買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2011年04月29日

「アミノ酸とシャンプー」新ページ作成

あんだんてシャンプーはアトピー性皮膚炎の方のお役に立てるように開発したのですが、今日まで伸張してきたのはこの分野に限らず「安全でかつ使用感のよいシャンプー」をお求めの方にご評価いただいけた結果と思います。


最近は使用感を一歩進めて髪の補修効果までご期待の声が掲示板などに寄せられています。


あんだんてシャンプーは染めた髪の色落ちがしにくいのが特長ですし、トリートメントは補修効果もあります。

ただ、カラーリングなどでの傷みの激しい場合には限界もあります。


そこで、あんだんてシャンプーを永くお使いで「毛髪を科学する美容室」として毛髪の修復のノウハウにも詳しい方のご協力を得て「アミノ酸と髪の修復」というページを追加しました。

これを通して「アミノ酸とはどのようなもので、シャンプーとどうように関わっているか」をご理解いただこうと思います。

2011年04月28日

4月の青木塾から 3 

アトピーエイド、アレルギー関係のテーマが入り青木塾のテーマが遅くなってしまいました。


青木塾では毎回メインゲストによる講演(先日は、木村悟さん)がありますが、この講演の前に青木塾長による30分くらいの「受け売り聞きかじりコーナー」があります。


これが知的好奇心を満たしてくれる興味深い話で毎回楽しみにいています。(私だけでなく常連の出席者は楽しみに待っています。)


今回は、次の資料を解説していただきました。(いつもは表にしておられるのですが、今回は元資料のカラーコピーを配布していただいたので大変わかりやすいものでした。)

「地震と津波」(チリ地震を契機に作られたもので世界の地震と津波が整理されている。)、


「世界一住みやすい国」(因みに日本は37位)


「異常気象」(異常気象とは過去30年間になかったような値が出たときを異常気象といい世界の異常気象例が列挙されている。)


「世界の原子力発電所」(因みに日本は54基で第3位)


震災の話が出たついでに
青木塾では毎日どなたかがブログを書いておられます。

最近の話題としては、飯田 博 (14)さんの【七栗村からひとこと】の中に「前兆」という興味深い記事があります。

2011年04月27日

会誌「あんだんて」から その2 食物負荷試験

NPOアレルギーネットワークさんの会誌「あんだんて」4月号をいただきました。昨日の続きです。

4月から あいち小児保険医療総合センター 小林 貴江先生の「アレルギー科 たかえ先生のつぶやき」が始まりました。


今回のテーマ “食物負荷試験”です。


今回は初回なので同センターでの経口負荷試験の内容が詳しく書かれています。


負荷試験の目的は次の2点とのことです。
1 今までに症状が出たことがあり、現時点でどれだけ食べられるか
    確認する。

2 今までの採血の結果等で除去しており、実際に食べられるか
    確認する。


毎日6人の子供たちの負荷試験を行っていますが、全く症状が出ない子もいれば、蕁麻疹や咳、嘔吐などの強い症状が出てしまうことがあるとのことです。

具体的な試験法も書かれているのでこれから負荷試験を考えておられる方にとっては参考になることが多いと思います。


あいち小児保険医療総合センターは、数年前に講演に行ってますので懐かしく感じます。

2011年04月26日

会誌「あんだんて」から その1 ウチの子、アトピーですか?

NPOアレルギーネットワークさんの会誌「あんだんて」4月号をいただきました。


毎月号くまさんこどもクリニック院長 大澤正彦先生のコラム「こどもアレルギーQ&A」を楽しみにしています。
3月号でシリーズが終わるものが多いのですが、4月号にも連載されたので今後も期待できそうです。


今回のテーマは、“ウチの子、アトピーですか?”


「生後3ヶ月の息子さんが2ヶ月過ぎから体全体がザラザラし始め、一昨日から小さな耳切れができたのですが、アトピーでしょうか?」とのご質問です。
 基本的な質問で多くの方の参考になると思いますので全文に近い形で引用させていただきました。


先生は診断の目安として次の事項を挙げられておられます。
1 慢性に経過すること
2 かゆみがあること
3 アレルギー体質であること(親のアレルギー・IgEなどの検査
4 特徴的な湿疹(乳児では頬などの赤い湿疹、幼児期以降はひざやひじなどの湿疹など)


「この症状と比較するとアトピーと判断するのは早いように思いますが、経過をみて医師に診断してもらうのがよいと思います。」とのご回答でした。

2011年04月25日

アトピーエイド勉強会

先週の金曜日に、らでぃっしゅぼーや さんのアトピーエイド勉強会に参加しました。

「アトピーエイド」とは、らでぃっしゅぼーや さんが扱っている「アレルギー対応商品」を指します。

食品がメインになりますが、化粧品、ヘアケア商品なども含まれます。


今回のテーマは「アレルギー表示」で全部で5時間に及ぶ内容の濃い勉強会でした。

主要な2テーマは次の通りです。

「アレルギー事情アップデート」
講師:NPOアトピッ子地球の子ネットワーク専務理事 赤城智美氏
食物アレルギーのみでなくアトピー性皮膚炎も含めた最新の情報を教えていただき大変勉強になりました。


