買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2014年05月30日

会誌「あんだんて」(5月)より その3 住まい2014

先週、NPOアレルギーネットワークさん(今は、ホームページは休止中ですが、ブログは、あります。)からいただいた会誌「あんだんて」 267号(2014年5月)の続きです。

コラム名:住まい2014
執筆者:一級建築士 福田啓次氏
今月のテーマ: “輻射熱暖房の実験結果をお知らせします”
     
このコラムは、長年にわたり連載されているものですが、今回は、特に興味あるテーマだったので引用させていただきました。

最初の部分は、全文引用しました。
『去年12月号で「輻射熱暖房をお勧めします」として、筆者の事務所でこの冬に小さな輻射暖房を使っての体感実験をして、春になったらその報告をしますとお約束をしました。ちょっと遅くなりましたがその報告です。実験結果としては「900Wの赤外線暖房器一台でなんとかこの冬を乗り切りました」ですが、さすがに15坪の広さの事務所で、赤外線暖房器一台では無理があり、輻射熱暖房の良さを生かしながらも、広さに適した暖房方法が必要という、当たり前の結果となりました。しかし、この体感実験からおもしろいこともわかりました。』

次は、結果の要旨です。
1 小さなオイルヒーターと赤外線ヒーターでは無理でした。
2 壁一面の書籍・書類ファイルなどの紙類を蓄熱層として
  期待したのですが、あまり効果はありませんでした。
3 ヒーターを使う暖房機器は、エアコンに比べて熱変換効率が
  悪いため、電気代は相当高くなるだろうと覚悟をしていましたが、
  前年の半分でした。部分的な暖房であったためと思われます。
4 輻射熱暖房は、直接人体に輻射熱を当てるので重ね着が
  有効でした。
5 乾燥が進まないメリットはありました。

この実験結果では画期的な情報は得られませんでしたが、福田さんはかねてより白壁土蔵造りのECO効果の研究などユニークな考え方と情報を提供してくださり興味深く拝見してきました。今後もコラムを楽しみにしています。

2014年05月29日

会誌「あんだんて」(4月)より その2 あんだんての軌跡 第2回

先週、NPOアレルギーネットワークさん(今は、ホームページは休止中ですが、ブログは、あります。)からいただいた会誌「あんだんて」 267号(2014年5月)の続きです。

先月号から新しいコラムがスタートしました。
会誌「あんだんて」が発刊してから20年経過し電子化されたのを機会にNPOアレルギーネットワークさんの創始者の一人で副理事長である伊藤浩明先生が執筆されるものです。

12年前から同ネットワークさんに参加している私どもにとっては創生期の話は興味津々です。

コラム名:あんだんて25年の軌跡
執筆者:副理事長 伊藤浩明先生
今月のテーマ: “ダニアレルギー事業”
     
アレルギーネットワークの前身は、「ダニ懇談会」でしたが、その当時のことからコラムがスタートしています。

最初の部分を引用させていただくと
『アレルギーネットワークの前身である「ダニ懇談会」の当面の目標は、アレルゲンであるチリダニについて、室内環境の調査と対策を名古屋市の保健所と防疫センター(現:生活衛生センター)の事業とすることにありました。それまではダニの被害はもっぱらツメダニ咬傷によるかゆみの問題とされていたものを、アレルギー対策という新たな課題に挑戦したものです。

(途中略)当時の大阪府立公衆衛生研究所の吉田政弘先生から技術指導を受けて、ハウスダスト中のチリダニ(ヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニ)数を測定する技術を確立し環境整備の指導によるダニ数の低減化を検証するものでした。さらに、環境整備を乳児期から継続的に実施することで、アレルギーや喘息の発症予防を追跡調査する事業が開始されていたのです。』

このように測定法を確立するとともに「畳の中に生息するダニを一気に退治するための「高周波畳乾燥機」を防疫センターに導入してダニの駆除にも乗り出しました。

詳しくは、会誌「あんだんて」をご覧ください。アレルギーネットワークさんの会員になればトップページだけでなく全文を読むことができます。

2014年05月28日

職場同期会

今週、サラリーマン時代の前半を過ごした総合化学会社(元東証一部上場:現在は大手化学会社に吸収されている)の同期会(同じ年に入社した者などの会)に参加しました。

同じ年に入社した者の約3分の1が出席しました。会社の事業が低迷したため入社した者の約5分に1しかその会社に残らなかったことを考慮すると大変な数です。

私はサラリーマン時代の前半だけ同社の中央研究所に勤務した後、精密化学品会社(東証2部上場)に移り役員定年まで過ごしました。

他社に移った者が多いのにこれだけ集まるというのはそれだけ在籍時代に居心地がよかったことと、他社に移ったからこそ心のよりどころにした面もあります。

私もその両方であったと思います。二つの会社間で業務上の取引を含めた交流があったことも幸いしています。

いずれにせよ懐かしいメンバーと会えて楽しいひと時でした。ここに集まれるというのはそれだけの健康にも恵まれている訳で有難いことです。来年も開くことを確認してお開きとしました。

