買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2011年02月28日

フェアトレード〜新しいビジネスモデルを作る

ふぇあうぃんずさんのメルマガ『貧困のない世界を作る!〜フェアトレードの話 256号』が先週の金曜日に配信されました。


今回のテーマは、“新しいビジネスモデルを作る”


ネットビジネスで大きな実績のある社長さんが、ふぇあうぃんずさんの「メルマガお店フェアトレードのサイト」を詳しく見てくださり次のような評価をいただいたとのことです。


『メルマガの読者数がすごく多いし、
先行者利益を得ているし、
ブランディングもしっかりできているし、
参入障壁がメチャメチャ高いですよね。    
社会的な意味もあるし、これはすごいですよ。』


ここでいう「ブランディング」というのは、
『私の店「ふぇあうぃんず」がどんな考えで、どんなものを売っているのかということを、お客様にしっかり理解していただいている』ということです。


「参入障壁」というのは、
『競争相手が自分の市場に入ってこられないように、値段・品質・サービス内容その他いろんなところを差別化して、他社が真似できなくすること』を言います。


私も同じような感想を持っていましたが、専門家にご評価いただけたのは素晴らしいことです。
1つの新しいビジネスモデルができたと言えるでしょう。


今回のメルマガの趣旨は、ここまで来た経過を総括するとともに
●あなたにもできるかも

●ライティング技術の向上を


のところで志のある方には『具体的にアドバイスをさせていただきたいと思います(無料です)。』と門戸を開いていますのでj興味を持つ方は活用されるとよいと思います。


私もふぇあうぃんずさんのライティング技術には舌を巻いています。


 

2011年02月25日

開発日誌(開発経過) その46 容器3 40mlミニボトル

発売2年目の2003年に「あんだんてシャンプー」が認定NPOアレルギー支援ネットワークさんの共同購入品に選定されました。


同ネットワークさんを通してその年のアレルギーの会全国交流会(in熊本)に出展することになりました。
アレルギー関係の方に安心してご利用いただくためには「お試しサイズ」の商品が必要であり、この機会に40mlミニボトルを発売することになりました。


数種のボトルを検討しましたが、デザイン・使いやすさなどを勘案して現在の40mlミニボトルを選定しました。

アミノ酸系シャンプーは一般的には変色しやすい傾向にあるのですが、あんだんての配合処方では完全に解決済みであったので40mlサイズでは半透明のボトルを採用できました。


半透明なので残量がわかりやすくオーバル型なので持ち歩きに便利で2本入りセットを作りやすいなどの特長があります。

2011年02月24日

開発日誌(開発経過) その45 容器2 1000mlチアパック

昨夜のNHKためしてガッテンは、その肩コリ 完治可能!でした。
タイトルが大袈裟な割には特定の肩コリにしか効かないのでテーマとして取り上げるのはやめました。


あんだんてシャンプー発売の翌年に「あんだんてシャンプーが美容室向けに理想的なシャンプー」であることを見出していただきました。


美容室向けにお使いいただくためには最低1,000mlサイズが必要です。

色々調査したのですが、なかなか満足の行くものはありませんでした。
夫婦で健康博覧会に行った折に今のチアパックを見出しました。


使用中に水や空気が入らず安心して長く使えることに魅力を感じました。
また、使い終わった後にはペシャンコになって廃棄物が減ることも環境面からプラスでした。
ポンプがついているので使い勝手もよいものです。


しかし生産に至るまでは大変な苦労をしました。


包装資材の問屋さんから買うことにして生産日程も決まりましたが、生産直前になって入手困難となりました。
この資材の開発会社から「聞いたこともない小さな会社には出荷できない」と断られてしまいました。


このチアパックはアルミ製で接着剤で貼り合わせたものなので入れる液体によっては使えないこともあり得ます。
従って長期試験の後に使用を認めているようでした。
化学をやって来た者としては開発会社の見解ももっともだと思います。


この会社の安全問題への取り組みは素晴らしいと思いますが、断られた方としては窮地に陥りました。


精油のような成分が配合されている場合は問題ですが、あんだんてシャンプーの配合なら問題は起こさないという自信もありました。
最終的には関係者の絶大なご協力により生産まで進むことができました。ただただ感謝感謝です。