「食物アレルギー表示の課題」
講師:NPO食物アレルギーパートナーシップ理事 丹敬二氏
食物アレルギー表示の課題を極めて詳しく解説していただきました。
食品会社さんのご苦労が察せられる内容でした。


この他に、今回の東日本大震災におけるNPOアトピッ子地球の子ネットワークさんの「アレルギー患者災害支援活動」報告もありました。(私どもには12日に早くも「第1報」の連絡をいただきました。)


インターネットに「食物アレルギー対応の遅れ」という記事がありました。

全体としては遅れ気味だったのですが、3月25日に日記に書いたようにNPOアトピッ子地球の子ネットワークさんや認定NPOアレルギー支援ネットワークさんは即日から支援活動を行っていました。

2011年04月22日

フェアトレード〜途上国“から”の援助

ふぇあうぃんずさんのメルマガ『貧困のない世界を作る!〜フェアトレードの話 261号』が昨日配信されました。


今回のテーマは、“途上国“から”の援助”


東日本大震災後に海外からさまざまな支援が寄せられています。このことにつき紹介しています。


●日本からの援助のお返し

こうした自分の国の中もたいへんな状態の国々が、今回日本を支援してくれているのは、ODAや救援活動などの日本からの援助のお返しなのだといいます。


インドなどが多大な援助を申し出ていますが、特にモルディブは人口30万人の国なのに特産のツナ缶を60万個届けてくれました。


モルディブ政府は当初、約8万個を送る計画だったのですが、民間からも支援したいとの申し出が相次ぎ、最終的に60万個ものツナ缶が用意できるようになったのだということです。

これは15年にわたって行われた日本のODA(政府開発援助)による護岸工事(防波壁)が津波に対する防潮効果があったからとのことです。


●海外のフェアトレード組織の反応
フェアトレードラベルの元締め組織FLO(Fairtrade International)のサイトには日本の震災自体が載っていませんでした。冷たいです。そんなものだろうとは思っていましたが。


WFTOというフェアトレードの国際組織があり、ラベルではないフェアトレードの組織の集まりです。
こちらは日本のフェアトレード組織がいくつか加盟しているだけあって、わりと大きな扱いでニュースにしていました。

これに引き換え日本法人のある海外のフェアトレード団体や韓国および日本のフェアトレード団体は積極的に支援してくださっています

2011年04月21日

エコノミー症候群の予防法

昨夜のNHKためしてガッテン 役立ちたい!避難生活が楽になる裏ワザSPが素晴らしい内容だったので「4月の青木塾から」は来週にします。

特に今回の番組はゲストを呼んだりクイズをやったりせず、十分時間をかけている編集に好感が持てます。


ガッテン流イナバウアー:ネーミングもうまい。エコノミー症候群の防止方法で実に簡単。
 1.背もたれのあるいすに座る。いすがない場合、
     布団などを丸めて寄りかかる。
 2.息を吸いながら反り返り、息を吐きながら元に戻す。
 3.2の動作と同時に、足のつま先をゆっくりと上下させる動きを
     繰り返す。


タッピング・タッチ:心理的なケアの1つで、グッスリ眠れたり手足がポカポカしてくる。


このほかに「頭がスッキリ!肺炎を防ぐウラ技」も載っていて参考になります。避難生活の方に限らず広く応用できます。詳しくはサイトに出ています。

2011年04月20日

4月の青木塾から 2

昨日は、青木塾(でのクラシックギタリスト木村悟さんの講演について書かせていただきました。


木村悟さんは、青木塾ブログにも投稿していただいています。

青木塾のサイトは、会員でないとログインできないのですが、ブログは誰でも自由にみられるようになっています。


木村悟さんは、スペイン体験記を連載され8回目まで進んでいます。今後も月1回のペースで書いてくださるとのことで楽しみです。

私どもは、このスペイン体験記を読んでから例会に参加できたので特に興味深く講演と演奏を聞かせていただきました。

 

2011年04月19日

4月の青木塾から 1 

先週の木曜日に青木塾(ビジネス塾で異業種交流会でもある)の例会に参加しました。


講演の講師は、クラシックギタリストの木村悟さんで演奏も聴かせていただきました。


ご自身のサイトのプロフィールに載っているように国際コンクール(スペインおよびイタリア)で入賞しておられます。


コンクールによって審査の重点が異なるなど興味深いお話を聞かせていただきました。
スペインでは音のきれいな演奏と技術が要求され、イタリアでは曲に対する構成力を持った演奏が求められ音のきれいさはあまり重視されないという趣旨のお話でした。


