買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2014年09月30日

男女サッカー アジア大会

日曜日には男子サッカー アジア大会 韓国戦が行われ0-1で敗戦しました。

全体として押され気味で運よく(守備陣の奮闘と言ってあげるべきなのか?)得点を免れていたのですが、最後にPKを与えてしまいました。
ペナルティエリアに攻め込まれていると何が起こるかわからない訳でPKを与えた選手の責任にするのは可哀そうな気がします。押されていたので体を張って防ごうとしたのが裏目に出てしまった感じです。

チーム全体として見れば守りきれなかったことよりも攻めきれなかったことが敗因といえます。

月曜日には女子サッカー アジア大会準決勝 ベトナム戦が行われ3-0で快勝しました。
試合内容からすると順応な点差でしたが、見方によればもっと得点できていてもよかったように気がします。ただ、ベトナムのサッカーもなかなか良くてアジア全体のサッカーのレベルが上がっているのを実感しました。

2014年09月29日

大相撲 秋場所

昨日で大相撲秋場所が終了し横綱白鵬関が3場所連続31回目の優勝を決めて、千代の富士(現九重親方)に並ぶ史上2位タイの優勝回数を記録しました。大したものです。

今場所では新入幕の逸ノ城関が13勝2敗で殊勲賞と敢闘賞を受賞する大活躍をしました。

13勝のなかには横綱、大関に対して飛んで勝つた問題もありますが全体として強かったのは事実です。
勝ち進むと研究されて苦しい時期も来る(遠藤は3勝12敗)と思いますが乗り切って欲しいものです。

ただ、こういう新しい関取に期待するというのは横綱鶴竜や大関陣、遠藤関が振るわないことの裏返しでもあり、奮起を期待しています。

2014年09月26日

アレルギーのメルマガ(9月)より その2 アレルギー科医師「リレートーク」 第8回

認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんのメールマガジン 第 93 号 の続きです。

認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんの活動には医師の立場から「あいち小児保健医療総合センターアレルギー科」の伊藤浩明先生、漢人直之先生などが協力されておられます。

2月から始まった「リレートーク」は、「あいち小児保健医療総合センターアレルギー科」の先生方が執筆して下さるものです。 

今月は、佐藤 有沙先生です。

みなさま、はじめまして。
 「リレートーク」の8回目を担当させていただきます佐藤と申します。
 今年の春からあいち小児保健医療総合センター、アレルギー科で研修させていただいております。

これまでは一般的な小児科の診療をさせていただいてきました。
そのなかで、食物アレルギーや湿疹などで困っているお母さん方に数多く遭遇しました。
そんなお母さん方にもっと専門的で具体的なアドバイス(食事指導など)ができるようになりたいと思い、専門施設であるあいち小児保健医療総合センターで研修させていただいております。

研修開始からまだ数ヶ月ですが、非常に多くのことを学ばせていただいています。

まだまだ未熟者ですが、少しでも皆さんのお役にたてるよう今後も一生懸命
 励んでいきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、サッカーのアジア大会女子は、9‐0で香港に大勝しました。

2014年09月25日

アレルギーのメルマガ(9月)より その1 「保健文化賞」受賞

認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんのメルマガNo.93号をいただいていたのですが、アジア大会のサッカーなどを話題にしているうちに時間が経ってしまいました。

アジア大会は、男子が今日、パレスチナに4‐0で順当勝ちしたので次回の韓国戦から書きます。

メルマガに戻って
認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんが、第66回 保健文化賞(第一生命保険株式会社主催)を受賞しました。
おめでとうございます。

「保健文化賞」は、健康増進、疾病予防などの保健医療分野、高齢者・障害者の保健福祉分野、少子化対策等の多岐の分野において、顕著な実績を残した団体および個人を表彰することで保健衛生の向上に寄与することを目的に1950年に創設された歴史のある賞で、今年度、国立成育医療研究センター・総長のご推薦があって受賞に至ったようです。

