買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2013年12月31日

日経 私の履歴書から

今月の日経新聞「私の履歴書」はマーケッティング学者のフィリップ・コトラー氏で、今日で終了しました。

最初は、マーケッティング学者が何故選ばれたのか疑問でしたが、終わってみるとマーケッティングの概念のスケールの大きさに圧倒されました。


マーケッティングを3つのステップに分け、1.0は製品主義の時代、2.0は顧客主義の時代、3.0は世界を大切に思う気持ちを持つ時代と定義しておられます。


この「世界を大切に思う気持ち」を具体化すべく活動しておられる様子が例えば一昨日の記事に現われていました。

『一方、マーケッティングはどうだったのか。人間の欲望には際限がなく、それに加担した。健康を害するモノや地球環境に負荷を与えることなどを考慮せず売り続けた時代もある。そうした反省を踏まえマーケッティングに新たなP(ピープル=人、プラネット=惑星)を意識し、社会をよい方向に変革させるためにソーシャルマーケッティング、NPOマーケッティングなどを提唱してきた。』


NPOアレルギーネットワークさんから会誌「あんだんて」をいただいているのですが、区切りのよい来年からにしたいと思います。

2013年12月30日

あんだんてトピックス 10-10 検索順位

SEO対策として検索順位は高い方が望ましいとは思いますが、一般には費用がかかるといわれていますので特に外部には委託していません。


その割には今年も比較的よい位置に出てきます。
「シャンプー」で検索するとは60番台前後で推移しました。昨日、今日は、たまたまでしょうが、40番台でした。


最近は、項目数は表示されませんが、昨年12月の「シャンプー」の項目数は、約53,500,000件でしたから上位60番前後というのは大変なことではあります。


実際に「シャンプー」で検索する人は少ないと思いますので、これだけで読者が増えるとは思えませんが、検索順位が高いことは内容をご評価いただいた結果とも考えられますので有難いことです。
今後もコンテンツの充実に努めたいと思います。


なお、アミノ酸などの項目別検索順位は、次の通りです。
        Geogle  Yahoo  bing
アミノ酸    29     29   圏外   
アトピー    13     13    6
低刺激     32     32    5
敏感肌     26     26    30
自然       9      9      1

2013年12月27日

あんだんてトピックス10-9 商標登録

あんだんてテーマソング(CMソング)を制作したことを書きましたが、その1つのタイトルが「天使のあわふわシャンプー」です。


これは作詞・作曲された“ぴのん”さんが命名されたものです。アトピーで困っておられたので使用したときのインスピレーションからこの詞が出てきたとのことです。


泡立ちのよさは渋谷FMでの野口先生とのお話でも話題になりました。


“ぴのん”さんが、泡立ちのよさを「あわふあわ」と表現されることに若い感性を感じます。なかなか魅力的な表現です。


そこで「あわふわシャンプー」をあんだんてシャンプーのニックネームにしようと考えています。

他の方に真似されないように念のため第3区分 石けん類、化粧品で商標登録を申請したところ認められました。

特許庁の特許電子図書館の商標のところで「あわふわ」で検索すると出てきます。登録5629499

2013年12月26日

あんだんてトピックス10-8 あんだんてテーマソング(CMソング)制作

あんだんてのテーマソング(CMソング)を制作しホームページにアップしました。
「天使のくれたあわふわシャンプー」と「あんしん、あんしん、あんだんて」をクリックすると聴いていいただけます。

CMソングの制作には一般的には多額の費用がかかり、あんだんてのような小企業ではとても無理な話なのですが、いつも参加している青木塾という異業種交流を兼ねたビジネス塾でボイストレーナーの野口千代子先生と双子の童謡歌手“ぴのん”さんと出会ったのがご縁で話が進みました。


野口先生、“ぴのん”さんともにアトピーでご苦労されており、あんだんてがお役に立てたことから喜んでいただきボランティア的にご協力いただいたものです。夫婦でやっているような会社としては夢のような話で感謝しています。


このあたりの経過については青木塾発行の「青木塾プレス」に「あんだんてテーマソングのできるまで」というタイトルで載せています。
お目通しいただければ幸いです。andante_theme_song.gif





2013年12月25日

あんだんてトピックス 10-7 ラジオ日本 番組提供

ラジオ日本の深夜番組「スターりーミッドナイトトリップ」で、あんだんてとして応援している双子の童謡歌手の“ぴのん”さんがパーソナリティを務めさせてもらいました。
月2回×3ヶ月(2013年7月、8月、9月)の放送でした。
“ぴのん”さんを指導して下さっているボイストレーナーの野口千代子先生も参加してサポートして下さいました。


番組の内容としては、童謡まめ知識、見てきた美術館など、朗読、最近読んだ本などに加えて野口先生のお話、“ぴのん”さんの歌が3〜4曲などです。放送期間は、30分です。