私の表現が正しくないかも知れませんが、国によって審査の重点の置き方が異なることはよくわかりました。

また、審査の運営も日本とは随分違います。
ストか何かで予選に出られなかった方が本選の日に来られたら、審査員が皆の了解を得た上で予選を行ってくれたとのことです。
イタリアでの話だったように思いますが、きちんとした運営をする日本では考えられないことです。


国際レベルの演奏と興味あるお話を聞かせていただき大満足の例会でした。

2011年04月18日

原発事故 外部冷却

先週木曜日に青木塾があったので取り上げる予定でしたが、原発事故の工程表も示されたので優先しました。


原発事故で私が最も気になっているのは原子炉と燃料プールの安定した冷却です。
現在は時間当たり7トンくらいの注水が続いていますが、冷却が僅かですし汚染水の増加も心配です。外部冷却が一日も早く始まることを期待しています。

4月はじめ頃のNHKニュースで外部冷却の話題が出ていましたが、1ヶ月くらいかかるとの話でした。


先週の土曜日に外部冷却のことを解説しているサイトを見かけました。
プレート式熱交換器を使用することを考えているようです。私もよく知っている機器なので関心を持って読みました。

これなら既製品があるので早い時期に実施できるのではないかと期待しています。


このサイトによれば海水に汚染水が混入しないように中間にもう一系統の循環ラインを設ける案も検討されているとのことです。


この記事を読んでいて気がついたのですが、グーグルのアドワーズ広告として「アルファ・ラバルの熱交換器」が載っていました。
アルファ・ラバル社はスエーデンを本拠地とするグローバル企業で先輩が勤めていたのでよく知っています。プレート熱交換器では世界のトップクラスです。


それにしても今回のサイトに広告を出すとはさすがに外資系の会社は抜け目がないなと思いました。


自販機問題でもコカコーラ社はいち早く「1/3削減」を打ち出すなど世の中の流れに敏感です。最初に言い出せばメディアが取り上げてくれ宣伝効果抜群です。

14:09 | その他

2011年04月15日

開発日誌(開発経過) その52 ネーミング4 商標登録更新

昨日、商標登録に至る経過を書いたのですが、速いもので10年目の更新期を迎えました。

商標は、長く使うほど価値があるのとのことで更新期のときは初期登録時より申請料が高くなります。
申請当時は、更新時に15万円ほどかかることになっていましたが、今は5万円弱(初期登録よりは高い)です。


商標権存続期間更新登録申請書を提出します。

特許庁の相談コーナーに電話すると、FAXを送ればチェックしてくれるとのことで、実に丁寧に書き方を指導してくれました。


更新期間を逃すと大変だと思っていたのですが、「更新をお任せ下さい」という弁理士事務所のPR葉書が送られてきました。
勿論自分で申請をしましたが、よく調べているものだと感心しました。


 商標登録をしただけでは安心できないようで、「商標とは知らなかった」と使われてしまうことがあるそうです。
それを防ぐ必要があるので現に使っていることを示すために「あんだんてのロゴ」の右下に丸にRのマークをつけています。

2011年04月14日

開発日誌(開発経過) その51 ネーミング3

特許申請関係の相談で旧知の弁理士さんにお会いしました。

その時に「“あんだんて”を商標として取っているか?」と聞かれました。
商標として登録していない限り社名であっても“あんだんて○○シャンプー”と名乗ることはできないとのことでした。


早速、インターネットで検索すると
大手の会社が「あんだんてorアンダンテ」で登録していました。音楽関係は勿論広い分野にわたっていて驚きました。
幸いにして「第3類 せっけん類 化粧品」では登録がありませんでした。


商標は画像でも言葉でも登録できます。
当時通い詰めていた神奈川県立川崎図書館の相談員(弁理士)さんのご指導で「あんだんてのロゴ」で登録申請しました。

あんだんてのロゴは、ロゴになかに「あんだんて」という言葉が入っているので自動的に保護されるとのことでした。

言葉だけで登録していると「天使のつばさ」部分をまねされたときに防ぎようがなくなるのでこのようにしなさいとのアドバイスをいただきました。


急遽、申請書を自分で作成し特許庁に持参しました。


申請から登録まで約1年かかるので、その間は「我々より1年前に申請した会社がないか?」と気をもむ毎日でした。
発売半年後に確認できほっとしました。

今は、トップページの下段欄外に次のように表示しています。
※天使の翼をかたどった、<あんだんてのロゴ?>は有限会社あんだんての登録商標。(第3類 せっけん類、化粧品)
シャンプーの名称「あんだんて?」は登録商標の一部として保護されています。無断転載、使用をお断りいたします。