買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2012年11月30日

脱・中年体型

一昨日放送のNHKためしてガッテンは、中年ボディーが激変!くびれ&若さ復活SPでした。
なかなか面白い番組でした。


どういうときに「中年体形」になるか?うまく説明されていました。

『女性の場合は、背中に「中年体形」が現われます。脂肪細胞はおなかよりも背中側に多いと考えられているので、背中側にたっぷりと脂肪がついてしまいます。

一方、男性の場合は「おなか」が中年体型の決め手。


なぜ、男性は「おなか」で、女性は「背中」なのか…それは、男女での「脂肪の付き方の違い」にありました。

一般的に、男性は太ると「内臓脂肪」、女性は「皮下脂肪」が付く傾向にあります。内臓脂肪は、大きなおなかが前に突き出る“メタボ体型”の原因。これが男性を中年体型にしているのです。


女性の場合は、閉経前までは内臓脂肪は付きにくいとされています。その理由の一つは、“妊娠”。 子宮が膨らむ際に、胎児の成長スペースを確保しておく必要があるため、内臓脂肪型の太り方はしにくいと考えられています。』


中年体型の改善策
中年体形になるのは脂肪を支える「筋肉」が衰えて脂肪が落ちてくるのが原因と説明され,「筋肉」を鍛える方法が示されています。


私は、筋肉を鍛えることと柔軟性を保つために2ヶ月前から毎日ダンベルとストレッチをやっています。
ストレッチでは整形外科医から示された腰痛体操と日経新聞に載っていた「ぽっこりお腹を凹ます方法」をやっているのですが、今回の改善策と共通する部分が多く大変参考になりました。

2012年11月29日

慶応大学 岸教授講演会から

昨夜は、所属する社団法人横浜南法人会の港南総支部 記念講演会に夫婦で行ってきました。


◆「地域活性化の鍵」 〜自身で考え創造・行動せよ〜
 講師:慶応義塾大学教授 岸 博幸 氏


たけしのTVタックルなどでお馴染みの慶応大学 岸先生から直接お話を聞くことができました。


法人会はどちらかと言えば中小企業が集まって会ですから、今回のテーマのように〜自身で考え創造・行動せよ〜との提言は大変示唆に富んだもので約50分間の講演は、あっと言う間に終わった感じでした。


現代のデフレは政治のせいといわれますが、政治半分、企業の努力不足半分とのご指摘です。


色々な例を挙げられましたが、今大ヒットしているi-phoneもソニーでは10年前に原型ができていたのですが、トップが興味を示さずお蔵入りになってしまったとのことです。掃除機にしても同じようなことがPanasonicでありました。


現在のCDに売上は最盛期の1/2になっています。これは違法コピーの影響と言われていますが、そもそも違法コピーは起こるものと考え方で、CDを買わなければならないように仕向けたのがAKB48です。収容人員約15,000の日本武道館満員にするプロデュース力が素晴らしい。


中小企業でも〜自身で考え創造・行動せよ〜と呼びかけておられました。

2012年11月28日

会誌「あんだんて」より その2 解除の進め方「小麦」

NPOアレルギーネットワーク(今はHPがない)さんの会誌「あんだんて」の続きです。
この会誌は、NPOアレルギーネットワークさんを知る契機となったもので大切にしています。


5月から「あいち小児保健医療総合センター」の栄養士 佐々木亜子さんのコラム 「あこにこ日記」 が始まりました。


今回のテーマは、“解除の進め方「小麦」”


当センターの小麦負荷試験は「うどん」で行い、その結果次第で食べ始める量が決まります。負荷試験で軽い症状が出ても、2g程度を安全に摂取できると判定されれば、計画的な摂取を開始します。


