買い物カゴ
お肌の?(クエスチョン) お肌の悩みのアドバイス
あんだんてで行こう(ブログ)
あんだんてシャンプーについて
シャンプー開発目標
使用感の特長
使い方いろいろ
シャンプー開発コンセプト
あんだんての発想
配合成分の説明
配合成分の詳しい説明
あんだんての生い立ち
販売価格・送料・お支払い
あんだんて製品一覧
あんだんて髪を洗うシャンプー
あんだんてからだを洗うシャンプー
あんだんて髪を潤すトリートメント
アレルギー、アトピーへの取り組み
あんだんての歩み
アトピー性皮膚炎の理解
足して10で発病
アトピーの方のシャンプー選び
アトピー性皮膚炎の本
アトピーに関するインターネット上の情報
理・美容室への展開
あんだんて7つの魅力
理美容情報サイト一覧
理美容室オーナー様へ
シャンプーのお話
シャンプーの語源と小史
正しいシャンプーの仕方
シャンプーの選び方
洗剤・石けん・界面活性剤
界面活性剤の種類と特徴
アミノ酸系界面活性剤
低刺激性ランキング
スキンケアの注意点
敏感肌
こすり過ぎ・洗い過ぎ
薬のいかし方
化学屋のつぶやき〜グリーンケミストリー
使い過ぎ
アミノ酸と髪の修復
アミノ酸とタンパク質
傷んだ髪を修復するには
あんだんて掲示板
あんだんてシャンプーFAQ
携帯サイト
あんだんてリンク集
あんだんてシャンプー
あんだんてで行こう!≫ Andanteアンダンテ)は音楽用語で“歩く速さで”。開発も販売も、自分なりの理想を求めて一歩一歩確実に前進していきたいと思います。このページでは日常あったことを“あんだんて”につづります。

2016年09月28日

豊洲問題 その3 地上の安全性

豊洲問題については空洞を中心にいやというほど情報が溢れていますが、地上の安全性について言及したものは一つも見かけませんでした。

今日、「地下に盛り土されてなくて空洞であっても分厚いコンクリートで覆われているので問題ないと思った。」と言われている方を初めてテレビで見かけました。

築地市場と豊洲市場の地上の安全性((衛生面)を比較すると豊洲の方がはるかにすぐれています。
しかし、それは私のように技術者(環境技術の開発にも携わってきた。)の感覚です。

一般の方の中には「6メーター下であろうと汚染土壌の上に建物を建てるなんて論外」と考えておられる方もいるでしょう。そのバランスが問題です。

私もサラリーマン時代に超大手消費剤製造会社の排水処理設備プラントを受注・設計したことがあります。
排水基準を大きく上回っていることは当然として排水は無色透明が厳しく要求されました。ピカピカの水でなければなりません。排水ピットは薄いブルーでスイミングプールと見まごうばかりに仕上げました。(スタート用の飛び込み台がないだけの違いです。) このくらいのことをしないと消費者にはご満足いただけない訳です。

こういうことですから豊洲問題は大変難しい問題ではありますが、実質的な安全面ももう少し評価した方がよいように思います。
今のままでは、なんとなく不安という話が先行してしまいそうです。

2016年09月27日

イグ・ノーベル賞 10年連続受賞

世の中を笑わせ、考えさせた研究や業績に贈られる今年のイグ・ノーベル賞の発表が22日、米ハーバード大でありました。

日本人は過去9年間連蔵受賞していましたが、今年も「股のぞき効果」で「知覚賞」を受賞しました。素晴らしいことです。

前かがみになって股の間から後ろ方向にものを見ると、実際より小さく見える「股のぞき効果」を実験で示した東山篤規(あつき)・立命館大教授(65)と足立浩平・大阪大教授(57)に贈られました。

股のぞき効果で小さく見えることも一つの効果ではありますが、「股のぞき」により景色が一変するのも魅力です。ただ、これは定量的に示すことが難しいので「小さく見える効果」で実証したものと思われます。

詳しくは、こちらです。


2016年09月26日

大相撲 豪栄道関全勝優勝

大相撲9月場所で大関豪栄道関が全勝優勝しました。

場所が始まって数番終わったところで、今場所は調子がよいので「このまま行けばカド番は乗り切れるかな?」と思っていました。中日で勝ち越しても「よかったね!」程度でした。

それが「あれよあれよ!」という間に横綱日馬富士関にも勝って全勝優勝まで進んでいまいました。おめでとうございます。

カド番から全勝優勝したのは史上初とのことです。

普段成績の良くない力士が優勝するときは今回のように「あっという間に」というケースが結構多いように記憶しています。琴奨菊関もそうでした。一時的な爆発力があるということなのでしょうか?