この番組のスポンサー3社のうちの1社として、あんだんても加えていただきました。


このなかで、あんだんてのCMソング「あんしん、あんしん、あんだんて」が流されました。


あんだんてのテーマソング(CMソング)としては、“ぴのん”さん作詞・作曲、野口千代子先生編曲による「天使のあわふわシャンプー」ができていたのですが、この番組で流すには長過ぎるとのことで「あんしん、あんしん、あんだんて」を同じメンバーで改めて制作したものです。

あんだんてのテーマソング「天使のあわふわシャンプー」「あんしん、あんしん、あんだんて」は、あんだんてのホームページの左下できけるようになっています。お聴きいただければ幸いです。

なお、あんだんてテーマソングのできるまでの経過については、明日詳しく書きたいと思います。

2013年12月24日

あんだんてトピックス 10-6 ホームページ 140万hit

あんだんてシャンプーのホームページのトップページのhit数が2013年7月末に140万hitに達しました。


数年前の最盛期の一日700hit前後(700ページ)には及びませんが今でも一日300hit弱の方が見てくださいます。有難うございます。


インターネットには情報が溢れていますが、あんだんてでは化粧品技術者(筆者は日本化粧品技術者会正会員)、および化学技術者(筆者は技術士(化学部門))の一人として正しい情報(その分野の専門家の中庸を得た情報)を提供するように努めています。

また、アトピー性皮膚炎についてもオーソドックスな考え方を持っておられる先生方の本を紹介しています。
さらに2013年12月19日の日記に書いたようにアレルギーネットワークさんとの交流を通して勉強したものを反映しています。


そのことをご評価いただいて多くの方がご訪問いただいているとすればうれしい限りです。

2013年12月23日

あんだんてトピックス 10-5 アレルギー支援ネットワーク 栗木理事

2013年5月9日の日記に書いたように認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんの理事 栗木成治さんが亡くなられました。


栗木さんを知ったのは、現在の認定NPO法人アレルギー支援ネットワークhttp://blog.andantelife.co.jp/article/362472175.htmlさんが、NPO法人アレルギーネットワーク(今は、ホームページはない)の生活情報部としてご活躍のころです。


NPO法人アレルギーネットワークさんが発行している会誌「あんだんて」の記事に対して質問したのがきっかけです。
私は、化学会社に長くいましたので界面活性剤に関しての記述について疑問を投げかけました。その時に丁寧にご対応いただいたのが栗木成治さんでした。


これ以来交流が進み結果として「あんだんてシャンプー」が共同購入品に採用されました。
その後は、アレルギーの会全国交流会にアレルギー支援ネットワークさんのブースに入れていただく形で参加してきました。


さらに2013年12月19日の日記に書いたように認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんの一昨年3月の「第6期アレルギー大学開講記念講演&アレルギっ子のフェア」に参加させていただくとともに「肌に優しいシャンプーの選び方」という題で話をさせていただきました。


この講演は、動画として公表することをお認めいただき昨年7月に「講演会ビデオ」としてアップしました。


これらの一連の活動は、栗木成治理事のお力添えなくしては実現できなかったと思います。心から感謝申し上げるとともにご冥福をお祈りします。


 

2013年12月20日

あんだんてトピックス 10-4 シャンプー発売12周年

あんだんてシャンプーの開発経過から今日までを紹介した「あんだんての生い立ち」に書きましたように今年(2013年:平成25年)の4月で「あんだんてシャンプー発売12周年」となりました。


アトピー性皮膚炎の方などに喜んでいただこうとの趣旨で開発し2001年から発売開始したものです。根っからの化学技術者で販売ルートなど全くなく「身の回りの方に口コミで伝わればよい」程度で始めてしまったものが皆様に支えられてここまできました。感謝の気持ちで一杯です。


発売前1年以上にわたって開発を行いました。上記のように「アトピー性皮膚炎の方などに喜んでいただこうとの趣旨」で着手したのですが、サラリーマン時代は化学技術者と過ごしていたので一から勉強し直しました。


その結果、アミノ酸(タンパク質)、糖類、脂肪酸エステルなどには安全性の高いものが多いことが分かりました。これらは私達の体に関係の深い成分(体の構成成分であり、食料でもある)です。

そうであれば、アミノ酸(タンパク質)、糖類、脂肪酸エステルからなるシャンプー素材を使用すれば低刺激性、低アレルギー性のシャンプーができるはずだと考えました。→あんだんての発想

科学的に証明しろといわれても言われても難しいので“1つの仮説”に過ぎませんが、発売12年を経てお客様のご評価を伺うと正しかったのではないかと考えています。

2013年12月19日

あんだんてトピックス 10-3 アレルギーネットワーク賛助会員更新

所属する各アレルギーネットワークさんの新年度は4月からなので従来通り4団体の賛助会員として参加させていただきました。


会誌、メルマガ、定期的冊子、本、冊子、講演会などを通して勉強させていただいています。
会の活動状況はじめ先生がたの解説記事、会員さんの生の声などに接することができるのが魅力です。
この日記でも時々引用させていただいています。