「うどん」を食べられる量と小麦を含む食品との関係は、私の方で整理してみると次のようになるようです。


「うどん」10gが食べられると:少量の菓子類や5g程度のマカロニ

「うどん」50gが食べられると:フライの衣、カレーやシチューのルー
「うどん」100gが食べられると:食パン6枚切りの1/2

「うどん」350gが食べられると:給食を全て食べられます。
「うどん」1玉を食べられるようになってもこのレベルにはならないので給食を全て食べられるのは、とても高いハードルです。


『卵や牛乳に比べると、子どもが小麦製品を食べることに抵抗感を感じる事は少なく解除が進めば食生活が大きく広がります。逆に、小麦除去が残っていると、卵や牛乳が解除できても食事の制限はなかなか緩みません。』とのことです。

2012年11月27日

会誌「あんだんて」より その1 こどもアレルギーQ&A

NPOアレルギーネットワーク(今はHPがない)さんから会誌「あんだんて」が先週末に届きました。
この会誌は、NPOアレルギーネットワークさんを知る契機となったもので大切にしています。


毎月引用させていただいているのが、くまさんこどもクリニッック院長 大澤正彦先生のコラム「こどもアレルギーQ&A」です。


今月のテーマは、“気管支炎と気管支喘息”


質問の要旨は、
『息子が風邪をひくと気管支炎をよくおこします。(中略)気管支炎と気管支喘息の違いを教えて下さい。また重症にならない予防法を教えて下さい。』


回答の要旨
『(前略)@息を吐く時にぜーぜーする、Aみぞおちあたりが呼吸とともに凹む、B呼吸が苦しくなる などの症状が加われば、喘息の発作の可能性が高くなります。

喘息自体を重症化を取り除くことが一番ですが、薬などを適切に使い、発作がない状態を続けることが大切です。軽い発作だからといって放置しておくと重症化することがあります。喘息発作自体を重症化させないためには早めに治療を行うことが大切です。』

孫が喘息ぎみなので参考にさせていただこうと思います。

2012年11月26日

アトピッ子 ニュースレターから

認定NPOAアトピッ子地球の子ネットワークさんから「ニュースレター」(2012年11月)をいただきました。


9項目からなるニュースレターで主な部分に注釈をつけさせていただくと次のようになります。広い領域でご活躍の様子がよくわかります。


1 災害時におけるアレルギー用物質等の供給に関する協定を、
    逗子市と締結しました。
  内容:大災害発生時に備えて協定を結んだものです。
  災害時に「アトピッ子」側は、患者用の物資を逗子市に搬入する。
  ガソリンおよび物資実費は逗子市が負担する。
  緊急通行証を逗子市が事前に発行する。
  東日本大震災のときに起こった問題点をいろいろ聞いていましたので
  その時の経験を活かしたものだと思います。


2 11月〜3月の予定(省略)
3 食物アレルギー&アナフィラキシーミーティングに出席しました。
  内容:NPO法人アレルギーパートナーシップの理事でもある
  「アトピッ子」の事務局長がアメリカワシントンD.C.でのミーティングに
  参加したものです。2005年から参加しておられるとのことです。


4 本の紹介(省略)
5 カードゲーム形式の教材ができました。(省略)
6 被災者支援プロジェクト「おしゃべり市場in埼玉3/24」
  おしゃべり市場in東京6/2」を開催しました。
  あんだんても協力し後者には訪問しました。


7 「夏休み環境教育キャンプ2012」を8/13〜8/15に開催しました。
  あんだんては毎年協賛広告を出しています。


8 『「里親・ファミリーホーム支援のために」〜現状と課題を学ぶ』が
  同封されていました。
9 電話相談 アトピー・アレルギーホットラインは下記日程で
    開設します。 具体的日程は(省略)


認定NPOアトピッ子地球の子ネットワークは、アレルギー関係のNPO法人としては日本で最大級の1つでいろいろ勉強させていただいていますが、世界レベルのミーティングにも参加されていることは今回知りました。その意味では「ニュースレター」は貴重な情報でした。

