買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2013年10月31日

ほくろ

昨夜のNHKためしてガッテンは、ここ!がんホクロ境目 見分け秘技&美容術!でした。


私もホクロがあるので興味を持って観ました。

ホクロは、がん化することもあるといわれてきたように思うのですが、今回の放送によればホクロが、がん化することは、ないとのことで安心しました。


この番組の説明によれば、次の通り
ホクロ:母斑細胞という細胞が何らかの理由で増殖した良性の腫瘍。
がん:メラノサイトと呼ばれるメラニン色素を作る細胞が異常増殖することで起こる。


ホクロと「がん」の見分け方
ホクロ:黒い点の形や構造に対称性があればホクロ
がん:色ムラやデコボコがあったり、成人を過ぎてからできたものが大きくなったりしたもの


ホクロの治療
「切り取り」法と「レーザー」法がありますが、再発率は30%とのこと。


目立たなくする法
赤や黄色などの目を引く効果のある色(誘目色)を、ネクタイや口紅、スカーフ、眼鏡などに取り入れることでホクロを目立たなくする方法も紹介されていました。

2013年10月30日

健康セミナー

昨夜は、所属する横浜南法人会主催の健康セミナーに夫婦で行ってきました。


講演
演題:『これからのメタボ・糖尿病対策 糖質制限食』


講師:北里大学北里研究所病院 糖尿病センター センター長 山田 悟 先生


国連で撲滅に取り組んでいるのは 1 結核 2 エイズ 3 糖尿病です。
感染症でもない「糖尿病」が取り上げられるというのは、それだけ緊急性と問題の重大性があるとのことです。


山田先生が特に強調しておられたのは、糖質制限で1食40gとすることで脂質および総カロリーのはあまりこだわらないという考え方です。日本では主流の考えとは言えないかも知れませんが米国では最先端を行っているようです。


米国と日本では体質的な差があるのではないかとの疑問も出されていますが、日本でも同様な傾向が認められつつあるようです。

2013年10月29日

サッカー U-17 スウェーデン戦

FIFA U-17ワールドカップ 決勝トーナメントで日本は、スウェーデンに1-2で破れました。
ボールのポゼッション率は、85%以上で高かったのですが、鮮やかなカウンター攻撃を受けて失点しまったものです。いくらポゼッション率が高くても得点できないでいるとカウンターから失点しまう典型でした。


吉武監督は、次のように総括しています。
U17吉武監督悔やむ「平常心失った」

決勝トーナメントでは負けてしまいましたが予選では、
・登録選手21人を全員を使う
・所属チームでのポジション以外でも使う
・試合中に他のポジションを一時的に経験させる

などユニークな選手起用をしています。
それぞれのポジションを経験させることで「今、何をすべき」を考える習慣を付けさせているようです。
若い世代の育成法として大変興味深いものがあります。


吉武監督がいろいろいろな場面で述べていることも興味を惹かれます。私は結構はまっています。

快進撃を続けるU−17日本代表の吉武監督が語る、日本と世界の「蹴る」技術の差とは!?

「シュートが下手」なU−17日本代表、吉武ラボで“決定力”育成へ

2013年10月28日

日本シリーズ

日本シリーズの第2戦は、2−1で楽天ゴールデンイーグルスが勝ち1勝1敗としました。
日本シリーズは、毎年あまり気にかけていなかったのですが、2013年10月21日の日記 野球 楽天イーグルス 日本シリーズ出場決定に書いたように逆境のチームが這い上がってくると判官びいきから俄然興味が湧いてきました。


第1戦は、さすがに巨人の底力は違うなと感心はしましたが、楽天が負けて残念でした。


第2戦も負けてしまうとズルズルと行ってしまいそうな雰囲気もあったので、楽天に流れ引き戻した田中の力投は、見事でした。


2試合とも緊迫感のあるよい試合でした。(運不運が明暗を分けた感がありますが) 今後の試合を楽しみにしています。

2013年10月25日

登録商標

あんだんてでは、ロゴが既に登録商標として登録済です。
第3類 せっけん類、化粧品で取得しています。ロゴは当然として「あんだんて」という言葉も保護されています。カタカナ、英語などの外国文字もすべて対象となります。


2013年08月07日および2013年08月08日の日記 あんだんてテーマソングができるまでその2 に書いたように、あんだんてテーマソングをボイストレーナー野口千代子先生のプロディース、童謡歌手ぴのんさんの作詞・作曲で作成しました。


