買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー

2010年04月30日

フェアトレード〜フェアトレードサイクリング他

ふぇあうぃんずさんのメルマガ『貧困のない世界を作る!〜フェアトレードの話 220号』が今日配信されました。
今回のテーマは、“フェアトレードサイクリング他”です。


●フェアトレードサイクリング
ゴールデンウィークにはさまざまなイベントが企画されますが、これもその1つです。

メルマガから引用させていただくと
フェアトレードサイクリング

これに参加登録して、東京都内のフェアトレードショップや、この催しに賛同するレストランなどを回って、ポイントを獲得すると、プレゼントが当たったり、提携先のお店で割引を受けられたりする催しです。』


●スターバックスのフェアトレード・コーヒー
スターバックスでは従来よりフェアトレードの“豆”は売っていましたが、店では飲めませんでした。
この4月から、毎月19、20、21日の3日間限定で、フェアトレードの認証のコーヒーが飲めるようになりました。

ふぇあうぃんずさんの事務所のスタッフが実際に飲んできてふぇあうぃんずさんの日記に書かれています。
スターバックスでフェアトレードのコーヒーを飲みました!

2010年04月29日

栄養失調

昨夜のNHKためしてガッテンは、まさかわたしが?急増する新型・栄養失調の恐怖でした。


戦後の食糧難時代を経験した者としては栄養失調という言葉は懐かしいですが、現在でも栄養失調という言葉が生きているとは驚きでした。


この番組によると栄養失調の状態を「低栄養」というようですが、たんぱく質の不足が原因とのことです。

戦中戦後の栄養失調は総栄養不足(食べ物そのものが足りない)であったのが、現在では栄養の偏りが問題となっていました。


我が家の食事は栄養バラスがとれていて問題を感じませんが、秋田県の旧南外村(大仙市)では14年前から実施していた「10品目シート」の活用方法は、すばらしいシステムだと思いました。

2010年04月27日

龍馬の絵

今日は、第二次事業仕分けについて書く予定でしたが、ラベルデザインをしていただいた寺門孝之さんのmixiに面白い話が載っていましたので優先しました。


てらぴかのえんがわの2010年04月26日のところに ▼龍馬の絵を描いたのは初めて▼ として載っています。
日記から転載させていただくと
『サエキけんぞうさんに誘われて急遽、坂本龍馬の絵を描くことになった。僕にとっての龍馬像は現行大河ドラマではなく、ATG映画黒木和雄監督作品『竜馬暗殺』の原田芳雄竜馬。子供の頃から何度も観て、いまだ突き刺さったまま。
龍馬を描くのは初めてで、描いてみると金色の瞳の龍馬が現れた。』


私の龍馬イラスト展 IN ハウステンボス

会期:2010年4月29日(木)〜8月31日(火)
会場:ハウステンボス スパーケンブルグ地区 佐世保・ハウステンボス龍馬伝館そば
時間:10:00〜18:00
入場無料


個性的な絵になっています。
今までの作風とは少し変わって映画「人間失格」の画家の自画像に相通じるものがあるように思います。

2010年04月26日

薄毛治療のガイドライン

日本皮膚科学会が、薄毛治療のガイドラインを発表しました。

薄毛には多くの方が悩んでおられます。
情報が氾濫していますので、しかるべき学会がガイドラインを出すべきだと思っていましたので大変結構なことだと思います。


アトピー関係でもステロイドを悪魔の薬のように騒いだ時代もありますが、治療のガイドラインが発表されて以来落ち着いてきました。
今ではアトピービジネスという言葉が使われることも減りました。


薄毛治療のガイドラインの紹介記事の例は次の通りです。

諸君(もろきみ)氏の解説記事
時事ドットコム
朝日新聞


あんだんてとしては特に育毛効果、養毛効果は謳っていませんが、実際に効果があった例は、あります。
この例もご本人が色々な脱毛育毛対策をやり過ぎて却って頭皮を傷めていたのを正しいケアをされることによって、もともと持っておられた育毛の力が快復し結果として育毛に結びついたと考えるのが妥当だと思います。

2010年04月22日

「ためしてガッテン」から

昨日のNHKためしてガッテンは、頑固な便秘が治った!腸スッキリ最新対策術でした。


便秘については医薬品や数多くのサプリメントが流通していますが、未だに悩んで方がおられます。
今回の放送は、「これではサプリメント業界を困らせてしまうのではないか!」思うほど画期的な内容であるように思いました。


今まで便秘対策として実施されていたことが、便秘のタイプによっては逆効果であることも分かりました。
便秘のタイプによって対処法も異なることが詳しく説明されていて納得しました。


