場がありませんでした。

後半は押され気味でしたし、ペナルティキックも献上しています。押されているから無理に止める→ペナルティを取られる結果となっています。相手がミスキックして助かりましたが、普通なら1点ものでした。

FIFAランキング3位(日本)と17位(ニュージーランド)の順序が逆ではないかと思われる感じの試合でした。
次回の国際親善試合イタリア戦では心機一転して迫力のある試合を展開して欲しいものです。

2015年05月25日

大相撲 照ノ富士関優勝

私は大相撲が好きです。
先場所から照ノ富士関の活躍が話題になってきましたが、まさか優勝してしまうとは思いもよりませんでした。

それにしても横綱白鵬関が4敗するとはショックでした。3敗同士の優勝決定戦を想定していたのですが、まさかのことが起こってしまいました。横綱白鵬関は大記録を達成した無力感とか、やや力の衰えがあるのかも知れません。

稀勢の里関の11勝4敗が最高で、ようやく勝ち越しただけとか負け越した大関もいるような状態では大関の名が泣きます。照ノ富士関には常時12〜13勝する大関になって欲しいものです。このレベルを維持すれば優勝のチャンスも増え、ひいては横綱昇進も視野に入ってくることでしょう。期待しています。

2015年05月22日

会誌「あんだんて」(5月)から その2 小児三次救急対応の体制づくり

NPO法人アレルギーネットワークさんの会誌「あんだんて」 279号の続きです。。

2013年4月からNPO法人アレルギーネットワークさんにご協力いただいている先生方が担当される「診察室のメモパッド」というコラムが始まりました。

今月のご担当は、あいち小児保健医療総合センター 副センター長 伊藤浩明る先生です。

テーマは、“小児三次救急対応の体制づくり”

部分的に引用させていただきますと
『現在、あいち小児保健医療総合センターの正面で、救急病棟を建設する大規模な工事が進んでいます。(途中略)重症の救急患者さんが受診する外来を救急治療室(Emergency Room, ER)、入院して高度な治療を施す病棟を集中治療室(Intensive Care Unit, ICU)と言います。中でも、子ども専門で集中治療を行う病棟を、小児集中治療室(Pediatric ICU, PICU)と言います。

当センターには現在8床のPICUがあって、心臓手術を受けた子どもをはじめとして、重症な疾患の治療を行っています。現在建設している救急病棟には、1階に本格的な救急治療室、2階に16床の小児集中治療室を作り、専門の治療チームを設けて広く重症の子どもの救急治療を受け入れていくものです。
今年度中に建設を進めて、2016年2月にオープンする計画です。
それに先立って、昨年度から小児集中治療のプロが徐々に集まってきています。この4月からは、集中治療科医師3人、救急科医師5人の体制となりました。(以下途中の詳細は省略します。)

愛知県が初めて作る小児専門の三次救急体制です。多額の予算(税金)を投入して、大きな設備と多くの人員が必要です。子どもの命を救うことにそれだけの価値があることを多くの皆さんが認めて、支えて下さるおかげで実現する医療といえます。』

詳しくは、会員になられて購読されることをお勧めします。

2015年05月21日

会誌「あんだんて」(5月)から その1 理事会

NPO法人アレルギーネットワークさん(今は、ホームページは休止中ですが、ブログは、あります。)の会誌「あんだんて」 279号をいただきました。

会誌「あんだんて」は、NPO法人アレルギーネットワークさんを知る機会となった会誌なので今でも楽しみにしています。

P1は、「2015年度総会に向けて NPOアレルギーネットワーク理事会」です。

会誌「あんだんて」に載る理事会の記録を日記(あんだんてで行こう!)に引用することはなかったのですが、今回は重要な記載がありましたので特に引用しました。

全文引用させていただくと
『去る4月25日(土)19:00から、名古屋市内の事務局事務所で2015年度総会に向けて、理事会が開かれました。
主に総会に提案される議案につて議論がされ、昨年来検討を続けてきた活動の終了についてと、これまでの活動をどのように総括するかを議論しました。活動の総括については専門家の知見や、これまで活動に参加した会員、非会員の意見や感想なども取り入れながらとりまとめる方向が検討されました。
また、総会から活動終了までの間の、今年度の活動予定につても検討され、今年度の活動予定を爽快に提案する事になりました。(以下省略)』

会誌で初めて「昨年来検討を続けてきた活動の終了について」という話が出てきました。
私にとってはショックでした。

2015年5月21日の日記の**********以下のところに書いたように認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんは全国のアレルギー団体の中ではトップクラス(多分断トツ)の活動をされています。

それなのに、その出身母体であるNPOアレルギーネットワークさんが本年度を以って活動を停止するとは残念なことですし感慨深いものがあります。

2015年05月20日

すい臓がん


相変わらずオーバーなタイトルですが 「理由もないのに血糖値が上がった時は、すい臓がんを疑ってみる必要がある。」 ということです。

すい臓がんは、自覚症状がないため早期発見がきわめて難しいので上記の血糖値変動を見逃さないようにとの注意喚起です。

最近は、すい臓がんができるすい管という場所を詳しく見ることができる、MRCPと呼ばれる検査の方法もあるようです。

2015年05月19日

アレルギーのメルマガ(5月)より その4 アレルギーっ子の防災 その3

認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんのメルマガ No.101 の続きです。

今回のメルマガでは「アレルギっ子の防災」について3つのコラムが載っています。
3番目は、アレルギーっ子親の会「はすの会」の下山まきえさんのコラムです。

★★★アレルギーがあっても安心〜みんなで学ぶ防災教室〜
     第1回「ゲームで学ぼう!考えよう!〜私たちの避難所〜

引用させていただくと
『こんにちは。アレルギーっ子親の会「はすの会」の下山まきえです。
2月に開催した2回の連続講座「アレルギーがあっても安心〜みんなで学ぶ防災教室〜」について紹介いたします。

