買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2014年12月31日

あんだんてトピックス 10-10 青木塾で話

2014年12月9日の日記に書いたように私が隔月に参加している青木塾では必ず講演がありますが、12月例会では1社に絞らず8社の方が話をしてくれました。

あんだんても話す機会をいただきましたので話をしてきました。
自己紹介、製品の変遷、開発目標、アレルギー団体との交流などについて触れました。

製品の変遷では「髪を洗うシャンプー400mlボトル」と「からだを洗うシャンプー400ml」の2製品だけでスタートしたものが、
美容室のご希望で1000mlチアパックを発売、
アレルギー団体の交流の必要性から40mlミニボトル発売、
美容室のご要望によりトリートメントを共同開発・発売、
一層の安全性向上と環境対応からエアレスパウチ発売
と進み結局現在では12製品を上市しています。

採算面ではベストとは言えないと思いますが、「アトピー性皮膚炎の方のQALの向上に役立ちたい」との開発目標を考えればこれでよかったのではないかと思います。

2014年12月30日

あんだんてトピックス 10-9  トップページ 150万hit

あんだんてシャンプーのホームページのトップページのhit数が2014年8月初旬に150万hitに達しました。

数年前の最盛期の一日700hit前後(700ページ)には及びませんが今でも一日300hit弱の方が見てくださいます。有難うございます。

インターネットには情報が溢れていますが、あんだんてでは化粧品技術者(筆者は日本化粧品技術者会正会員)、および化学技術者(筆者は技術士(化学部門))の一人として正しい情報(その分野の専門家の中庸を得た情報)を提供するように努めています。

界面活性剤関係については極力詳しく書いていますので基礎的知識を吸収したいと考えておられる方にとってはお役に立てると思います。

また、アトピー性皮膚炎についてもオーソドックスな考え方を持っておられる先生方の本を紹介しています。

そのことをご評価いただいて多くの方がご訪問いただいているとすればうれしい限りです。

2014年12月29日

あんだんてトピックス 10-8  アレルギー学会への協賛広告

あんだんてでは、色々なアレルギーネットワークさんの各種行事(フェアとかキャンプなど)の協賛広告を出していますが、今年は初めて医学の学会に出しました。

「第31回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会」が名古屋国際会議場で6月28日(土)、29日(日)に行われました。

当日配布された「日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会誌(Vol.12 No.2 2014)に協賛広告として載りました。この会誌を送っていただいたので私どもも目にすることができました。

広告を出したのは
弊社(あんだんて)のほかは、
QOLトラベル(株式会社エフ・トラベル)、杏林製薬、大鵬薬品、ノバルティスファーマ、パリ・ジャパン、森永乳業さんの蒼蒼たる企業です。

あんだんてはNPOj法人アレルギーネットワークさん、認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんとは長年の交流がありますが、両ネットワークでは、あいち医療総合センター 内科部長 伊藤浩明先生が理事をしておられます。
同センターでアトピー性皮膚炎の講演を伊藤浩明先生がされた折に、私もシャンプーの話をさせていただいたこともあります。。
その伊藤浩明先生が今年、日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会の会長に就任されたご縁でお声掛けいただきました。
有難いことです。

学会用なので価格などは省き全成分表示を載せるとともにβ-アラニン系アミノ酸シャンプーであることを強調しました。
アレルギー協賛広告jpegトリミング.jpg

2014年12月26日

あんだんてトピックス 10-7 オールアバウトで紹介

6月に生活総合情報サイトの草分け的な存在である「アールアバウト」(その道のプロが、あなたをガイド。)さんで「あんだんてシャンプー」が紹介されました。

このサイトでは「860人の専門家が、1291テーマで発信!」しています。 私も10年以上前から利用していました。


ガイドの田口玲子さんがご自分のご長男に実際にお使いいただいたご経験もあってご紹介くださいました。


「あんだんて」ではノブさんの「臨床皮膚医学に基づいて作られた」とかミノンさんの「製薬会社が皮膚科学に基づいて開発した」という華やかなキャッチフレーズはありませんが、こういう会社と伍して取り上げていただいたことに感謝しています。