そのタイトルである「天使のくれたあわふわシャンプー」は、あんだんてシャンプーの特長をよく表わしています。ここに出てくる「あわふわ」をもっとニックネームなどとして活用したいと思い登録商標として申請していました。

このほど査定が通りましたので登録料を納付し登録商標として確定しました。今後は、有効に活用して行こうと思います。役務区分は、ロゴ同様第3類 せっけん類、化粧品です。この範囲で独占的に使用できます。

2013年10月24日

脳の若返り法

昨夜のNHKためしてガッテンは、脳若返り!魔法の呪文 記憶力で東大生に勝つ でした。


高齢者の記憶力低下は、ただの“思い込み”!?とのことです。
「記憶力テスト」といわず、「心理学テスト」というだけで若者と同等の結果が得られました。


歳をとっても「覚える力」は衰えないのですが、「思い出す力」が衰えます。この思い出す力をつけるには、海馬の中に多くある「場所細胞」を鍛えるのが効果的とのことでした。


具体的には、『自分がよく知っているルート上の場所と覚えたいモノを関連づけて覚えれば、その場所を頭の中でたどるだけで自動的に思い出すことができる。』という解説でした。


なお、有酸素運動も海馬を鍛えることができるというのも参考になりました。

2013年10月23日

会誌「あんだんて」から その2 エピペンを持つということ

NPOアレルギーネットワーク(今は、ホームページは休止中ですが、ブログは、あります。)さんから会誌「あんだんて」をいただきましたのでその続きです。
4月から、あいち小児保険医療センター 伊藤浩明先生によるコラム「アナフィラキシーと向き合う暮らしと社会」が始まりました。


今回は、その6回目でテーマは、“エピペンを持つということ” です。


一部を引用させていただくと
『エピペンを処方する患者さんには、定期的に開催する講習会を必ず受講して頂いていました。
その中では、アレルギー症状の見方や使用するべき症状の見分け方、実際の使い方など、医師と薬剤師で1時間以上の時間をかけて説明し、実際にトレーナーを使って練習し、期限切れのエピペンを使って実物の動きを見てもらうことを行っていました。私たちとしては、かなりしっかりした指導を行った上で処方していたつもりだったのです。』


1年後にアンケートを行ったところ自信がなかたり練習をしたことがない方が多かったので抜き打ち検査をしたら、少なからぬ割合のお母さまが、エピペンの使い方を全く「覚えていない」というのが現実でした。


エピペンは、お守りではありません。いざという時に、自分の手でお子さまを守るという覚悟をもって、エピペンの処方を受けていただきたいと思っています。


エピペンを持っている方は、次の3つを時々確認しましょう。
1.エピペンを使うべき場面を思い描いてみること
2.トレーナーを取りだして、注射する動作を試してみること
3.実物のエピペンで期限が切れる時期を確認して、
  受診日を考えること

2013年10月22日

会誌「あんだんて」より その1 “経口免疫療法”

NPOアレルギーネットワーク(今は、ホームページは休止中ですが、ブログは、あります。)さんから会誌「あんだんて」をメールに添付してでいただきました。


この会誌は、NPOアレルギーネットワークさんを知る契機となったもので大切にしています。


4月からNPOアレルギーネットワークさんにご協力いただいている先生方が担当される「診察室のメモパッド」が始まりました。


今回のご担当は、こまさんこどもクリニック 院長 大澤正彦先生です。 


大澤正彦先生は、会誌「あんだんて」で「こどもアレルギーQ&A」というコラムをご担当いただきました。私も毎回楽しみにし引用させていただ
きました。


今回のテーマは、“経口免疫療法”


幼稚園での「いじめ」への対応策を、食物アレルギーでメジャーな治療法になってきた「経口免疫療法」と対比させながら話を進めておられます。

最後に
『食物アレルギーは、「注意して除去食を続ける」という選択肢がありますし、あえてリスクを冒して「経口免疫療法」を選ばなくてもよいかもしれません。ケースバイケースです。
しかし、いじめのようなマイナスの人間関係は、必ず存在すると思いますし、ある程度の免疫をつけておかねばならないことなのではないかと思うのです。』


根底には、
『小児科医としては、「いじめをなくすことも大切かもしれないが、いじめに打ち勝つようにするためにはどうしたらよいかを考える方が大切ではないか」』というお考えがあるようです。