2014年05月27日

キリンチャレンジカップ キプロス戦

ワールドカップ日本代表の壮行試合であるキリンチャレンジカップ キプロス戦が今夜埼玉スタジアムで行われ日本が1-0で辛勝しました。

前半の30分くらいまでは一進一退でした。30分過ぎから日本らしい攻撃もでき43分にゴール前の混戦からDFの内田選手が貴重な1点を取ってくれました。

合宿のハードトレーニングで選手が疲れていたとは言え全体に動きが鈍く本田選手はミスを連発していました。シュートも迫力のなく香川選手もまたしかりでした。

後半になって長谷部選手、大久保選手が入ってから少し活性化された感じで日本らしい攻撃もできましたが得点には至りませんでした。

ザッケローニ監督はトップ下は本田選手の指定席として復調を待っているようですが、いつその時が来るのか?を期待するとともに、来なかった時には大久保選手が救世主としてが台頭することもあり得ることだと思っています。

2014年05月26日

なでしこジャパン 女子アジアカップ初優勝

昨日、ホーチミン市で行われたサッカー女子アジア杯でオーストラリアを1-0で破って初優勝しました。

試合開始直後は、DF陣のつまらないミスが連蔵して起こりどうなるかと思ったのですが、15分くらいから落ち着きほっとしました。

それでも圧倒的に押しているわけではなく一進一退でやや押し気味程度でした。全体としては最初にミスがあったDF陣が頑張りことなきを得た感じでした。

今日もコーナーキックの流れの中から石清水選手がヘディングシュートを決めてくれ、これが決勝点となりました。数少ないヘディングのチャンスを確実に決めてくれる頼もしい存在です。男子にもこういう選手が欲しいものです。

選手交代も最後まで攻撃的な選手を使って迫力あるものでした。終盤になって菅澤選手が強烈なシュートを放ったのですが、クロスバーに当たってしまいました。これば入っていれば佐々木監督の采配がぴたりと当たったことになり本人も気をよくしたことでしょう。かえすがえすも残念でした。

2014年05月23日

なでしこジャパン 中国戦

サッカー 女子アジア杯は、予選リーグの1試合しか観ることができなかったので決勝トーナメントに期待していました。

今日の中国戦は、過去の試合で1-0で勝っているケースが多いので緊迫したゲームを予想していましたが、まさにその通りでした。

一進一退でしたが、コーナーキックから澤選手が見事なヘディングシュートを決めてくれました。ワールドカップのアメリカ戦を彷彿させるものでした。

しかし、PA内で中島選手がハンドの反則を取られてPKとなり振り出しに戻ってしまいました。

中国は負けていた時は攻め急いだ感があったのですが、同点になってからはパスもつながって伸び伸びとプレーしていました。無理に攻め込まず引き分け・PK戦を狙っていたのでしょう。長身のGKに自信を持っていたと思われます。

全体として厳しい状況に置かれていたのですが、終了寸前にCKから石清水選手がヘディングシュートを決めてくれました。相手のマークを外した見事なものでした。どんな時でも諦めないない気持ちが実を結んだものです。欣喜雀躍しました。

その前に菅澤選手のシュートを弾き出した中国のGKが一寸傷みました。そのために守りのポジショニングの指示が不十分だったのかも知れません。
そのわずかなミスを見逃さず正確なボールを送った宮間選手のキック力は世界で最高レベルといわれるだけのことはありました。

男子サッカーではアディッショナルタイムにコーナーキックから失点してワールドカップ出場を逃した“ドーハの悲劇”が語りつがれています。
中国は、ワールドカップの出場権は得ていますが、女子アジア杯は何度も優勝しており決勝進出は至上命題だったと思われるので同じような思いをしていることでしょう。

日本は、過去に準優勝4回ですが、優勝したことはありません。なでしこジャパンには是非初優勝をしてもらいたいものです。

この試合の佐々木監督のコメントは、こちらです。

2014年05月22日

無国籍

昨夜のNHKためしてガッテンあの10円卵で健康美肌! うずら 幸せワンダーランドは、健康面ではたいした内容ではありませんでした。

それよりもクローズアップ現代戸籍のない子どもたち が衝撃的であったので採り上げました。

解説にあるようなやむを得ない状況のなかで「無国籍」状態になり、その生活は極めて厳しいものでした。免許も取れなければ海外旅行など考えられない世界でした。今後、よい解決法が生まれることを願うばかりです。 