その意味では稀勢の里関は「今度こそ!」と思わせながらなかなか実現しません。惜しいところです。

来場所は連勝での横綱昇進の話題になりますが、周りの騒ぎに巻き込まれずマイペースでやって欲しいものです。
久々にすがすがしい場所でした。

2016年09月23日

オートライト義務化

車のライトの夜間点灯が2020年4月から義務化されることが発表されました。

私の乗っている車は10年くらい前から自動点灯できるようになっていたので常用していました。トンネルに入った時など便利だと思っていましたが、確かに日没時に有効だと思います。

相当暗くなっても点灯していない車があって見にくくて困っていたのでこれで解消されます。

オートライトはヨーロッパでは既に義務付けられているようです。
ヨーロッパを旅行した時に高速道路では昼間でも点灯が義務付けられていました。

日本でも安全がうるさく言われているように思いますが、ヨーロッパの方がさらに進んでいるようです。



2016年09月21日

豊洲問題 その2 目的と手段

豊洲問題の本質がよく理解されていないように思います。

目的:汚染物質を含む土壌があっても地表の安全性を確保する。

手段:
その1:「盛り土」をする。
その2:地表を分厚いコンクリートで覆う。
    (建物部分の1階の床に相当します。)
いづれも目的を達しています。そうであればどちらを選んでもよい訳です。

しかし、マスメディアの扱いでは「盛り土」が目的化していて真の目的が置き去りになっています。もしくは「盛り土」以外では「地表の安全は守れない。」と思い込んでいるように見えます。

空洞部下部の地下水の汚染問題がありますが、地表の安全性には直接関係ありません。
しかし施設全体の安全性のイメージを悪くするので、今後は下部を耐水性コンクリートで固め、地下水が浸透しないようにした方がよいでしょう。

空洞を考えた方は、地表の安全を守るという大命題をクリアしているので後の活用を考えて空洞部を設けるというのは、いわば応用問題なので自由裁量で改めて公表しなくても良いと考えたのかも知れません。

しかし、豊洲問題は食の安全に関する問題なので広く情報を提供しておく心くばりは必要だったと思います。

2016年09月20日

豊洲問題

築地市場の移転に関し「盛り土」が問題になりその経過が詮索されていますが、どうも本質が置き去りにされているように感じます。

汚染された土壌の上に建設する訳ですから使用時に汚染物質が地上に出なくすることが大前提です。

そのために盛り土をしました。ですから建物以外のところは有効な訳です。(例、植木のあるところは土が露出するので盛り土が有効。)
しかし、建物のあるところは分厚いコンクリートで覆われているので汚染物質が地上に出る可能性はありません。

そうであれば建物の下は有効活用すればよいのです。将来の法改正まで見込んで浄化設備を設けられるスペースを確保しておいたのは賢明な方法です。よい案を採用したものです。 私もサラリーマン時代に一時環境技術の開発に携わったことがあるので共感を覚えます。

ただ、情報公開という面では猛省すべきことであり今後に活かして欲しいものです。

2016年09月19日

Rio 2016 パラリンピック 閉幕

12日間にわたる Rio 2016 パラリンピック が閉幕しました。
閉会式では8分間にわたる日本の紹介がありましたが、東京大会ではどのような開会式・閉会式になるのでしょうか?今から楽しみです。

最終日にはマラソンで日本選手が活躍しました。
オリンピックでは日本人選手は惨敗でしたが、パラリンピックでは男子(視覚障害)では、岡村正広選手が銅メダル、女子(視覚障害)では道下美里選手が銀メダルを獲得しました。

全体としてロンドン大会よりはメダルの数は増えているのですが残念ながら金メダルは取れませんでした。世界全体のレベルアップに対して日本は立ち遅れているのではないかと懸念されます。東京大会までには抜本的な対策を打って欲しいものです。

