買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2011年03月15日

東北関東大震災対応

東北・関東大震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに被災された皆様およびご家族に心から重ねてお見舞い申し上げます。


あんだんて配送センターは茨城県日立市にあり被災しましたが、被害軽微で商品は無事でした。


しかし、運輸各社の集配が停止されていて如何ともしがたい状況です。
少し離れたところからの出荷も検討しましたが連絡もとれません。道路、ガソリンも極めて悪い状況です。


あんだんて(横浜)からの発送も考えて緊急生産を依頼したのですが、工場で主要原料入手が困難で生産が出来ない状態です。
知り合いの原料取扱い会社(同じ原料を扱っている。)にも問い合わせたのですが、同じような状況でした。
一日も物流が回復することを願っています。



2011年03月14日

計画停電

東北・関東大震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに被災された皆様およびご家族に心からお見舞い申し上げます。

東京電力では発電能力の不足を補うために計画停電をすることが昨夜発表されました。

ある程度覚悟はしていたのですが、朝起きてみると鉄道関係がほとんど動いていないことに驚きました。
私の近くでは東海道線と横須賀線を全面停止するとは思いもよらないことです。


朝の説明では「需要を精査した結果、第1グループの計画停電を避けることができました。」とのことですが、ここまで鉄道を止めておいて「精査した結果」とは勝手な言い方だと思います。


精査とは「自分たちの需要予測解析を厳密に行ったことにより余裕を見出すことができました。」という時に初めて使える言葉だと思います。

午後の会見では「鉄道関係者様のご協力もあって回避できました。」と言っていましたが、最初からこのようにすべきことだったと思います。

2011年03月11日

東北関東大震災

出先で地震の発生を知り震度7と聞いたので大地震とは思っていましたが、テレビを見て度肝を抜かれました。


大津波の恐ろしさを目の当たりにして声も出ませんでした。皆様のご無事を祈るばかりです。


しかもサラリーマン時代に仕事で行ったところばかりです。
八戸に工場があり地元の産業を支援するために水産加工廃水処理技術を開発して提供していましたが、私は担当者の一人でした。
八戸は勿論のこと三陸地方の水産試験所などと技術交流を行っていたので特にショックです。

23:12 | その他

2011年03月10日

認知症とお茶

昨夜のNHKためしてガッテンは、春の健康!大反響スペシャル 〜認知症・お茶〜でした。


認知症の早期発見に「キツネ・ハト模倣テスト」が紹介されていました。

医師の示した手の形を真似するものですが、その判定効果よりも大事な指摘がありました。


『※模倣が出来なかった人に間違いを指摘しないで下さい。本人を傷つけ、その後の治療、介護にも影響がでます。』と書かれています。

この件に限らず自然にプライドを傷つけたりご本人に悲しい思いをさせることが如何に問題かが説明されていました。


お茶の効果もさることながら、このサイトの「負担が減った!愛情介護術」の項の重要性がよくわかりました。

2011年03月09日

「全国ネットだより」より 全国交流会報告

アレルギーの会全国連絡会さんより「全国ネットだより No.64 2011.3.6」をいただきました。
63ページにわたる冊子なので編集されるのも大変だろうと思います。

いつものように後半は、各会の活動報告の転載ですが、前半は昨年11月に行われた第17回全国交流会(11月15日の日記に書きました。)の報告でした。


第1日目に開催された「アレルギーの会全国連絡会」の総会議事録がかなり詳しく載っていました。
第2日目の講演会およびパネルディスカッションの内容も詳しく載っていて当日参加した私どもにとっても貴重な資料となりました。


11月15日の日記に書いたように会の進行は時間厳守で小気味よいものでした。

当日挨拶にこられた責任者の方に「素晴らしい運営でしたね。」と申し上げたところ「皆、主婦で素人なんですよ。」とのことで驚きました。


今回いただいた「全国ネットだより」の全国交流会報告の「交流会スタッフの感想」の中でパネリストでパネルディスカッションご担当であった方が書かれたことは印象的でした。

パネルディスカッションを見た経験がほとんどなく担当になってから他のテーマのパネルディスカッションを見てきて進行方法などを勉強されたようです。

このような地道なご努力があって初めてあれだけの運営ができたのだと納得しました。

2011年03月08日

前原外相辞任

閣僚の在任期間が短いことは自民党時代から問題視されてきました。

民主党政権になったら変わるものと期待していたのですが、外相のような変わって欲しくないポストが岡田さん→前原さん→辞任となったのは残念なことです。


外国人から献金を受けていたことは問題ではありますが、年間5万円のために外相が辞任しなければならないほどのことでしょうか?
外相の交代は国益を大きく損なう問題だと思います。


ただ、辞めざるを得ない背景には物事の軽重を無視して些細なミスでも採り上げるマスコミの問題がありますし、それに引きずられる我々一人一人の問題でもあります。


宋 文洲さんが「政治のレベルはマスコミのレベルの反映、マスコミのレベルは国民のレベルの反映」といわれてますが、自戒したいものです。


次回選挙で自民党が勝ったとしても絶対多数を得ることはできないので大連立なり自民⇔民主の協力なくして政治は成り立たないと思います。
その時の一方の旗頭としてリーダーシップを発揮そうな前原さんが前面に出てくることを期待していただけに惜しいことです。