詳しい内容は要旨をご覧いただくとして目からウロコでした。
今は、技術も進歩しているので自己流やサプリメントにとらわれず医師の治療を受けるのが一番のようです。

2010年04月21日

米のとぎ汁のヘアケア効果

私は日本化粧品技術会の会員なので「日本化粧品技術会誌」が送られてきます。

専門的な報文が多くて紹介できるようなものは殆どないのですが、2010 Vol.44 No.1には「米のとぎ汁(ゆする)のヘアケア効果」という興味深い記事がありました。
クラシエホームプロダクツ株式会社 ビューティケア研究所の方が書いておられます。


平安時代の宮廷女性は身の丈余る美しいロングヘアでした。
毎日の櫛通しには「ゆする」(米のとぎ汁)を使用していた記録があります。


今回の報文は、この「ゆする」のトリートメント効果を解析したものです。
試験の結果、「ゆする」には毛髪表面の摩擦低減効果と弾性の付与効果が認められました。
しかし、毛束表面に「粉ふき」現象がみられツヤが低下しました。


そこで「ゆする」構成成分を解析すると、「粉ふき」現象の原因物質がわかりましたので、それ以外の成分を対象として研究を進めた結果、

コメ胚芽油、加水分解コメタンパク:表面摩擦低減効果
コメ胚芽油、フィチン酸、イノシトール、加水分解コメタンパク:弾性付与効果
フィチン酸、イノシトール:ツヤ付与効果
が認められました。


米のとぎ汁由来成分のヘアケアへの新たな応用可能性を示すことができました。


実用化までにはまだ時間がかかるかも知れませんが、このような地道な研究がなされていることは特筆すべきことだと思ます。

2010年04月20日

会誌「あんだんて」から

NPOアレルギーネットワークさんの会誌「あんだんて」をいただきました。
くまさんこどもクリニック院長 大澤正彦先生のコラム「こどもアレルギーQ&A」楽しみにしています。


今回のテーマは、“IgE値が高ければ症状がなくても食べない方がいいですか?”


IgE値とアレルギー症状との関係は、よくQ&Aに出てくるテーマです。


今回の質問も近くの開業医のお医者さんの血液検査でIgE値が高く出た食べものがあったのですが、今まで食べていて特に問題はありませんでした。
遅延型のアレルギーというのがあるそうですが、最近息子さんのアトピーの症状が悪化したことと関係あるでしょうか?とのご質問でした。


先生のご回答の要旨は、次の通りで明快でした。
1 食べて異常がないなら除去する必要はありません。
2 遅延型のアレルギーにIgE値はあまり参考になりません。
3 確認するには負荷試験が必要ですが、あまりお勧めしません。
4 この場合は中3の生徒さんなので他の要因も考えられます。
5 それらも含めて検討しよくならないなら
  アレルギーに詳しい医師に診てもらったらよいでしょう。

なお、今月から国立病院機構 国立名古屋治療センター 医師 武田将典先生による「アレルギーの最新!薬物療法」というコラムが始まり大変興味があるのですが、薬物とその効用が中心で話題として紹介するのは難しいので断念しました。
患者とそのご家族にとっては貴重な情報になると期待しています。

2010年04月19日

中研OB会

昨日はサラリーマン時代の前半を過ごした総合化学メーカー中央研究所のOB会に参加しました。
ご高齢の方もおられるのに全会員の約40%が出席されたのは驚きでした。
会社自体は親会社に吸収合併され名前も残っていないのは残念ですが、それだけに思いが強いのかも知れません。


リストラを繰り返したので同期生は関連会社や他社に転職し本体に残ったのは全体の20%程度です。
それでも集まるのは、この会社で得たものが大きかったためでしょう。


私も約20年間にわたりプロジェクトエンジニアとして鍛えられたのが、現在のようにサラリーマン時代と全く異なる世界に入っても関係する諸分野の方々とチームを組んで推進することに役立っています。

2010年04月16日

フェアトレード〜2010.4.6 シェイ・カレン神父の講演会2

ふぇあうぃんずさんのメルマガ『貧困のない世界を作る!〜フェアトレードの話 218号』が昨日配信されました。

今回のテーマは、“2010.4.6 シェイ・カレン神父の講演会2”