「あんだんて」は「認定NPO法人アレルギー支援ネットワーク」さんの共同購入品として販売していただいたり、「認定NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク」さんの夏季キャンプで会員の方にご利用いただいています。また、らでぃっしゅぼーやぼーやさんの「アトピーエイド」(アレルギー対応商品のコーナー)で販売していただいているなど、アレルギー面での実績は、豊富なので「実力派」と言えるかも知れません。

2014年12月25日

あんだんてトピックス 10-6 シャンプー発売13周年

あんだんてシャンプーの開発経過から今日までを紹介した「あんだんての生い立ち」に書きましたように今年(2014年:平成26年)の4月で「あんだんてシャンプー発売13周年」となりました。

アトピー性皮膚炎の方などに喜んでいただこうとの趣旨で開発し2001年から発売開始したものです。根っからの化学技術者で販売ルートなど全くなく「身の回りの方に口コミで伝わればよい」程度で始めてしまったものが皆様に支えられてここまできました。感謝の気持ちで一杯です。

確かに製品がお客様のお役に立てたことが、あんだんてシャンプー伸長の基礎ではありますが、その前に存在を知っていただくことが不可欠です。
その意味では「あんだんての生い立ち」に書いた「ホームページの開設」が大きな契機であったと思います。今日でも販売の99%はインターネット経由です。

「ホームページの開設」では次のように書いています。
発売1年後、シャンプーの内容を良く知っていただくことと、正しい情報の提供をミッションとしているのでホームページを開設しました。

パソコンに堪能でマーケティングの経験もある娘に全面的に依存して開設しました。必要に迫られればパソコンは憶えられるもので、社長も私も日常的なことには困らなくなりました。

マーケティングについては若い感覚も必要なので、今でも娘の意見も聞くようにしています。

ホームページの開設のおかげで、アレルギー団体、理美容室などとの交流を通して、広い分野の知識を得られてレベルアップできました。またマーケッティング面でもプラスになりました。

2006年4月に全面改訂し今のデザインとしました。
あんだんてシャンプーが美容室向けに最適であることを見出して下さった美工房 四季彩さんがホームページの作成・管理運営にも詳しいことを知り依頼したものです。
この改訂で全体の構成とショッピングカートを変えたせいか、これを契機にサイトを訪問して下さる方が大きく増加しました。このため2007年に配送センターを設けました。

2014年12月24日

あんだんてトピックス 10-5 アレルギーネットワーク賛助会員更新

所属する各アレルギーネットワークの新年度は4月からなので従来通り4団体の賛助会員として参加させていただきました。

会誌、メルマガ、定期的冊子、本、冊子、講演会などを通して勉強させていただいています。
会の活動状況はじめ先生がたの解説記事、会員さんの生の声などに接することができるのが魅力です。
この日記でも時々引用させていただいています。

★NPOアレルギーネットワークさん、★認定NPOアレルギー支援ネットワークさん、★認定NPOアトピッコ地球の子ネットワークさん、★アレルギーの会全国連絡会さんの4団体です。


★NPOアレルギーネットワークさん(今は、ホームページはない)との交流が最も古く、こちらの会誌「あんだんて」と私共の社名「あんだんて」が同じであったことがご縁で交流が始まりました。会誌「あんだんて」は日記で紹介させていただだいています。


認定NPOアレルギー支援ネットワークさんは、最も緊密に交流をさせていただいて一昨年3月の「第6期アレルギー大学開講記念講演&アレルギっ子のフェア」に参加させていただくとともに「肌に優しいシャンプーの選び方」という題で話をさせていただきました。
この講演は、動画として公表することをお認めいただき一昨年7月に「講演会ビデオ」としてアップしました。