東京大会は、アスリートの大会であるだけでなく身体に障害のある方全体の生活のQOL(生活の質)の向上に寄与するものであって欲しいと思います。まず、そのことを全国的に展開することによって国民全体の意識が上がり、その中から競技に興味がある方が増えることが期待されます。

2016年09月16日

Rio 2016 パラリンピック 陸上・テニス・競泳

Rio 2016 パラリンピック 陸上男子1500メートル(車いすT52)では佐藤友祈選手の銀メダルが確定しました。一時失格扱いだったのですが、他の日本人選手との見間違えたとのことです。

テニス男子ダブルスの日本の選手同士の3位決定戦は国枝・斎田組が真田・三木組に勝って銅メダルを得ました。国枝選手現状を考えてロブを多用しての勝利でした。試合後、国枝選手は号泣していたとのことですが、苦しい選択だったのでしょう。今回は調子が上がらないままの試合でしたが、日本のテニスを引っ張ってこられた方なのでメダルを取れてよかったと思います。

競泳では木村敬一選手が100メートル自由形(視覚障害)で4個目のメダルを取りました。本当にご苦労様でした。

ここ数日、日本人選手の活躍が目立ちますが、残念ながらまだ金メダルはありません。その点では既に金メダル38個を取っているウクライナは大したものです。
国の規模を考えれば奇跡的な数字だと思います。アスリートの扱いだけでなく身体障害のある方へのアプローチの仕方など基本的なことで学ぶことが多いのではないかと想像されます。ぜひ知りたいものです。

2016年09月15日

Rio 2016 パラリンピック 自転車・陸上・テニス

Rio 2016 パラリンピック j自転車競技では、男子個人ロードタイムトライアル(運動機能障害)では藤田征樹選手が銀メダルを獲得しました。
同じく女子タンデム個人ロードトライアル(視覚障害)では鹿沼田理恵選手が銀メダルを獲得しました。

陸上女子400メートルでは辻沙絵選手が銅メダルを獲得しました。日本体育大学4年生で元はハンドボールの選手だったのですが、転向後1.5年での快挙です。陸上競技での日本の女子のメダルは初めてです。

テニスの女子シングルスでは上地結衣選手が銅メダルを獲得しました。金メダルの有力候補だったのですが、準決勝で敗れてしまいました。まだ、22歳なので東京パラリンピックに期待しましょう。

同じく金メダルが期待された男子100メートルバタフライ(視覚障害)では木村敬一選手は銀メダルでした。隣のレーンの選手と腕が接触したために斜行してタイムをロスしてしまいました。まだ2種目残っているので今後のさらなる活躍を願っています。

2016年09月14日

Rio 2016 パラリンピック 競泳

Rio 2016 パラリンピックの競泳が行われ男子50メートル自由形では山田拓朗選手が銅メダルを獲得しました。4大会(12年)目にして初めてのメダルでした。
2位ての差は、0.01 1位との差は0.06秒でしたので残念です。

男子100メートル平泳ぎでは木村敬一選手が,50メーター平泳ぎの銀メダルに続いて銅メダルを獲得しました。
100メートルバタフライでは世界1位なので次のバラフライに期待しましょう。

なお、テニス男子シングルスで3連覇が期待された国枝慎吾選手は準々決勝で敗れてしまいました。今年4月に右肘を手術した中での試合なのでやむを得ないところでしょう。

2016年09月13日

Rio 2016 パラリンピック ボッチャで銀メダル

日本チームはボッチャで銀メダルを獲得しました。

ボッチャは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツです。

私も重度脳性麻痺の方と接したことがありますが、麻痺があるのでしゃべることは不得手ですが、極めて頭脳明晰でした。

ボッチャのように投げる技術と戦略が重要なゲームでは知恵比べが魅力でもあるように思います。
それだけに脳性麻痺の方に限らず高齢の方なども楽しまれているようです。

2016年09月12日

大相撲 9月場所

昨日から大相撲 9月場所がスタートしました。
稀勢の里関の横綱昇進が最大の話題ですし横綱白鵬関が休場とあっては期待がさらに高まっていました。

しかし、蓋を開けてみると期待の稀勢の里関が初日に敗れる大波乱が起こってしまいました。隠岐の海関に両差しになられたまま強引に寄って逆転を許したものです。
横綱総見で稀勢の里関が2勝10敗だったので不安があったのですが、それが現実のものとなりました。

なお、今日の栃煌山関との一戦は完璧でした。