「人のネットワーク」として2010年9月7日8日10日に書いたように多くの方に支えられて今日までこられました。
チアパック問題はその典型的な例の1つです。

元々は美容室向けに発売したものですが、一般の方にも好評で今では400mlボトルと1,000mlは総容量的に半々となっています。

2011年02月23日

国際緊急援助隊

今日のニュースで東京消防庁とJICAからなる国際緊急援助隊が出発したと報道されていました。

これはこれで結構なことですが1日遅いように思います。
各国の援助隊は既に到着して活動を開始しています。


今日の国会では菅さんが「昨日先遣隊を派遣しているので対応が遅いとは思わない。」との趣旨で答弁しています。
答弁しているときには既に他国は本隊が到着しています。この感覚のずれは如何ともしがたい感じです。


現地では重機が不足していると報じられています。
国によっては輸送機で機材(重機を含むか不明)を搬入しています。

地震の経験が豊富な日本ならベストの援助ができると期待しています。

2011年02月22日

ニュージーランド地震

ニュージーランド地震で富山県専門学校生の消息が気がかりです。


政府は3人の専門家を派遣し何が協力できるのか調査を進めるとのことです。
ただ、地震のことなら日本は精通してる筈で無条件に重機を携えた自衛隊を即日派遣してもよかったのではないかと思います。


ハイチ地震では中国が即日軍隊を派遣したように記憶しています。


東南アジアにおける中国の進出が問題になっていますが、日本は日本なりにできることあるのではないかと思います。

民主党政権になってから外交問題では後手後手です。名誉挽回のためには日頃から自衛隊派遣の準備を進めておくべきではなかったと思います。


勿論自衛隊派遣にはいろいろな制約もあると思いますが、地震対策なら即決即断でやっても許されるところがあるでしょう。

2011年02月21日

開発日誌(開発経過) その44 容器1 400mlボトル

今まであんだんてシャンプーの配合成分につき主に話題にしてきましたが、あんだんてシャンプーの容器もそれぞれ特長があるので触れたいと思います。


最初は、「髪を洗うシャンプー」「からだを洗うシャンプー」の各400mlボトルでスタートしました。今は5種類になっているので感慨深いものがあります。


環境にやさしいためにはシャンプー重量あたりの樹脂量が少ないのが望ましいです。
とは言え女性が使えるためには重すぎてもいけないので400mlとしました。


スペースが小さくて済むこと、持ちやすいことも勘案して角ボトルとしました。
少量生産でスタートするので印刷ではなくラベル(シール)方式としたことも影響しています。


樹脂の選定では汎用シャンプーよりは製品価格が高くなるので見栄えのよくてリサイクルもできるPET製としました。
塩ビ製も光沢があるという意味ではよいのですが、環境面で好まない方もおられるので採用しませんでした。


角ボトルなので丸ボトルよりも小さく見えます。また丸型の方がかわいい感じになります。
このことは外見上不利な面でもありますが、実際に使われた方は「なかなか減らない」ということで見直して下さいます。
みかけよりも実質を重んじる“あんだんて”らしくてよいのではないかと勝手に解釈しています。

2011年02月18日

選抜高校野球出場の創志学園

春の選抜高校野球に出場する32校のうち創志学園が創部1年で選ばれたとニュースで聞いていました。


どこかの私立高校で全国から有望選手を集めたのではないかと勝手に推測していました。


インターネットでたまたま目についた次の記事を読んで驚きました。
創部10ヶ月、全員1年生の創志学園野球部がセンバツ出場を果たしたマジック

1 昨年3月までは女子高であった
2 あっと驚くような選手はいない
  ピッチャーも130キロがやっと
3 レギュラーの半数は地元岡山出身
    (高校のホームページより引用)
4 練習環境は普通以下
   グランドは狭くてソフトもできない
5 選抜出場で野球部の設備で増強されたのは
  10万円分のダンベル器具だけ


監督のユニークな指導でここまできたようです。
どのような環境下でも創意工夫で壁を乗り越えて行く良い手本を示してもらえました。


 