昨日の日記に書いたようにことしも「アレルギっ子のフェア」に参加しました。

毎月のメルマガも紹介させていただいています。

認定NPOアトピッコ地球の子ネットワークさんとは講演会、イベントがあれば、ほとんど出席しています。らでぃっしゅぼーやさんのアトピーエイド(アレルギー対応商品)の勉強会などにも協力しておられるのでお会いする機会が多々あります。

アレルギーの会全国連絡会さんの賛助会員になってから10年近くなります。今年は、全国交流会が開催されなかったのが残念です。開催された場合は協賛広告で協力させていただいていました。



2014年12月23日

あんだんて トピックス 10-4 アレルギっ子フェア参加

認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんの 第9期アレルギー大学開講記念講演&アレルギーっ子のフェアxが3月8日(土)、9日(日)に名古屋市国際会議場で開催され夫婦で参加しました。

あんだんては、認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんのブースに入れていただく形で出展しました。

シンポジウムや講演を聞くことができました。会場は同じ部屋の中なので遠くから聞くことは可能なのですが、ブースに入れていただいたので席に座ってゆっくり聞くことができました。

9日(日)は、、名古屋マラソンも開催されているので8日(土)のホテルの手配が大変でした。昨年は11月に予約しょうとしたのですが遅過ぎました。今年(来年分)は9月に済ませました。

2014年12月22日

あんだんて トピックス 10-3 パソコン更新 その2

金曜日に書いたようにパソコン本体とプレインストールしたWindows Officeは順調にスタートしました。

ただ、Windows7は64bitなので基本的に従来のソフトは使えなくなるのでそれなりに対応しました。

プリンター:ブラザーのモノクロレーザープリンターを使用していたのですが対応できないとのことで新機種にしました。

インクジェットプリンター:エプソンのものを使用していますが、64bitにも対応していたのでドライバーの入れ替えのみで対応できました。

メーラー:長年秀丸メールを使用しているので64bit版に更新しました。

会計ソフト:税理士の先生がJDLを使用しておられるので10年近くJDLを使用しています。従来はIBEX出納帳Xを使用していたのですが、64bitには非対応なのでやむなく更新しました。新出納帳のCD版もあるのですが、価格的に高いのと消費税の変更に対応しないなどの問題もあります。あんだんてのような簡単な会計では必要ないので出納帳netを採用しました。
ただ、過去のデータを復元できない、出納帳netで作成して送信用に変換したデータも自分のパソコンでは開けないなどの制約があることが分かりました。すべて先生のところのパソコンで処理して変換したものしか、こちらでみることはできません。そういうものだと理解して使う必要があるソフトということでしょう。

筆ぐるめ:事前に相談し住所録のコピーをとっておきました。9月に最新版が出たのを機会に更新しました。

全体として終わってみれば会計ソフトを除けば大きな問題はありませんでした。従来のパソコンも4年以上経っていたのでハードディスクの寿命を考えるとWindowsXP問題は潮時であったようにも思います。

2014年12月19日

あんだんてトピックス 10-2 パソコン更新 本体

パソコンを使い始めたのはリタイア直後です。その後、シャンプーの研究開発・販売を手がけたのでパソコンは公私ともに不可欠なツールとなりました。ホームページを開設してからは命綱のような存在となりました。

パソコンを使い始めてから富士通→婿さんの自作PC→NEC「Mate」となり、長年WindowsXPを愛用していたのですが、サービスの停止に伴いパソコンの更新をせざるを得なくなりました。

今回は、パソコンに精通したビジネスパートナーのアドバイスでBTOパソコン(Build to Order:受注生産)メーカーであるマウスコンピューター社の製品を購入しました。
3年間保証、設置サービス(旧PCからのデータ移管)など私のレベルを考えて選定してくれたものです。
OSは、Windows7Professionalとしました。市販のパソコンはWindows8に移行していますが、ビジネス用にはWindows7の方がベターとの判断によるものです。