ただ、大変微妙な問題なので部分的引用では、先生の意を十分に反映できない可能性もあるのでご興味のある方は、是非本文を読んでいただきたいと思います。

2013年10月21日

野球 楽天イーグルス 日本シリーズ出場決定

今夜のクライマックスシリーズ 楽天-ロッテ戦は逆転また逆転で結局楽天が競り勝ちました。


2013年9月27日の日記に書いたリーグ優勝のような感激はありませんが、無事日本シリーズに進出してくれ安心しました。

判官びいきな者にとっては人材豊富な巨人へのチャレンジは、楽しみです。楽天も現状は投打ともに充実しているので十分可能性はあるように思います。


今日の楽天-ロッテ戦は、楽天のよいところが目立ちましたが、ロッテもG.G.佐藤が逆転のスリーランホームランを打つなど見せ場を作ってくれました。

パCS最終ステージ第4戦 ロッテの35歳G.G.佐藤は「恩返し弾」を放てるか

2013年10月18日

青木塾から その2 クレーマーの増加 

青木塾ではメインの講演の前に塾長による「受けうり、聞きかじりコーナー」があります。塾長は小型ギアポンプ、逆止弁などを扱う技術屋さんですが、例会の話題提供として調べてこられたものを紹介してくださるものです。質問は受付ませんので時間も厳守できます。私は例会出席の楽しみの一つとしています。


今回は、“クレーマーの増加”です。


・苦情発生の理由
 いい加減な対応(34.2%) 態度が悪い(24.1%)は、
 間違いがあった時(22.0%)を上回っていた。
 ⇒モノが行きわたるようになった時代において、
  顧客はモノだけでは満足しなくなる。
 サービスの質や接客態度にも満足感を
  求めるようになった。


クレーマーを分類すると@常識欠落型 A黄門様型 Bお説教型 C異常粘着型 D怒鳴り型 E入れ知恵型 F弱者いじめ型 G知能型などに分類できるようです。


しかし、1984年、米国の統計学者・ジョン・グッドマンによる2513件の調査データによると『そもそもクレーマーという人は、いないと思った方がよい。対応力の無い営業サイドが作り出しているのが、クレーマーという存在。同じ苦情でも、受けての技量によっては相手は納得し満足する。』と結論づけているとのことです。


私としては、なるほどと思う一方、時代背景もあるように感じましたが、質問は受付ない講演なのでそのままとしました。


最近は、「土下座」など謝り方が話題になっているので「受けうり、聞きかじりコーナー」としてはタイミングのよいテーマで興味を持って聞かせてもらいました。

2013年10月17日

無痛性心筋梗塞

昨夜のNHKためしてガッテンは、心臓が突然停止する!まさかの奇跡の生還SPでした。


心筋梗塞の場合は、胸部または腹部に痛みを伴うことが多いのですが、無痛の心筋梗塞というのもあると言うのが今回の主テーマです。

痛みを伴わないだけに見落とす機会も多い訳で注意が必要です。


今回紹介された無痛の心筋梗塞の見分け方は、“冷や汗”です。
原因不明の冷や汗に加えて、「めまい」や「だるさ」、「顔面そう白」といった、血液の循環が十分ではないことを示す症状が出ていたら、それは心筋梗塞のサインの可能性があるとのことでした。


胸の痛む病気には、ろっ間神経痛、筋肉痛、帯状ほう疹などがありますが、これらは場所を特定できます。
一方、場所を特定できないものがあります。これらは命にかかわる重い病気である可能性があり、心筋梗塞、狭心症、大動脈解離、肺血栓塞栓症がその例です。

2013年10月16日

臨時国会召集

第185回臨時国会が昨日召集されました。


参議院選挙前の国会では問責決議案の取扱いにからむ駆け引きが大きく、重要法案が審議されずに閉会していました。

今度こそ、腰を落ち着けた論議をして欲しいものです。自民党も国会での論議に耐えられることを基準にして副大臣を選定したとも言われているので期待が持てます。


今回の国会召集の特徴は、数年(約6年)ぶりに内閣支持率が安定した中での開会です。
歴代内閣の内閣支持率推移

内閣支持率が低い状態では国民に負担を求めるような案件は先送りされてきたように思います。

最近は、高齢者 医療負担増を14年〜17年に実施しようという法案が出されそうです。負担増は誰も望まない問題ですが、財政問題を考えればいずれ避けて通れない課題です。 環境が整いつつある今こそ審議が進展することを期待しています。