「アレルギー大学」事業など長年のご活躍が評価されたものと思われ、心からお祝い申し上げます。

私どもも認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんの賛助会員になって10年以上経ちますのでうれしい限りです。

2014年09月24日

食後高脂血症


今回の「食後高脂血症」というのは初めて知ったので、久しぶりにNHKためしてガッテンを採り上げました。

血液を遠心分離した上澄み液は血清と呼ばれますが、人によっては食後に測定すると濁ることがあります。
これは中性脂肪が分解されず残っているためです。
健康診断では一般に食事12時間後の測定するので「血液のにごり」が話題になることがないようです。

「食後高脂血症」だと動脈硬化を起こす可能性が高まるとのことなので注意が必要とのことでした。

また、「食後高脂血症」を防ぐには「内臓脂肪を減らす」ことと、「筋肉を増やす」ことで1日30分以上の早足ウォーキングがよいとされていましたが、私にとってはなかなかの難題です。

2014年09月23日

女子サッカー アジア大会 台湾戦

今日、アジア大会の女子サッカー 台湾戦が行われ3‐0の快勝でした。

ボールの支配率も高く安定した試合ができました。
後半から観たので前半の得点シーンは知りませんが、後半39分の川澄選手の絶妙なループシュートには見惚れました。

この前にビデオではゴールラインを割ったようなシーンもあったのですが、認められませんでした。アジア大会のような公式の試合には採用した方がよいように思いました。

日本代表は、アジア大会には若い方を招集しています。
『アジア大会の位置づけは「次代への投資」』と監督が考えているのではないかとの次のような解説もあります。

決勝トーナメントも順調に勝ち上がって欲しいものです。

2014年09月22日

男子サッカー アジア大会 ネパール戦

昨日は、アジア大会の男子サッカー ネパール戦を観ました。4‐0の圧勝でした。

前半は、攻めあぐんでいる感じがあったのですが、33分に野津田選手が豪快なミドルシュートを決めてくれました。

攻撃が単調な感じがあったのですが、後半になってディフェンス陣の裏に抜ける動きが出てきてから得点が増えました。

4点目は、左からの難しいクロスに鈴木選手が足を伸ばして決めました。4点ともかなり技術的に高度なプレーなプレーでした。
こういうプレーが出ていればイラク戦で負けることはなかったのにと残念ですが、相手の地力が違えば思うように行かないということでしょう。一方的に攻めていたので守備陣のボロが出なかった面もあると思います。

決勝トーナメントでは強いチームと当たると思うので是非頑張って欲しいものです。

なお、昨日からアジア大会の競技が本格的に始まり柔道、水泳などで日本選手が大きな成果を上げて頼もしい限りです。種目が多岐にわたるので日記はサッカーだけにしておきます。

2014年09月19日

スコットランド 住民投票

普段、あまり話題にしていないテーマですが、英国の一部が独立をする(英国が分裂する)かも知れないというニュースは私にとって衝撃的なことでしたので敢えて採り上げました。

スコットランドの独立を問う住民投票が行われ反対票(55.3%)が賛成票(44.7%)を上回りました。
一時は賛成票が反対票を上回るとの世論調査もあり、直前の調査でも少差とみられていただけに意外に大きな差でした。

独立を推進してきた方にとっては残念でしょうが世界的な影響を考えるとほっとした感があります。

反対票が上回ったとはいえ半数近くの方が独立もやむなしと考えた訳ですから、その意思が何らかの形で反映されるでしょう。現に首相は自治権の拡大を提唱しているので今回の住民投票がプラスに働くことを期待しています。

2014年09月18日

女子サッカー アジア大会 ヨルダン戦

今夜、アジア大会の女子サッカー ヨルダン戦を観ました。 12‐0の圧勝でした。
親善試合のガーナ戦以上の点差でびっくりしました。

高瀬選手が故障で代わって入ったと思われる菅沢選手がハットトリックの大活躍でした。
阪口選手もハットトリックでしたが、こちらは前のワールドカップで実績のある選手ですから菅沢選手は新戦力として期待されます。