2012年11月23日

歯ぎしり

一週間遅れになってしまいましたが、先週のNHKためしてガッテンは、寝ても疲れがとれない 発覚!悪魔の歯ぎしり でした。


昔、友人と旅行したときに夜中に「キリキリキリーーー」という高音の歯ぎしりを聞き一寸気味悪い思いをしました。その経験しかないので歯ぎしりとはこういうものだと思っていました。


今回の番組によれば3種類の歯ぎしりがあるとのことで驚きました。
引用させていただくと
『実は、歯ぎしりを詳しく見ていくといろいろな種類があることがわかりました。

ひとつめは「口破壊」歯ぎしり。
歯が削れたり、ある日突然割れてしまったりと、
口の中がボロボロになってしまうタイプです。


そして、2つめが「全身破壊」歯ぎしり。
なぜか、歯から遠く離れたひざや、腰、頭など全身に症状が出るタイプです。


さらに、衝撃の3つめが、「良い」歯ぎしり。
なんと歯ぎしりをすればするほど健康になるというのです!』


番組
では歯ぎしりのタイプの見分け方および治療法についても詳しく解説されていました。

2012年11月22日

包丁研ぎ

昨夜のNHKためしてガッテンは、アルツハイマー予防&包丁超切れ味ゲット術でした。(先週の分は明日書きます。)


包丁については7月11日の放送で研がなくても切れた!包丁テクニック感動編をやっていました。
切れない包丁を使いこなすのも1つですが、“包丁は切れるにこしたことはないな。”と思っていました。(自分が包丁研ぎが得意なこともありますが。)

そういう意見が多かったのか?今回の放送になったものと思いまます。

番組では市販のV字型シャープナーと「耐水性の紙やすり」の併用を勧めていました。

絵をみるとわかりやすいのですが、V字型シャープナーだけでは刃先がフラットのままになってしまうのですが、「耐水性の紙やすり」との併用により刃先にも凹凸ができます。


私は、若いころ日本橋木屋の実演で習ったものをそのまま続けています。一度研いたものを裏返しにして研ぎバリ(反対側にはみ出している部分)を取るものです。その意味を分かっていませんでしたが、今回の説明を受けて納得しました。

2012年11月21日

市販薬の副作用

月曜日のNHKクローズアップ現代は、身近な薬の落とし穴 警告!「市販薬」の意外な副作用でした。
解説サイトにあるように市販薬の副作用により片目が失明したなど重篤になった例が紹介されていました。


その1つに口内に無数の口内炎が生じるヘルペスの例がありました。市販薬ではないのですが、風邪薬で同じようなことを私も経験しました。当時は単なるヘルペスと思っていたのですが、今回の放送を見るとひょっとするとと思い直しました。


(当時の日記によると)年末に発熱したので近所の診療所に行き風邪と診断されアスピリンを処方されました。日曜日は終日寝ていましたが、月曜日になって熱も引いたので出社しました。

歯ぐきが痛いので会社の帰路に歯科に立ち寄ったところ、これは歯科の領域ではなく大学病院で診てもらうような重い病気だとアドバイスされました。12月28日のことで翌日から休みとなって行けませんので、その日のうちにホームドクター(中学時代のクラスメートで大学病院で内科の教授で数年前に開業)を訪問しヘルペスと診断されました。


相当重症だったので本来休診である翌日も元旦も診てもらい何とか乗り切りました。ホームドクターの有難味を痛感しました。 


年が明けて出社すると保健室の看護婦さんから「助かってよかったですね!首から上のヘルペスは危険なのですよ。」といわれゾッとしました。

2012年11月20日

がんワクチン

先週のNHKためしてガッテンは、寝ても疲れがとれない 発覚!悪魔の歯ぎしり で関心のあるテーマだったのですが、日曜日以降さらに興味深い番組がありましたので優先しました。


日曜日のNHKスペシアルは、がんワクチン〜"夢の治療薬"への格闘〜でした。


がんワクチンは長い間の懸案で30年以上前から「丸山ワクチン」が話題になっていました。しかし、認証されなかったように思います。この時代から「がんワクチン」には興味があったので今回は期待して見ました。