解説は、次の通りです。
『毎年、日本では「無戸籍」となる人が少なくとも500人以上いる。学校に一度も通ったことのない人や、無戸籍のまま30年以上生きてきた人もいることがNHKの取材で明らかになった。背景には、DVや離婚の増加がある。夫の暴力から逃げ出し、居場所を知られるのを恐れて離婚もできずに歳月が経ち、新たなパートナーとの間に子供が生まれた場合、法律上は「夫の子」と推定され、「夫の戸籍」に入る。そのため、母親が出生届けを出せず、子どもが無戸籍になってしまうのだ。実の父親の戸籍に入れるには裁判所での手続きが必要だが、前夫が関与することを恐れて、断念する人が多い。法律ができたのは明治時代。DV、離婚、そしてDNA鑑定など、家族を取り巻く環境が大きく変わる今、無戸籍の子どもをどうしたら救えるのか考える。 』

2014年05月21日

会誌「あんだんて」(5月)より その3 日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会

先週いただいた、NPOアレルギーネットワークさん(今は、ホームページは休止中ですが、ブログは、あります。)の会誌「あんだんて」 の続きです。

2013年4月からNPOアレルギーネットワークさんにご協力いただいている先生方が担当される「診察室のメモパッド」というコラムが始まりました。

今回は、アレルギーネットワーク 副理事長 伊藤浩明先生です。

テーマは、“日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会” 

伊藤先生は、あいち小児保健医療総合センター 内科医長で、日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会の会長でもあります。アレルギーネットワーク創設の時代からご協力いただき、現在は副理事長を務めておられます。
このご縁で今回の会誌では「日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会」のご案内を「診療室のメモパッド」に載せていただきました。

日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会
主なプログラム

6月28日(土)09:30〜10:00
第1会場(2F会議室224)
「会長講演
社会の中のアレルギー疾患」
座長:鳥居新平,演者:伊藤浩明

6月29日(日)09:00〜11:00
第1会場(2F会議室224)
「ワークショップ5
アレルギーから見た暮らしの科学」
座長:坂本龍雄,演者:福田啓次他5名
10:00〜16:00
企画展示(1F展示室211B)
「アレルギーに優しい住まい」他6ブース
そのほか詳しくは、こちらです。
http://www.31nanchi.jp/

なお、弊社「あんだんて」は、この学会の協賛広告に協力しております。

2014年05月20日

会誌「あんだんて」(5月)より その1 今年度活動計画

先週、NPOアレルギーネットワークさん(今は、ホームページは休止中ですが、ブログは、あります。)の会誌「あんだんて」 267号(2014年5月)をいただきました。

この会誌は、NPO法人アレルギーネットワークさんを知る契機となったもので大切にしています。

今年度の活動計画として事業実施の方針が示されました。
1 事業実施の方針
@  アレルギ−に関する科学的知識の普及啓発事業
    ・会誌「あんだんて」の発行
    ・講演会の開催
A  電話などによるアレルギー相談事業と患者交流事業
     アレルギーの子を持つ親の子育て相談、アレルギー治療
     に関わる医療、衣、食、住の相談、成人アトピーの治療と
     心の悩みの電話・メール等の相談を行う。
B  団体との協力・協同・支援
      「消費者大会実行委員会」の取り組みに参加、行政と
      相互理解を深める懇談をすすめる。

この他に3項目が挙げられていますが、条件が整い次第実施とされているので省略しました。

2014年05月19日

サッカー 日本代表選手発表

ワーカーワールドカップに臨む日本代表選手の発表が5月12日にありました。
心待ちにしていたのですが、外出先で知りました。

ほぼ自分の予想どうりでしたが、大久保選手は最近の試合に呼ばれていなかっただけによく滑り込んだものです。Jリーグでの活躍が評価されたのでしょう。同じく斎藤の同様な感じです。乾選手がここのところ冴えないのでチャンスが回ってきたものと思います。

やや残念であり意外だったのはDF陣が海外組主体だったことです。個人的には塩谷選手に期待していたのですが、攻撃力をDF陣に期待しなくてもFW陣、MF陣でやっていけると考えられたのでしょう。順当といえば順当です。

ザッケローニ監督の人選に色々ケチをつける方が多いのですが、私は極めてオーソドックスなものだったと感じています。

2014年05月16日

今週はお休みします

今週は、出かけておりましたのでお休みしました。
23:07 | その他

2014年05月15日

今週はお休みします

今週は、出かけておりましたのでお休みしました。
22:31 | その他