2011年02月17日

高血圧

昨夜のNHKためしてガッテンは、タチの悪い高血圧が!3週間で正常化する法でした。


治療を受けても改善されない『コントロール不良高血圧』が問題となっています。

この方々には「利尿薬」(従来の1/2〜1/4を使用する)が高血圧改善に効果的である「)ことが最近分かってきました。

欧米で高血圧対策として注目されている「ダッシュ食」と呼ばれる食事法も紹介されていました。


私どもは二人とも低血圧に近い方なので、あまり参考になりませんでしたが高血圧の方には朗報であると思います。身のまわりには高血圧の人もいますので教えてあげようと思います。

2011年02月16日

学ぶことは、生きること

昨夜のNHKクローズアップ現代は、学ぶことは、生きること〜夜間中学の現場から〜でした。
考えさせられることが多かったので取り上げました。


夜間中学は、若いころに学ぶ機会がなく字を書いたり読んだりが苦手な高齢者による学習などに役立っています。


「今、自治体の財源不足などから給食費など補助の打ち切りや削減が行われ始め、通えなくなる人が出てきている。」とのこと。


2010年04月02日の日記に書いたように本当に困っている方への配慮が欠けています。

子ども手当てや高校無償化など票になる目立ったことに金を使っても夜間中学のような地味な存在は後回しにされ残念なことです。

2011年02月15日

会誌「あんだんて」より 「食べる治療法」受けるべき?

NPOアレルギーネットワークさんの会誌「あんだんて」1月号をいただきました。


毎月号くまさんこどもクリニック院長 大澤正彦先生のコラム「こどもアレルギーQ&A」を楽しみにしています。


今回のテーマは、“「食べる治療法」受けるべき?”


小学校5年生の男子のご家族からの質問です。

「食べて治す方法を試してみるなら、病院を紹介しますよ」とかかりつけ医から言われたことへのご相談です。

「食べて治す方法」とは「経口減感作療法」のことです。


一般に牛乳、卵、小麦などは、小学校入学前までに9割が改善するといわれています。


経口減感作療法を取り入れている医師の話では、「小学生になっても改善しないような場合に試みる」とのことでしたのが、今回のご相談は小学校5年生なので検討されてもよいのではないかとのご回答でした。

2011年02月14日

青木塾から ヴォイストレーナー

先週の青木塾の講演は、ヴォイストレーナーの野口千代子さんでした。
サイトのPROFILEにあるように音楽プロディーサーと言った方がよいのかも知れません。


前回の青木塾で自己紹介されたたときの「小学校から武蔵野音楽大学卒業→ウィーン国立音楽大学卒業に至る歩み」がとてもユニークで興味深いお話だったのですがプライベートのことなので省略します。


ウィーンでボイストレーナーの国家資格をとるには8年間かかるとのことでした。
音声学から医学まで広範囲の知識を要求されます。(日本では声楽家がボイストレーナーを兼ねることが多いようです。)


興味深い話を伺い話題は尽きないのですがオペラ歌手は一日の公演で3kgも体重が減るとのことでその凄さに驚きました。
ボイストレーナーは舞台の袖で付きっ切りで歌手の体調管理に気をつけているとのことでした。


ボイストレーナーといえば10年前を思い出します。
私は合唱にはずぶの素人なのですが地元の区政20周年記念コンサートに参加し「みなとみらいホール」で第九を歌う機会がありました。
素人も入っているので50回の練習がありました。その時に初めてボイストレーナーに出会い指導を受けました。
発声法を教わると実際に響きがまるで違うので驚いた記憶があります。


野口さんはプロが対象で世界レベルの話なので天と地の差がありますが、興味深く聞かせていただきました。

2011年02月11日

噛む効果

昨日はバレンタインデーが迫っていたのでふぇあうぃんずさんのメルマガを優先しました。

一昨日のNHKためしてガッテンは、脳と身体を刺激せよ!やる気の源は〇の裏に でした。


入れ歯をすることにより寝たきりだった方が歩けるようになったり、無精ひげの方がオシャレになったり驚くべき効果が「噛む」ことにあることがわかりました。


私も昨年歯を抜くことになり一苦労しました。(4月6日7日8日の日記)

二度と歯周病にならないようにその時お世話になった歯周病専門医で定期的にジェット洗浄をし、歯磨きも指導をまもっています。

そのせいか当時ちょっとグラついていた歯もしっかりしてきました。このペースを崩さないようにしようと思います。