話の要旨は、解説サイトに載っています。

一部は、こちら『(前半略)日本も、がん細胞だけが持つ特有の「ペプチド(アミノ酸の結合物)」を目印にがんを攻撃する「ペプチドワクチン」を独自に開発、現在、治験の最終段階に入った“すい臓がん”を筆頭に、15のワクチン開発が進む。番組は、医師と患者の格闘の現場に密着、その効果や課題を検証しながら、新薬開発を巡る攻防に迫る。』です。


解説サイトの前半では大いに期待を持たせているのですが、実際の治験ではそれほど夢のように進まない現実があります。


実際の治験段になると色々な制約があって治験そのものに参加できないこともあります。
また、判定は二重盲検法によるため3分の1の人にはプラセボ(偽薬)が処方されます。


実際に治験に参加した方で効果が出ず「自分はプラセボなのか?」と悩んでいました。
効果があることを期待して治験の段階に進んでいるだけに諦めきれない面もあると思います。


効果があったとされる場面でも「がん」が縮小するのではなく進行が止まっていることを以って「効果あり」としています。

2012年11月19日

消費税と選挙

消費税の導入または実施した後の選挙では与党は惨敗しています。それでも推進しなければならないのが与党の厳しさです。


民主党の消費税の対応は、自民党が導入の必要性を認めたのに対して、無駄の削減で消費税のアップは必要ないとしたことで政権を奪取しました。


実際は、そのようには行かず菅総理のときに導入を提唱しました。G8だかG20から帰ったとたんに言い始めたものです。
こういう場に出ると日本の財政問題の対応策として導入を言わざるを得ないと肌で感じたのでしょう。参院選では惨敗しました。


野田総理が消費税の導入を公式に表明したのも同じようの世界の首脳が集まった場でした。欧州の財政問題の危機に際して日本の対応策を具体的に示す必要を感じ取っての行動だと思います。


しかし、消費税問題の難しさは国内では財政問題といえないことです。そこで社会保障と税の一体改革として提案したものだと思います。


民主党には、マニフェストに書いてないのに導入したと批判する人がおり、それを理由に離党したのは小沢さんです。小沢さんは「財政問題はまだそこまで深刻でない。」との考え方のようです。世界の趨勢を読み間違っているのか? それとも「おれなら世界の首脳を増税なしで説得してみせる。」くらいの思いを持っているのかも知れません。

2012年11月16日

衆議院解散

本日、衆議院が解散しました。

野田首相の記者会見での話は、堂々としたものでした。解散権を持っている首相の強みを存分に活かしたものだったように思います。


野田政権では“決める政治”を実施できたことを強調してしていましたし、自民党批判については言いたい放題でした。党首討論と違い相手は反論できないことを巧みに利用していました。


選挙に際しても党全体でこの迫力で臨めばそれなりの効果が期待できると思うのですが、党内では残念ながら野田批判ばかり目につきます。


「消費税を上げる」ことを表明した上で代表に選出され、「近いうちに解散すると明言」した上で代表に再選されたのに、実際に実施されると批判が続出するところが民主党の限界なのでしょう。

2012年11月15日

サッカー W杯3次予選 オマーン戦

今日は、野田首相の16日解散の予告があったのですが、明日確定したところで採り上げたいと思います。


サッカー W杯3次予選 オマーン戦は厳しい試合でしたが、勝ってほっとしました。
相手もゴールできるチャンスが結構あったのですが、最後のキックが浮いてしまったので日本は助かりました。
勝ったとはいえ辛勝の感じもします。


フリーキックから同点にされていやな感じだったのですが、その後に投入した酒井(高)選手とポジションを上げた遠藤選手が得点にからむなどザッケローニ監督の采配もピタリでした。


比較的めずらしい選手配置だったと思うのですが、それを活かせるだけの力が選手についたというこでしょうか?