ヨルダンの選手の技術のレベルが特に低いとも見えない中で、これだけの得点を上げた破壊力は大したものです。
ただ、プレスの厳しい中国からは1点も取れなかった訳でそのギャップはどこにあるのかやや不思議です。

強いていれば今回のヨルダン戦では細かいパスを使わず、ロングボールを放り込むという力業を使会ったことが大差を生み出したのかも知れません。

これで予選突破は濃厚となりましたので本戦では是非頑張って欲しいものです。

2014年09月17日

男子サッカー アジア大会 イラク戦

今夜、アジア大会の男子サッカー 対イラク戦があり観ましたが1‐3の完敗でした。

球際の強さ、パスの精度はややイラクの方が上回っていました。
特に大きな差があったのはシュートの精度でした。イラクも日本も決定的なチャンスにミスがでましたが、イラクの方が決める確率が高かったように思います。日本はあと2〜3点とれてもよいくらいの試合展開でした。

日本の失点は、すべてバックスのミスがらみだったのも残念です。
最初はクリアミスで相手へのプレゼントのパスになって鮮やかに決められました。
2点目はボールへの寄せが遅くフリーでクロスを上げさせてしまったためにドンピシャリの位置へ蹴り込まれ難なく流し込まれてしまいました。とは言えこれだけ正確なクロスを上げ、確実に決めるイラクの技術も大したものでした。
3点目は、無用なファールを与えてしまった感があることです。どうしても止めなければ得点を与えてしまいそうな時に反則覚悟でタックルすることはありますが、今回はそこまでの切迫感はなかったように思います。フリーキックそのものは「お見事!」というしかないキックでした。その前のフリーキックでも枠ギリギリのシュートを放っていたのでフリーキックを与えない注意がもっと必要だったかも知れません。
バックス陣のミスやチーム全体の守りの弱さは、日本代表の長い間の課題であるので若い世代に期待していたのですが、今回も課題を残したままでした。

次の試合では心機一転し、クウェート戦のようなハツラツとした姿を見せて欲しいものです。

2014年09月16日

女子サッカー アジア大会 中国戦

昨夜は、アジア大会女子サッカー 中国戦を観ました。
女子は年齢制限がなく 「なでしこジャパン」 がそのまま大会に出ています。

親善試合のガーナ戦では5‐0と快勝したのですが、アジア大会は、中国と0‐0で引き分けに終わりました。
日本経済新聞のスポーツ欄のタイトルは「なでしこ 中国とドロー」「新戦力 ほろ苦デビュー」となっていましたが、まさにその通りでした。

中国のプレスが強かったせいかボールもうまく回らずズルズルと後ろに下げてしまう場面もありました。観ている私たちはもっと積極的にできないかと思いますが、選手たちは相手のプレスの強さを肌で感じているのでしょう。

ただ、そういうことではアジアで勝って、さらにワールドカップを目指すことは難しい訳で、今の壁を是非乗り越えて欲しいものです。

2014年09月15日

男子サッカー アジア大会 クウェート戦

認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんのメルマガもいただいているのですが、アジア大会の男女サッカーが連日のようにあるので、これが終わってからゆっくり書こうと思います。

昨夜は、男子サッカーのクウェート戦があり4-1で快勝しました。
ここのところ日本代表をはじめ代表チームがよい成績を残していないので久しぶりに楽しく観させてもらいました。

前半は、ボールは支配するのですが決め手を欠いていました。終了間際にロングパスを受けた主将の大島選手が巧みなトラップとシュートで1点を先取してくれました。

その後も得点を重ねて終わってみれば4-1でした。ただ、相手とは力の差がある感じでしたのでこれだけで喜べないところがあります。今後の活躍を期待しています。

アジア大会の選手はU‐21(21歳以下)なので4年後のワールドカップのメンバーに入る可能性のある選手ですから今から目を付けておこうと思います。