こういう時こそ政治のせいにするのではなく日本をよくするのは私たちであるとの原点に立ち戻るべきとも思います。

2011年03月07日

フェアトレード〜ネパリバザーロが行う生産者の日本研修

ふぇあうぃんずさんのメルマガ『貧困のない世界を作る!〜フェアトレードの話 257号』が先週の金曜日に配信されました。


今回のテーマは、“ネパリバザーロが行う生産者の日本研修”


ネパリバザーロの紹介
『ネパリバザーロは、横浜にあるフェアトレード組織。1992年に設立され、主にネパールの女性たちや農民の支援を行っています。

日本を代表するフェアトレード組織の一つで、食品、雑貨、衣料品をネパールから輸入。全国の消費者に直販するほか、全国の約600店舗の店に卸売りをするなどしている会社です。』


私どもからはバスで行ける距離なので2度ほど行ったことがあります。(1回はふぇあうぃんずさんと同行。)


●研修の内容と目的
ネパリバザーロでは、2004年からこの研修を開始。主に売上げの半分近くを占める衣料品の縫製と裁断技術の向上のために行っています。


●ネパリバザーロのスタッフは、ネパール語を話す!
このような基礎があって研修が成り立っているようです。


研修の詳しい内容はメルマガをご覧下さい。

2011年03月04日

開発日誌(開発経過) その47 容器4 250gトリートメント用ボトル

2月24日の日記に書いたように美容室の方々との交流が始まりました。


その中で「安全性の高いトリートメントが欲しい。」とのご要望がありましたので共同開発を行うことにしました。
処方については美容室のご希望も聞きながら主として私の方で設計し、モニタリングは各美容室が担当されるというプロジェクトを組みました。


容器選定は相当苦労しました。
トリートメントのように粘度の高いものはチューブを使うことが多いのですが、これでは「髪を洗うシャンプー」「からだを洗うシャンプー」のボトルとのバランスが悪いので採用しませんでした。


広く調査した結果、スクイズ性のある(押し出しができる)250gボトルに出合いました。
立てたときにキャップが下向きになる問題はありますが、粘度の高いものを確実に出しやすくなることを優先しました。


なお、40gミニボトルは本体は同じものを使用し減ってきた時には必要により逆向きにもできるように(この時は絵が逆向きになりますが)キャップ上部が平らなものを採用しました。

2011年03月03日

魚のさばき方

昨夜のNHKためしてガッテンは、出た!魚さばき必勝法でした。


我が家は魚をさばくのは上手い方だと思います。
ときどき海釣りの魚(太刀魚、かつお、さば、鯛類など)を多量にいただくことがあるのですが、難なくさばきます。
(私自身はやってできないことはない程度なのでほとんどやったことがありませんが。)


ためしてガッテン流とほとんど変わらないのですが、ステーキナイフを使うのは初耳でした。


なお、この番組の最初に「素人がガッテン流でさばいたさしみ」と「プロがさばいたさしみ」を市中の方に食べ較べていただき素人の方に軍配が上がるシーンがあります。
しかし、プロのものは4時間もたったものを食べさせており、番組の効果を強調するためとは言え詐欺的でヤラセが過ぎるのではないかと思います。


ためしてガッテン
は科学的にはしっかりしており大好きな番組なだけに残念なことです。

2011年03月02日

アレルギーのメルマガより その2 コミュニケーションスキル

認定NPO法人アレルギー支援ネットワークさんのメルマガNO.51の続きです。


同ネットワーク
さんのアレルギー大学大学院に通っている主婦のコラムなのですが、素晴らしい内容なので一寸要点を書かせていただきます。
(アレルギーのある方に限らず、一般の方にとってもとても参考になると思います。私も大変勉強になりました。)


お子さんがアレルギーのある方は、行政などへのお願いをすることもあるのですが、その場合留意すべきことを挙げておられます。


1 1、科学的に根拠に基づいた医師からの診断書・指示書をもとに、
  まずは冷静にアレルギーの状態と現在の生活状況等を伝える。


2 次に相手の回答をまずは待つ。


3 よりより方法を寄り添いながら、一緒に考えていく。


4 まずは「1つでも」の気持ちで要望する。


詳しくお読みになる方は、こちらをご覧下さい。

2011年03月01日

アレルギーのメルマガより その1 アレルギー科

正月を過ぎたと思ったら早くも3月になりました。3月とは言えここ2〜3日は寒い日が続きそうです。


認定NPO法人アレルギー支援ネットワーク
さんのメルマガNO.51が今日配信されました。


毎回楽しみにしている独立行政法人国立成育医療研究センター アレルギー科 二村昌樹先生の「アレルギー情報見聞録 第7回」が載りました。


今回のテーマは、“アレルギー科”です。


標榜科と専門医があります。
次のように説明されています。


標榜科ですが、自由標榜制といって一部の科を除いてどの科を看板に掲げるかは制限されていません。またいくつ標榜してもよいことになっています。
平成20年からは、「医師一人に対して主たる診療科名を原則2つ以内」となっています。


専門医は医師が所属する学会によって認定されます。
学会によりますが、既定の研修をうけたり、試験に合格したりと基準を設け5年毎の更新を義務づけている学会もあります。

多くの専門医資格は広告することができますので、看板に「○○専門医」と書いている先生もいるでしょう。

しかし、資格をあえて取っていない医師もいますので、専門医でないと十分な診療ができないというわけではありません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。