1月末に入荷、2月上旬にメーカーのサービス担当者にセットしてもらいました。2時間の契約時間をフルに使っての作業でした。インターネットの接続、プリンターの接続、データ類の移管など無事終了し社内ネットワークも使えるようになりました。

全体的には大きな問題もなく新パソコンに移行できました。関連するソフトなどについては明日触れます。

2014年12月18日

あんだんてトピックス 10-1 らでぃっしゅぼーや 商品仕様書新管理システムへの移行

早いもので12月も後半に入り、あんだんてトピックスを書く時期になりました。
今年1年を振り返って話題になることをまとめてみたものです。
以下、発生月順に書いて行きます。

らでぃっしゅぼーやさんの“商品仕様書管理システム「eBASE」”への変更に対応しました。

これは今までと全く異なるシステムなので納入業者にとっても大きなテーマでした。

まず、1月29日(水)の日記に書いたように“商品仕様書管理システム「eBASE」”導入説明会”が東京オペラシテイビルで開催されてこれに参加しました。膨大な資料をいただきました。

昨年の一流ホテル、百貨店の食品偽装問題を受けて食品の安全問題では国内をリードしてきたらでぃっしゅぼーやさんとしては、更に先を行くシステムを構築しようとされるものと思います。

移行のための入力作業は大変な労力とパソコンの知識がないとできないので、あんだんて日立支社の方で対応しました。

2014年12月17日

会誌「あんだんて」より その2 御嶽山噴火

NPO法人アレルギーネットワークさんの会誌「あんだんて」 274号(2014年12月の続きです。

2013年4月からNPO法人アレルギーネットワークさんにご協力いただいている先生方が担当される「診察室のメモパッド」というコラムが始まりました。

今回は、北医療生協 北病院 副院長 近藤 知己 先生です。

テーマは、“御嶽山噴火”

主要部分を引用させていただくと
『(前段略)
1970年代から90年代かけて、愛知民医連では、喘息児のキャンプを御岳の名古屋市市民休暇村で行っていました。(日記筆者注:この後に何故この場所でキャンプをしたかの詳しい説明がありますが、省略します。)

毎年、喘息児キャンプを御岳の市民休暇村で行われていました。当時、御岳は頂上から、煙を吐いていた記憶があります。

今回の御岳の噴火のニュースを聞きながら、喘息の治療の変遷を思い返していました。

しかし、90年代から2000年代になり、喘息の治療は様変わりしました。ガイドラインができ、治療の中心が吸入ステロイドに移行していきました。こうしたこともあり、喘息の入院は激減しました。

御岳ではいろんなことを学びました。早く噴火が収まり平穏な日々が訪れることを願います。』

2014年12月16日

会誌「あんだんて」より その1 アレルギー学会報告

先週、NPO法人アレルギーネットワークさん(今は、ホームページは休止中ですが、ブログは、あります。)の会誌「あんだんて」 274号(2014年12月)をいただきました。

会誌「あんだんて」は、NPO法人アレルギーネットワークさんを知る機会となった会誌なので今でも楽しみにしています。

P1は、「世代交代が進むアレルギー学会」です。

11月8日〜9日に、第51回日本小児アレルギー学会が四日市で開催され、NPO法人アレルギーネットワークさんの副理事長 伊藤浩明先生が出席され、その報告を載せておられます。

引用させていただくと
『(前段略)、学会の内容もさることながら、今回の最も大きなトピックスは「世代交代」でした。これまで理事長を務めてこられた近藤直実先生(岐阜大学)が退任され、宇理須厚雄先生(保健衛生大学)も食物アレルギー委員長などの要職を退かれました。そして新理事長に就任したのは、藤澤隆夫先生です。藤澤先生の意向により、学会の主要な演者に若手の先生が多数起用され、アジアを中心とする海外からの若手医師も大勢招待されました。』