カレン神父は、フィリピの児童売春や児童への性的虐待・搾取の問題に取り組んでいますが、問題となる日本人がいるとのことです。


一つは、ふぇあうぃんずがメルマガのイントロのところで問題にしているように「日本製のコンピューターゲームの中にはレイプを助長するような内容のものもあります。

また神父の話では、子供への性的虐待事件の日本人の加害者が増えているということでした。


講演の中で神父は、NHKの番組「クローズアップ現代」で放送された日本人によるフィリピンでの児童
(女児)への性的虐待事件のビデオを流し、日本人による虐待事件があることを語りました。


NHKの番組「クローズアップ現代」でも取り上げられた日本人は刑務所のなかでも監守にカネを払い、個室を与えられていました。驚くことに、部屋の中で彼は犬を飼っていました。


この日本人やオーストラリア人による虐待の例が講演で詳しく説明され、ふぇあうぃんず さんもメルマガ上に詳しく紹介されています。

2010年04月15日

カレー グランプリ

昨夜のNHKためしてガッテンは、春カレー大集合! 決定部門別全国1位レシピでした。

全国から寄せられたカレーのレシピは162種類で、そのなかでグランプリを取ったのは「大根っぱカレー」でした。


NHKの要旨から引用させていただくと
『キーマカレー風に仕上げたカレーソースに大根の葉のみじん切りを加えただけの超簡単で超おいしいカレーライスです。
ルー開発のプロの言葉を引用すると…「カレーの味を損なわずに、後から大根の葉の味がして2段階に楽しめる」とのこと!』


プロの料理人からも高い評価を受けてみごと1位になりました。


このなかで一寸面白い話がありました。
即席ルーを使ったレシピでは、数多くの隠し味に関する知恵が寄せられましたが、隠し味だけで特長を出すのは難しいとのこと。(その点、「大根っぱカレー」は、大根葉の食感と香りが活きています。)

数十種類のスパイスが入っているカレーソースでは新たなスパイスを入れても、その効果が消されてしまいます。(これをマスキングという作用です。)
このためつい入れ過ぎになり勝ちです。


マスキングという作用は、シャンプーでも利用されています。

汎用品のシャンプーは、製品毎にそれぞれ独特の香りがありますが、これは汎用シャンプーの主要洗浄成分の基材臭を新しく添加した香料でマスキングしている訳です。


その意味では、あんだんてのような全くの“無香料”にするにはそれなりの素材を必要とする難しさがあります。

2010年04月14日

青木塾から その2 自分のことは自分でやる

青木塾ではA4見開き4ページの「青木塾プレス」を発行しています。


前回の講演の要旨やコラムが載っていますが、なかでもウィンドゲイト緑さんのコラム「インサイド・アメリカ」を私は楽しみにしています。
アメリカの市民生活が話題になっており日米ではこのように違うのだという発見があります。


ラスベガスにお住まいですが、この辺りの土壌は悪くて「いわゆる土」というものは殆どなく全部が岩のように硬い。

メキシコ人は失業者が多いので「日雇い」で手伝ってもらったら助かるのですが、簡単に頼むべきではないようです。
もし作業中に怪我でもしたら責任重大で治療費や慰謝料のことも考えておく必要があります。


東海岸に住んでおられた時は家の前の雪かきが大変でした。
もしやらなくて郵便屋さんや宅配の人が怪我したら家の持ち主の責任なので雪かきそのものはせざるを得ません。


結局のところ「自分のことは自分でやる。」が一番です。
やれない時は、雇用者の保険にちゃんと入っている業者の頼むようにしなければなりません。


訴訟社会で過ごしていると、私どもでは想像がつかない配慮をしないと生活を円滑に行えないようです。



 

2010年04月13日

青木塾から その1

先週、青木塾の例会があり出席しました。
青木塾は、異業種交流も兼ねた勉強会(ビジネス塾)です。
毎回、各分野の専門家による講演があり参加する楽しみの一つです。

今回の講師は、ジャパン・レップ・ネットワークのCEO公平良三氏でした。

ジャパン・レップ・ネットワークの話は簡単にされ、参加者が何かをつかんで帰れるようにと「現状の打破・現状からの躍進」というタイトルでお話をされました。

レジュメとしては
常識の打破
考えを変えれば成果は出る
幾つになっても鍛えれば進歩する
生活のリセットの勧め


各項目とも「なるほど!」と感ずることばかりでしたが、「常識の打破」では面白い話を伺いました。

日本では「あの人は常識がない」と非難されることがありますが、アメリカでは「常識的ではない」という表現そのものはありますが、人の非難としては使われないという趣旨のことを話されました。
長年、日米間のビジネス交流に努められた方なので大変参考になりました。


この他、メディアの問題点の指摘など喉の痞えが取れる思いでした。