★NPOアレルギーネットワークさん、★認定NPOアレルギー支援ネットワークさん、★認定NPOアトピッコ地球の子ネットワークさん、★アレルギーの会全国連絡会さんの4団体です。


★NPOアレルギーネットワークさん(今は、ホームページはない)との交流が最も古く、こちらの会誌「あんだんて」と私共の社名「あんだんて」が同じであったことがご縁で交流が始まりました。会誌「あんだんて」は日記で紹介させていただだいています。


認定NPOアレルギー支援ネットワークさんは、最も緊密に交流をさせていただいて一昨年3月の「第6期アレルギー大学開講記念講演&アレルギっ子のフェア」に参加させていただくとともに「肌に優しいシャンプーの選び方」という題で話をさせていただきました。
この講演は、動画として公表することをお認めいただき昨年7月に「講演会ビデオ」としてアップしました。

毎月のメルマガも紹介させていただいています。


認定NPOアトピッコ地球の子ネットワークさんとは昨日の日記に書いたように講演会、イベントがあれば、ほとんど出席しています。らでぃっしゅぼーや さんのアトピーエイド(アレルギー対応商品)の勉強会などにも協力しておられるのでお会いする機会が多々あります。


アレルギーの会全国連絡会さんの賛助会員になってから10年近くなります。今年は、全国交流会が開催されなかったのが残念です。開催された場合は協賛広告で協力させていただいていました。

2013年12月18日

あんだんてトピックス 10-2 アトピック地球の子ネットワーク講演会出席

認定NPO法人アトピッ子地球の子ネットワークさんのアトピッ子地球の子ネットワーク設立20周年記念講演会 2月10日(日)10:30〜/ワンネスGAホール(東京・田端)に出席しました。


20周年記念講演会ということで、らでぃっしゅぼーや さんのアトピーエイド(アレルギー対応商品)ご担当の方(*)など顔なじみの方とお会いできました。


講演案内の[口上」から一部を引用させていただくと
『当初は、「暮らし」や「20周年を振り返る」をテーマにした、アトピッ子地球の子ネットワーク赤城智美の講演を企画していました。しかし、1月8日の調布市教育委員会の学校給食・食物アレルギー事故の記者発表以降、事故の具体的な姿が少しずつ明らかになるにつれ、どうしても皆様に、1.できごとの詳細 2.問題の整理 3.私たちからのメッセージをお伝えしたいと考えるに至り、講演テーマを「暮らしの中の危機管理―調布市学校給食・食物アレルギ―事故を事例に―」に変更しました。』


ということで事故の詳細について話して下さいました。
聴いていて感じたことは、「誰の責任」とか、型どおりの「再発防止策」とかではなく、「こういうことが起こる背景について共に考えるましょう。」というものでした。
講演者の心の温かさが伝わってきて感激しました。


安全関係ではアメリカでは免責があると聞いたことがあります。責任を問うよりも真実を語ってもらうことにより次の対策に繋げていこうとするものです。
このことが思わず頭に浮かんでくるような講演でした。

(*)アトピーエイド商品発展のためにご尽力下さった方で、今年の秋に らでぃっしゅぼーや さんの生産者の会であるRadixの会の事務局長さんにご栄転されました。お世話になった私共にとってもうれしい話でした。

2013年12月17日

あんだんてトピックス 10-1 アレルギっ子フェア参加

早いもので12月も後半に入り、あんだんてトピックスを書く時期になりました。
今年1年を振り返って話題になることをまとめてみたものです。
一番話題性のあるのは、あんだんてのテーマソング(CMソング)ができたことかも知れません。
以下、発生月順に書いて行きます。


認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさん主催の第8期アレルギー大学開講記念講演&アレルギっ子のフェアが2月2日(土)、3日(日)に名古屋国際センターで開催され夫婦で参加しました。


出展もしたのですが、アレルギー支援ネットワークさんのブースに入れていただいたので講演を聞くこともでき充実したときを過ごせました。


詳しくは、2013年2月4日2月5日2月12日の日記に書きました。

2013年12月16日

アトピッ子ニュースレター

認定NPO法人アトピッ子地球の子ネットワークさんから「アトピッ子ニュースレター」をいただきました。


2012年度に実施した「東京都の学校給食におけるアレルギー対応」の調査結果が載っていました。

・食物アレルギー対応
 小学校:対応を行っているのが98.0% 対象者なし1.8%
 中学校:対応を行っているのが83.0% 対象者なし8.6%


・対応内容
 除去食:85.8%
 代替食:38.9%
 飲用牛乳のみの除去:51.8%
 使用食材の説明:63.2%
 その他(弁当、自分で取り除く等):14.5%


この結果をどう評価するかのコメントはありませんでした。


なお、このニュースレターには「学校給食全般についての調査資料」 (全国規模と思われる)がありましたが、古いデータなので引用はしませんでした。


ニュースレターとともに寄付や会費の要請がありました。あんだんては賛助会員・団体として協力しています。