この講座は、松原市の助成(松原市公募提案型市民協働事業補助金「NPO発!市民のまなび″応援事業」)を受け開催する事が出来た事業であります。(平成23年から松原市では実施:限度額10万円×5件:総額50万円)
※募集要項に関しての詳細は、こちら

当会は以前にもこの「NPO発!市民のまなび″応援事業」の助成を受け、講演会の開催や、それ以外の助成金先としてキリン福祉財団、生命保険協会、歳末たすけあい助成などの助成を受け、アレルギーに関する講演会や講座などの啓発事業、相談窓口事業などを行ってきていました。

しかし、当会は松原市に拠点を置き 活動をしているので、必然的に開催場所は松原市となる事が多いという事、そして今回の講座開催のテーマは「アレルギー×防災」。思いは「誰もが防災について当たり前のように考え、取り入れてもらう。立場は違えども大切なものは皆同じ」
その為にも、アレルギー疾患を持つ患者家族だけでなく、松原市を巻き込んで今回(アレルギー×防災)のことはやりたいなどと考え、今回 応募しました。(以下省略)』

詳しくは、こちらです。

**********
なお、認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんのメルマガ No.101 には、交流会、勉強会、イベント情報などが紹介されているのですが、膨大になりますので省略させていただきます。
すごい活動量です。
最近はアレルギーの会全国交流会などが開催されていない (このところ「ネットだより」も届いていない) ので他のアレルギーネットワークさんの活動は分かりませんが、認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんの活動は断トツのように感じます。

2015年05月18日

アレルギーのメルマガ(5月)より その4 アレルギーっ子の防災 その2

認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんのメルマガ No.101 の続きです。

今回のメルマガでは「アレルギっ子の防災」について3つのコラムが載っています。
次に紹介するのは防災士 中根輝彦さんのコラムです。

第9項 アレルギーっ子の防災 
★★第19回 「新しい原稿シリーズをスタート!」

最初の部分は全文引用させていただきます。
『メルマガをお読みの皆さん、こんにちは。防災士の中根輝彦です。
 今回はこのメルマガの新しい防災原稿シリーズについて紹介いたします。

 アレルギー関係者向けに防災の切り口で情報提供をしようと、この原稿を書き始めて19回目となりました。ちらほらとご意見をいただくようになってきました。これまでに寄せられたご意見の中には、「防災って何をしたらいいのかわからない」「基礎が知りたい」など、アレルギー関係者の防災を考える前に、誰にも関連する一般論を押さえておきたいという声がありました。これまでの原稿をあらためて読み返してみると、読者は防災対策の一般論を知っているという前提にたって、そういった部分の説明は省略していたり、アレルギー対応の取り組みをどう追加していくかという部分のみに特化していたり強調されすぎたりしているきらいがありました。

(途中略)
 そこで、次回から防災の基礎知識や一般論について、新シリーズで紹介していくことにします。(以下略)』

ということで次回から改めて新しいシリーズを始めていただくことになります。

詳しくは、こちらをlご覧ください。

2015年05月15日

ねんざ


誰でも「ねんざ」の経験はあると思いますが、安易な処置をしておくと数十年後に後遺症が出て大変なことになるというのが今回の問題提起です。

私も大学時代にスキーに行き「ねんざ」しました。工学部では卒業論文を提出した後にスキーにでかけることが多かったと思います。後は卒業式を待つだけなので無茶な滑り方をしたのでしょう。

大学には医学部もあったのでそこで治療を受ました。
今回話題になったように3日間安静にした後は成り行きに任せた訳ではないのが救いかも知れません。

今のところ古傷が悪化するような事態にはなっていません。

昔の「ねんざ」が悪化するのを防ぐために、かかとを上げるのを進めていましたが、腰痛体操のの一環として常時実施していたのでこれもよかったと思います。

2015年05月14日

アレルギーのメルマガ(5月)より その3 アレルギっ子の防災 防災セミナー

認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんのメルマガ No.101 の続きです。

第9項 アレルギーっ子の防災 
★アレルギー患者家族への災害支援〜東日本大震災おける支援活動から学ぶ〜防災セミナー

これは、第3回中部ライフガードTEC2015「防災・減災・危機管理展」(5/21-22 ポートメッセなごや2号館)において認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんの常務理事 中西里映子さんんが  “★アレルギー患者家族への災害支援〜東日本大震災おける支援活動から学ぶ”と題して講演されるものです。

講演に先立ち中西さんは、次のようにコメントを書かれています。
「アレルギー患者は、災害時支援活動の隙間に入り、自治体や災害ボランティア団体などの支援が行き届かないことが少なくありません。

アレルギー支援ネットワークでは、阪神淡路大震災・新潟中越沖地震・東日本大震災における、アレルギー患者家族に対する支援活動の経験や教訓から、自助、共助、公助の仕組みを平時に作っておくことが重要課題である、と考えています。本セミナーでは、東日本大震災におけるアレルギー患者さんの支援活動の教訓から今後の対策を考えます。」

詳しくは、こちらに載っていますし、防災・減災・危機管理展のパンフレットは、こちらです。5月22日の8番目に講演されます。